女の香り (1974年の映画)

女の香り』(おんなのかおり、イタリア語: Profumo di donna)は、1974年製作・公開、ディーノ・リージ監督によるイタリアの映画である[1][2]イタリア式コメディの1作。

女の香り
Profumo di donna
監督 ディーノ・リージ
脚本 ルッジェーロ・マッカリ
ディーノ・リージ
原作 ジョヴァンニ・アルピーノ
製作 ピオ・アンドレッティ
アドリアーノ・デ・ミケーリ
出演者 ヴィットリオ・ガスマン
アレッサンドロ・モモ
音楽 アルマンド・トロヴァヨーリ
撮影 クラウディオ・チリッロ
編集 アルベルト・ガッリッティ
製作会社 イタリアの旗 ディーン・フィルム
配給 フランスの旗 CIC
西ドイツの旗 コンスタンティン・フィルム
アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
公開 イタリアの旗 1974年12月20日
フランスの旗 1975年9月24日
西ドイツの旗 1975年10月31日
アメリカ合衆国の旗 1976年1月25日
上映時間 103分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
テンプレートを表示

略歴・概要編集

本作は、1974年、ジョヴァンニ・アルピーノの小説 Il buio e il miele (「闇と蜂蜜」の意)を原作にルッジェーロ・マッカリとディノ・リージが脚色、ピオ・アンドレッティアドリアーノ・デ・ミケーリによるイタリアの製作会社ディーン・フィルムが製作、リグーリア州ジェノヴァカンパーニア州ナポリピエモンテ州トリノラツィオ州ローマロケーション撮影を行なって完成した[1]。同年12月20日、イタリア国内で、翌1975年5月9日に開催された第28回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で上映され、ヴィットリオ・ガスマン男優賞を受賞した[1]。同年9月24日、CICの配給によりフランス国内で公開された[1]。同年、イタリアでは、ダヴィド・ディ・ドナテッロ賞監督賞をディーノ・リージが、同俳優賞をヴィットリオ・ガスマンが獲得、同年のナストロ・ダルジェント賞でもガスマンが主演男優賞を獲得した[1]

1976年1月25日からは20世紀フォックスの配給によりアメリカ合衆国国内でそれぞれ公開された[1]。同年のセザール賞では、外国映画賞をディーノ・リージが獲得、同じく同年3月29日に発表された第48回アカデミー賞では、本作が外国語映画賞に、ルッジェーロ・マッカリとディノ・リージが脚色賞にそれぞれノミネートされた[1]

1992年には、本作がマーティン・ブレスト監督によってハリウッドでリメイクされ、『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』として公開され、ヴィットリオ・ガスマンの役どころを演じたアル・パチーノが、第65回アカデミー賞主演男優賞を獲得した[1]

日本では、リメイク作は公開されたが、本作に関しては劇場公開されておらず、2010年9月現在、DVD等のビデオグラムも発売されていない。

あらすじ編集

スタッフ編集

キャスト編集

クレジット順
アルファベット順
クレジット外

関連事項編集

編集

  1. ^ a b c d e f g h Scent of a Woman, Internet Movie Database (英語), 2010年9月9日閲覧。
  2. ^ Profumo di Donna, allmovie (英語), 2010年9月9日閲覧。
  3. ^ Alberto Gallitti - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年9月9日閲覧。

外部リンク編集