女子ーズ』(ジョシーズ)は、2014年6月7日に公開された日本映画

女子ーズ
監督 福田雄一
脚本 福田雄一
製作 重村博文
出演者 桐谷美玲
藤井美菜
高畑充希
有村架純
山本美月
佐藤二朗
音楽 瀬川英史
主題歌 E-girlsA S A P
撮影 吉沢和昆
編集 栗谷川純
製作会社 キングレコード
配給 キングレコード
公開 日本の旗 2014年6月7日
上映時間 97分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

概要編集

『選ばれし5人の女たちが揃ったとき、最強の戦隊が誕生する! が、なかなか揃わない。なぜなら女子とは、そういうものだからである・・・』

世界征服を企む怪人たちと戦う戦隊「女子ーズ」のメンバーにさせられた5人の女子を描いた特撮コメディー映画。監督の福田雄一が妻の協調性のなさを見て、「こんな女が戦隊を組んだら面白そうだ」と感じたことが製作のきっかけとなっている[1]。戦隊ヒーローものの予定調和を崩したネタが盛りだくさんのコメディ作品となっている。

コスチュームデザインには、漫画家の島本和彦が起用された。また、映画公開を記念した読み切り漫画が島本によって描かれ、『月刊ヒーローズ』2014年7月号に掲載された[2][3]。漫画版ではチャールズがヒーローカンパニーの社員という設定になっており、島本の『ヒーローカンパニー』とのハイパーリンクが行われている他、オリジナルの怪人・クモ伯爵(クモとジャガイモの能力を持った怪人)が登場する。

桐谷美玲有村架純高畑充希がキャスティングされ、それぞれ人気女優として地位を確立したことで続編については未定。なおその後、桐谷がワイモバイル、有村がau三太郎シリーズのかぐや姫役)、高畑がNTTドコモスマートフォンのライバル各社のCMに起用されたことは皮肉としか言い様がない。

あらすじ編集

正義の戦隊をまとめる男チャールズによって、「名字に色が入っている」という理由だけで突然集められた5人の女子・赤木直子、青田美佳、黄川田ゆり、緑山かのこ、紺野すみれは、世界征服を企む怪人たちから地球を守る戦隊・女子ーズのメンバーにさせられてしまう。やる気のない彼女たちは断ろうとするが、何事にも全力で取り組む真面目な赤木直子の説得により、ようやく女子ーズが結成された。

女子ーズは、5人揃った際に出せる必殺技「女子トルネード」によって次々に怪人たちを撃破していくが、恋愛・仕事・美容・野暮用と多忙な彼女たちは徐々に全員が揃うことが少なくなっていき、司令官のチャールズに怒られてしまう。そんなある日、赤木は長年の夢だった美術館建設のプレゼンの機会を得た。しかし、張り切ってプレゼンに挑もうとする赤木の元にチャールズからの指令が届き、悩んだ末に赤木は怪人退治を他の4人に任せプレゼンを優先してしまう。その結果、美術館建設の仕事を得た赤木だったが、仕事を優先したことで他の4人と喧嘩してしまい、嫌気の差した彼女は女子ーズの役目を放り投げ仕事に専念するようになってしまう。

しかし、1人で突っ走る赤木は仕事も恋愛も上手く行かなくなってしまう。チャールズからの指令を久々に受信した赤木は基地に呼び出され、自分がいない間も他の4人が怪人たちと戦っていたことを聞かされ、再び女子ーズの役目に目覚めた。赤木は怪人退治に向かうが、その日現れた怪人・メタルゴードンはそれまでの怪人とは桁違いに強く、しかも赤木の不在に不満を募らせていた4人が戦いに来なかった。赤木は4人を探すため街に向かい、ひとりひとり置かれた状況を解決し、再び5人で集まることができた。 長時間待たせたメタルゴードンを女子トルネードで倒すと、赤木は4人に謝罪し、他のメンバーも理解を示し5人は和解した。しかしメタルゴードンは巨大化し暴れだし、途方に暮れる5人にチャールズは「女子ーズロボ」を出撃させるのであった。

赤木の手がけた美術館建設は順調に進み恋愛関係もうまくいっている。そんな時、お正月怪人モチザザザが現れたので、いつも造成地に向かうが、来たのは赤木のみ、やっぱり5人揃わない・・・・

登場人物編集

赤木 直子(あかぎ なおこ)/女子・レッド
豊島建設営業課に勤めるOL。美術館建設を夢見て働いている。真面目な性格のため、女子ーズではリーダーを担当している。
青田 美佳(あおた みか)/女子・ブルー
アパレルショップでアルバイトをしているギャル。怪人退治よりも美容を優先する気まぐれな性格をしている。レッドの不在時にはリーダー的な役回りをする。
黄川田 ゆり(きかわだ ゆり)/女子・イエロー
アルバイトを掛け持ちしているフリーター。女子ーズでは専らツッコミ役で、時折怪人にもツッコミを入れる。尚、女子ーズで唯一、変身するシーンがある。
緑山 かのこ(みどりやま かのこ)/女子・グリーン
アングラ劇団「カオスの彼方」の劇団員。本人は演技派のつもりでいるが、実際は大根役者のため良い役を貰えていない。
紺野 すみれ(こんの すみれ)/女子・ネイビー
紺野財閥の令嬢。多くの男性から言い寄られる美人だが、男性の好みは他の4人から引かれる程悪い。女子ーズで一番背が高い。
チャールズ
女子ーズをまとめる司令官。5人の言動に振り回されることが多いが、自身も適当な言動が多いため、あまり信頼されていない。
怪人
ワカメヌルン(ワカメ怪人)
エリンギモルグ(エリンギ怪人)
ジュンサイドルド(ジュンサイ怪人)
カメムシゲルゲ(カメムシ怪人)
キツツキツツキー(キツツキ怪人)
スネークネルネ(スネーク怪人)
メタルゴードン(金属怪人)
モチザザザ(お正月怪人)

キャスト編集

スタッフ編集

  • 製作 - 重村博文
  • プロデューサー - 森山敦、山下義久、松橋真三
  • 監督・脚本 - 福田雄一
  • コスチュームデザイン - 島本和彦
  • 撮影 - 吉沢和晃、工藤哲也
  • 美術 - 尾関龍生
  • 照明 − 小西章永
  • 録音 - 高島良太
  • 編集 - 栗谷川純
  • 特殊メイク・造型進行 - 飯田文江

主題歌編集

主題歌「A S A P
作詞:Yu Shimoji / 作曲:Kanata Okajima・Albi Albertsson・Ricky Hanley / 歌:E-girls
オープニングテーマ「女子ーズのテーマ」
作詞:福田雄一 / 作曲:瀬川英史 / 歌:浪川大輔

関連商品編集

  • 映画「女子ーズ」オフィシャル・ビジュアルブック(2014年5月21日発売/ KADOKAWA エンターブレイン)
  • 小説版「女子ーズ」(宝島社文庫)(2014年5月22日発売/宝島社)
  • 小説版「女子ーズ」(小学館ジュニア文庫)(2014年5月28日発売/小学館)
  • 「女子ーズ」Blu-ray 本気版 初回生産限定版(2014年11月19日発売/キングレコード)
  • 「女子ーズ」DVD 本気版 初回生産限定版(2014年11月19日発売/キングレコード)
  • 「女子ーズ」Blu-ray 片手間版(2014年11月19日発売/キングレコード)
  • 「女子ーズ」DVD 片手間版(2014年11月19日発売/キングレコード)

脚注編集

  1. ^ 桐谷美玲、戦隊ヒーローに初挑戦!福田雄一監督「女子ーズ」に主演”. 映画.com (2013年12月19日). 2014年6月7日閲覧。
  2. ^ 桐谷美玲主演の戦隊ヒロイン「女子ーズ」に旬の若手女優が勢ぞろい!!”. 映画.com (2014年1月29日). 2014年6月7日閲覧。
  3. ^ 「女子ーズ」公開記念、島本和彦描く読切がヒーローズに”. コミックナタリー (2014年5月31日). 2014年6月7日閲覧。

外部リンク編集