メインメニューを開く

女子体育の母(じょしたいいくのはは)と呼ばれる日本の人物は、以下の2人存在する。2人とも東京女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学)の教授を務め、留学経験をもとに女子に体育を指導した。