女子野球(じょしやきゅう)は、女性によって行われる野球のこと。狭義では女子チーム同士で行う野球のこと。男子チーム内の女子選手の活動とは区別されることがある。

概要編集

元来、野球は男性の競技であり、女性は野球をアレンジしたソフトボールで充分と見なされてきたが、実際には女性による野球も盛んに行われてきた。

1866年ニューヨーク州ヴァッサー・カレッジにおいて、世界初の女子野球チームが誕生したが、危険だと父兄が抗議したため解散となった。1875年には、アメリカで女性のプロチーム「ブロンズ Blondes」と「ブルネッツ Brunettes」が誕生。入場料を取っての試合を開催する。しかしプレーの質が高くなかったことから4試合で解散した。その後、1890年代に全米で女子野球ブームが起こり、第二次世界大戦下の1943年には全米女子プロ野球リーグ(AAGPBL)が発足し、1954年まで運営された。なお、これらの選手は、その服装から「ブルーマーガールズ」と呼ばれた[要出典]

1992年に全米女子野球連盟(AWBF)が創設され、米国のおける女子野球の統括に当たっている。1994年には40年ぶりに女子プロ野球チームコロラド・シルバービュレッツが結成され、1998年にはプロリーグ(Ladies League Baseball)も復活した。しかしそれも長く続かなかった。現在北米ではアマチュアリーグのみが存在しており、女子プロ選手は独立リーグで男子に混じって数名程プレーしている[要出典]

2007年には韓国でアマチュア女子野球リーグ(Women's Baseball Association Korea)が発足した[要出典]

主要な国際大会として、女子野球世界大会国際女子野球協会主催、2004年廃止)、IBAF女子ワールドカップ国際野球連盟(IBAF)主催、IBAFとWBSCの統合に伴い、2014年以降は世界野球ソフトボール連盟(WBSC)主催)、BFA女子野球アジアカップ[1](2年に1度開催)が挙げられる。

日本の女子野球編集

歴史編集

日本では、1910年に結成された佐伯尋常小学校女子部の野球チームが、最初の女子野球チームである(当時の雑誌『運動世界』に記事が掲載されている)。その後も女子のアマチュアチームはいくつか存在しており、1924年には福岡県立直方高等女学校(現・福岡県立直方高等学校)野球部と熊本県立第一高等女学校(現・熊本県立第一高等学校)野球部とが日本初の女子野球試合を予定していたが、前者が県当局の命令で解散させられ実現しなかったという記事が『福岡日日新聞』に掲載されている[要出典]

1947年(昭和22年)8月29日、横浜での貿易再開を記念する横浜文化祭のイベントとして、横浜ゲーリック球場(現在の横浜スタジアム)にて開催された「横浜女子野球大会」(横浜市・神奈川新聞社・横浜文化連盟の共催)が女子野球の始まりである[2]。フォアボール、エラー、盗塁が1試合に20以上にものぼる試合であったが、大きな話題を生んだ[2]1948年、荒木八郎と小泉吾郎によって、銀座のダンスホール「メリーゴールド」に横浜女子商業高校のソフトボール選手を合流させた「東京ブルーバード」が結成された[2]。このチームが日本初の女子プロ野球チームであったが、選手はいわば野球のできるコンパニオンに過ぎなかった[2]

1950年(昭和25年)「ロマンス・ブルーバード」「レッドソックス」「ホーマー女子球団」「パールス」が誕生したことをきっかけに、プロリーグの日本女子野球連盟が発足、関西でも「大阪ダイヤモンド」「スターズ」「シスターズ」「神戸タイガース」「神戸ダークホース」「京都マルエイイーグルス」「京都ヴィナス」「京都八つ橋井筒」「滋賀レーククイン」が誕生した[2]。しかし、女子野球のショー的側面を重視する派閥(全日本女子野球連盟)と健全なスポーツを目指す派閥(日本女子野球連盟)に分裂した後、再び日本女子野球連盟に収斂するが、観客動員だけでの経営が不可能と判断され、1952年(昭和27年)ノンプロ=社会人野球へ移行する[2]。その後、高度経済成長を経て男子のプロ野球人気が劇的に高まる一方で、女子野球の人気は低迷し続け、1971年(昭和46年)「サロンパス」の活動停止とともに消滅した[2]

八木久仁子は昭和期の女子野球の消滅理由として、経営母体の脆弱さ、ショービジネスとしての魅力不足、野球の実力そのものの低さ、テレビとの親和性の低さ、結婚と選手の引退、実業団「女子ソフトボール」の隆盛を挙げている[2]

平成以降編集

1980年代に入り、1986年に全国大学女子軟式野球連盟が、1987年に全国女子軟式野球連盟がそれぞれ発足。1987年には第1回全日本大学女子野球選手権大会が開かれ、1990年には第1回全日本女子軟式野球選手権大会が開催された。女子硬式野球は1997年全国高等学校女子硬式野球連盟が発足され、第1回全国高等学校女子硬式野球選手権大会が開催される。

2002年、日本の女子野球を普及・発展させることを目的とする団体として、新たな日本女子野球協会が発足している。同年秋、埼玉栄高校女子硬式野球部を中心に関東女子硬式野球連盟が発足、4チームによるリーグ戦がスタートした。春、秋の年2回リーグ戦が行なわれ、これを契機にクラブ、大学チームが次々と創部、現在11団体17チームが加盟している。読売ジャイアンツの後援、企業による協賛を受け規模は年々拡大している。2007年には連盟の選抜チームがアメリカ遠征を行いアメリカ・カナダの代表チームと対戦している。2009年からはユースリーグ(13歳から16歳)が創設され、7チームによるリーグ戦が行なわれた。これらは通称ヴィーナスリーグと呼ばれている。

2005年には日本女子野球協会主催で第1回全日本女子硬式野球選手権大会が開催された。

2009年に日本女子プロ野球機構が発足し、翌年から関西を拠点として女子プロ野球が復活した。2011年、プロを含む社会人と大学、高校生が一体となった総合選手権「女子野球ジャパンカップ」が行われ、2013年以降は、女子学童を対象とした「NPBガールズトーナメント」が男子プロ野球を管轄する日本野球機構(NPB)と全日本軟式野球連盟の共催で開催されている。

2018年開催の全日本中学野球選手権大会 ジャイアンツカップでは、優勝投手が女子の選手であることが話題を呼んだ[3][4]

女子プロ野球編集

2009年に日本女子プロ野球機構が発足し、2010年より関西を拠点として女子プロ野球が日本で復活することになった。しかし、2010年から毎年赤字収支が続いており、日本女子プロ野球機構は、観客増など黒字化の見通しが立たなければ、2019年限りで運営から撤退することも視野に入れるとしている[5]。2018年度実績は、1球団当たり年間2億以上の経費に対して、売り上げ5000万円前後に留まった[6]。同年11月1日、日本女子プロ野球リーグは、所属選手71人の半数にあたる36人の退団を発表した[7]

詳細は日本女子プロ野球機構を参照のこと。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ BFA女子野球アジアカップの新設が決定 女子野球ワールドカップの予選に
  2. ^ a b c d e f g h 八木久仁子「昭和の女子野球 : その興亡の要因」『人間健康研究科論集』第1巻、関西大学大学院人間健康研究科院生協議会、2018年3月、 29-49頁。
  3. ^ 大会史上初の女子胴上げ投手 大淀ボーイズがジャイアンツカップ優勝”. スポーツ報知 (2018年8月17日). 2019年4月22日閲覧。
  4. ^ 最速123キロ女子中学生・島野愛友利 夢は「もう1度、男子と戦いたい」”. Full-Count (2019年2月6日). 2019年4月22日閲覧。
  5. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年4月10日). “赤字脱出へあの手この手、背水の女子プロ野球、10年目の挑戦” (日本語). 産経ニュース. 2020年5月12日閲覧。
  6. ^ 女子プロ野球存続へ、必要なのは「わかさファースト」から脱却する覚悟” (日本語). スポーツ報知 (2019年8月27日). 2020年5月12日閲覧。
  7. ^ 「週刊文春」編集部. “女子プロ野球大量退団 選手たちを悩ませた“首領さま”と“女子高生制服撮影会””. 文春オンライン. 2020年5月12日閲覧。

参考文献編集

  • 横田順彌『明治おもしろ博覧会』、西日本新聞社、1998年、94-97頁