女形女方(おやま・おんながた)とは、歌舞伎において若い女性の役を演じる役者、職掌、またその演技の様式そのものを指す[1]

概要編集

本来の語義からいえば、女形を演じる役者は男性にかぎられるものではないが、現在では「男が女を演じる」という認識に立って理解されることが多い。歌舞伎より転じて大衆演劇などにおいて男性俳優が女性の役を演じることをも称するようになった。

ガタは「方」つまり、能におけるシテ方、ワキ方などと同様、職掌、職責、職分の意を持つものであるから、原義からすれば「女方」との表記がふさわしい。歌舞伎では通常「おんながた」と読み、立女形(たておやま)、若女形(わかおやま)のような特殊な連語の場合にのみ「おやま」とする。「おやま」は一説には女郎花魁の古名であるともされ、歌舞伎女形の最高の役は花魁であることから、これが転用されたとも考えられる。

通説によれば、歌舞伎の創始者とされているのは女性である。しかし、これが遊女屋に取り入れられて『遊女歌舞伎』となった。元服前の少年たちによる『若衆歌舞伎』も盛んになったが、各地で歌舞伎劇と売春を兼ねる集団となり、同じ役者を好きになった客同士の刃傷沙汰が絶えなかった。このため、1629年(寛永6年)に『遊女歌舞伎』が、1652年(承応元年)に『若衆歌舞伎』が、風紀・風俗を乱すという理由で幕府に禁止された[2]。その翌年、「中心になる役者が前髪を剃って野郎頭になること」「容色本位の踊りではなく『物真似狂言づくし』を演ずること」を条件として興行の再開が許され、現在に至る『野郎歌舞伎』となっている[3]

そのため女性を演じる男性俳優が歌舞伎の世界に登場したとされ、江戸では糸縷権三郎、大坂では村山左近がその祖であったと伝えられている。江戸時代の女方は芸道修業のため、常に女装の姿で女性のような日常生活を送るものとされていた[4]

なお、中国京劇においても女形(男旦)が存在するが、現在ではその役を主に女優が行っている。

スーツアクターにおいては、着ぐるみを着用しての演技を行なうという性質上顔が見えず、体型もある程度ごまかしが利くという点では異性の役を演じやすくなっている。このため男性でありながら女役を得意とする者も存在し、女形スーツアクターと呼ばれる。当然ながら顔が見えない分、動作によって女性らしさを充分に表現できなければならず、しかも重さ、関節、視界等の制約が厳しい着ぐるみの中で行なわなければいけないため技量や体力といった面では非常に厳しいものとなる。

歌舞伎の女形編集

歌舞伎における女形は、次のような種類の役を専門的に演じる役者を指す。

  • 娘・姫・女房など、中年以前の女性の役を演じる。
  • 幼女は子役の職掌であるから、女形は演じない。
  • 老女・尼などは、江戸時代には花車方(かしゃがた)の役者が専門的に演じたものであり、現在でも老女形(ふけおやま)などとして、通常の女形とは区別される。
  • 女の敵役(『伽羅先代萩』の八汐、『加賀見山再岩藤』の岩藤など)は、女形ではなく、敵役の役者の職掌である。現在では「敵役」という区分は消滅し、立役のうちに吸収されているが、江戸時代以来の伝統を重んじてこういった役は立役が演じる。美貌を売り物にする女形役者がこうした役をつとめると、ふてぶてしい極悪人であることを観客に納得させることが容易ではなく、舞台演出が困難になってしまうことが配慮されていることもそのひとつの理由である。
  • 端役のなかにまれ見られる女の道化役(『仮名手本忠臣蔵』の下女りん、『妹背山婦女庭訓』の豆腐買など)は、女形ではなく、道外方(およびそれを吸収した現在の立役)の職掌である。

女形が演じるのは「三姫」(八重垣姫、雪姫、時姫)に代表される姫君や花魁や若い娘や人妻、奥女中などである。ただし『三人吉三』のお嬢吉三や『青砥稿花紅彩画』(白浪五人男)の弁天小僧のような女装の美少年を演じるのも女形である。

女形が芯を張る主役の歌舞伎・狂言は少なく、その場合は立女形が必ず演じる。先代萩の政岡、妹背山のお三輪、十種香の八重垣姫など。

歌舞伎の女形の衣裳は華やかなものであるほど重量があり、花魁(助六の揚巻)では20kg超[5][6]、かつらや下駄をつけると40kgに及ぶという[7][8]。演目や役により、身に着けてじっとしていなくてはならない場合、長時間に渡って踊り続ける場合、和楽器演奏をしなくてはならない場合もある[9]。観客から見て美しいかたちに見えるのは役者が苦しい体勢であるという[10]。着用して動く、発声すること自体も難しく[9]、このため女形は大変な技術と体力を要求される[11]

関連項目編集

作品

脚注編集

  1. ^ Three Actors”. World Digital Library. 2013年5月4日閲覧。
  2. ^ ますます冴え渡る“顔芸”…「半沢直樹」に見る、歌舞伎400年のエログロナンセンス” (日本語). [亀山早苗の恋愛コラム] All About(2020年8月7日). 2021年1月4日閲覧。
  3. ^ Inc, NetAdvance Inc NetAdvance. “野郎歌舞伎|歌舞伎事典・国史大辞典”. JapanKnowledge. 2021年1月4日閲覧。
  4. ^ 戸部銀作「女方」『国史大辞典』第2巻、吉川弘文館、1980年、P984
  5. ^ 《歌舞伎》女形のキャリアパスを聞いたら、神様の話になった。(前編) - YouTube”. www.youtube.com. 2020年11月7日閲覧。
  6. ^ かぶきにゃんたろう 第4回「歌舞伎の衣裳」”. 株式会社サンリオ. 2020年11月7日閲覧。
  7. ^ 蔦える!歌舞伎入門 其の六【歌舞伎の衣裳】 - YouTube”. www.youtube.com. 2020年11月7日閲覧。
  8. ^ 坂東玉三郎 初春公演で華やかに30分口上「舞踊の中だけは現実をお忘れ頂きまして」”. スポニチAnnex(2021年1月2日). 2021年1月4日閲覧。
  9. ^ a b 梅枝&児太郎が12月歌舞伎座で大活躍!【まんぼう部長の歌舞伎沼への誘い♯11】” (日本語). @BAILA(2019年12月13日). 2021年1月23日閲覧。
  10. ^ File83 歌舞伎入門 役者編|美の壺”. www.nhk.or.jp. 2020年11月7日閲覧。
  11. ^ 鷺娘/日高川入相花王” (日本語). 作品一覧 | シネマ歌舞伎 | 松竹. 2020年11月7日閲覧。