女性に対して創設されたイギリス爵位一覧

ウィキメディアの一覧記事

女性に対して創設された英国爵位一覧(じょせいにたいしてそうせつされたえいこくしゃくいいちらん)は、その女性の権利として授けられたイングランド貴族爵位、スコットランド貴族爵位、アイルランド貴族爵位、グレートブリテン貴族爵位及び連合王国貴族爵位を君主ごとに列挙したものである。

本記事に挙げる叙爵例は現存、廃絶、停止もしくは休止の是非は問わないが、爵位に対する継承条件や紋章といった事項は各個別記事に譲るものとする。

なお、本記事は親族より爵位を継承した有爵女性は除くほか、1958年一代貴族法成立以降に急増した女性有爵者は含まない。

概説編集

古来より女性が爵位を帯びることは珍しくなく、女系継承を許す爵位の規定に従って親より相続する例がみられる。ただし女性自身が爵位を得ることは大変珍しく、16世紀以前に遡ればわずかに3例を数えるのみである。また、仮にその女性の権利として爵位を封じられたとしても、1958年一代貴族法成立以前は貴族院に議席を得ることはできなかった[註釈 1]

こうした女性の権利たる爵位が創設される理由は、以下のものが挙げられる。

以下は、年代順に君主ごとの女性に対する爵位創設をまとめた一覧である。また、一覧中の「S」はスコットランド貴族爵位、「I」はアイルランド貴族爵位、「GB」はグレートブリテン貴族爵位、「uk」は連合王国貴族爵位をそれぞれ指すものとする。

リチャード2世編集

肖像等 爵位名 叙爵年 対象者 現況 備考 出典
  ノーフォーク女公爵

(イングランド貴族爵位)

1397年 第2代ノーフォーク伯爵マーガレット英語版 1399年廃絶。 トマス・オブ・ブラザートンの娘。 [1]

ヘンリー8世編集

肖像等 爵位名[註釈 2] 叙爵年 対象者 現況 備考 出典
  ソールズベリー女伯爵 1513年 マーガレット・ポール 1539年の私権剥奪によって爵位褫奪。 プランタジネット家男系子孫最後の末裔。 [2]
  ペンブルック侯爵英語版 1532年 アン・ブーリン 1536年の大逆罪によって爵位剥奪。 ヘンリー8世の2番目の王妃。 [3]

ジェームズ1世編集

肖像等 爵位名[註釈 3] 叙爵年 対象者 現況 備考 出典
  バッキンガム女伯爵英語版 1618年 メアリー・ヴィリアーズ英語版 1632年廃絶 一代貴族爵位。 [4]
  オファリー女男爵英語版 1620年 レティス・ディグビー英語版 現存。

リンスター公爵の従属爵位。

[5]
  メイドストーン女子爵 1623年 エリザベス・フィンチ英語版 現存。

ウィンチルシー伯爵の従属爵位。

[6]

チャールズ1世編集

肖像等 爵位名[註釈 4] 叙爵年 対象者 現況 備考 出典
  クレイモンド女卿英語版 1628年 エリザベス・リチャードソン英語版 1735年廃絶。 [7][8]
  ウィンチルシー女伯爵 1628年 エリザベス・フィンチ英語版 現存。 [9]
スタッフォード女男爵 1640年 メアリー・スタッフォード 1693年廃絶扱い[註釈 5] 初代スタッフォード子爵ウィリアム・ハワードの妻。 [10]
リヴァーズ女伯爵英語版

サヴェージ子爵

1626年 エリザベス・サヴェージ英語版 1650年廃絶。 一代貴族爵位。
ダドリー女公爵英語版 1644年 アリス・ダドリー英語版 1668年廃絶。 冒険家ロバート・ダドリーの妻。一代貴族爵位。

チャールズ2世編集

肖像等 爵位名[註釈 6] 叙爵年 対象者 現況 備考 出典
  チェスターフィールド女伯爵 1660年 キャサリン・スタノップ英語版 1667年廃絶 一代貴族爵位。
ギルフォード女伯爵 1660年 エリザベス・ボイル英語版 1667年廃絶 一代貴族爵位。
  バクルー女公爵(S) 1663年 アン・スコット 現存 初代モンマス公の妻。
  ルーカス女男爵 1663年 メアリー・グレイ 現存
  クリーヴランド女公爵

サウサンプトン女伯爵

ノンサッチ女男爵

1667年 バーバラ・パーマー 1774年廃絶 チャールズ2世の寵姫。 [11]
  ポーツマス女公爵

フェアラム女伯爵

ピーターズフィールド女男爵

1673年 ルイーズ・ケルアイユ 1734年廃絶 チャールズ2世の愛妾。一代貴族爵位。 [12]
ベラサイス女男爵英語版 1674年 スーザン・ベラサイス 1713年廃絶 一代貴族爵位。
  ベイニング女子爵英語版 1674年 アン・ベイバー 1678年廃絶 一代貴族爵位。
コーベット女子爵英語版 1679年 サラ・コーベット 廃絶 一代貴族爵位。
シェピー女伯爵英語版 1680年 エリザベス・ウォルター 廃絶 一代貴族爵位。

ジェームズ2世編集

肖像等 爵位名[註釈 7] 叙爵年 対象者 現況 備考 出典
  ドーチェスター女伯爵

ダーリントン女男爵

キャサリン・セドリー英語版 1717年廃絶。 ジェームズ2世の愛妾、一代貴族爵位。
スタッフォード女伯爵 1688年 メアリー・スタッフォード 1693年廃絶。 初代スタッフォード子爵ウィリアム・ハワードの妻。

一代貴族爵位。

[13]
シェルバーン女男爵(I) エリザベス・ペティ 1708年廃絶。 一代貴族爵位。 [14]

ジョージ1世編集

肖像等 爵位名[註釈 8] 叙爵年 対象者 現況 備考 出典
 
 
グランヴィル女伯爵

カータレット女子爵

1715年 グレース・カートレット 1776年廃絶。
  マンスター女公爵(I)

ダンガノン女侯爵

ダンガノン女伯爵

ダンドーク女男爵

1716年 エーレンガルト・シューレンブルグ 1743年廃絶。 ジョージ1世の愛妾。

一代貴族爵位。

ケンダル女公爵

フェヴァシャム女伯爵

グラストンブリ―女男爵

1719年
  リンスター女伯爵(I) 1721年 ゾフィア・キールマンゼック 1725年廃絶。 ジョージ1世の異母妹。

一代貴族爵位。

ダーリントン女伯爵

ブレントフォード女男爵

1722年
ウォルシンガム女伯爵 1722年 ペトロニラ・シューレンブルグ 1778年廃絶。 ジョージ1世の庶子。

一代貴族爵位。


ジョージ2世編集

肖像等 爵位名[註釈 9] 叙爵年 対象者 現況 備考 出典
  ヤーマス女伯爵 1740年 アマーリエ・ヴァールモーデン 1765年廃絶。 ジョージ2世の愛妾。一代貴族爵位。 [15]
グランディソン女子爵英語版(I) 1746年 エリザベス・メイソン 1800年廃絶。 [16]
  テンプル女伯爵 1749年 ヘスター・グレンヴィル 1889年廃絶。 [17][18]
  ブランドン女伯爵(I) 1758年 エリス・バーミンガム 1789年廃絶。 一代貴族爵位。 [19]

ジョージ3世編集

肖像等 爵位名[註釈 10] 叙爵年 対象者 現況[註釈 11] 備考 出典
  ストール女男爵英語版 1760年 メアリー・ヒル 1820年廃絶。 第4代ストール男爵エドワード・ストールの娘 [20]
  チャタム女男爵 1761年 ヘスター・ピット 1835年廃絶。 首相大ピットの妻 [21]
  マウント・ステュアート女男爵 1761年 メアリー・ステュアート 現存。

(ビュート侯爵)

第3代ビュート伯爵ジョン・ステュートの妻 [22]
  ホランド女男爵 1762年 キャロライン・フォックス 1859年廃絶。 政治家初代ホランド男爵ヘンリー・フォックスの妻 [23]
ランフォード女子爵英語版(I)

サマヒル女男爵(I)

1766年 エリザベス・ロウリー 1796年廃絶。
グランディソン女伯爵英語版(I)

ヴィリアーズ女子爵(I)

1767年 エリザベス・メイソン 1800年廃絶。 [16]
  グリニッジ女男爵 1767年 キャロライン・タウンゼンド英語版 1794年廃絶。 政治家チャールズ・タウンゼンドの妻。 [24]
   アーデン女子爵英語版(I) 1770年 キャサリン・パーシヴァル 2011年廃絶。 [25]
  ハメルドンのハミルトン女男爵 1776年 エリザベス・キャンベル英語版 現存。

(アーガイル公爵)

[26][27]
  ドナウモア女男爵(I) 1783年 クリスティアナ・ヒーリー=ハッチンソン英語版 現存。

(ドナウモア伯爵)

[28]
   ロンフォード女伯爵英語版(I) 1783年 エリザベス・ペケナム 現存。
コロンのオリエル女男爵英語版(I) 1790年 マーガレッタ・フォレスター 現存。

(マセリーン子爵)

[29]
フェラード女子爵 1797年
  ウォーターパーク女男爵(I) 1792年 サラ・キャヴェンディッシュ 現存。
ファーマナ女男爵英語版(I) 1792年 メアリー・ヴァーニー 1810年廃絶。
  バース女男爵英語版 1792年 ローラ・パルトニー英語版 1808年廃絶。
バース女伯爵(uk) 1803年
ウィックロー女伯爵英語版(I) 1793年 アリス・ハワード英語版 1983年廃絶。
フッド女子爵(GB) 1795年 スザンナ・フッド 現存。

(フッド子爵)

  キルウォーデン女男爵(I) 1795年 アン・ウォルフ 1830年廃絶。 [30][31]
クロフトン女男爵英語版(I) 1797年 アン・クロフトン 現存。 エドワード・クラフトン英語版の功績によるもの。
ノーウッド女男爵英語版(I) 1797年 グレイス・トーラー 現存。

(ノーブリー伯爵)

フレンチ女男爵(I) 1798年 ローズ・フレンチ 現存。
  ダファリン=クランボイ女男爵(I) 1800年 ドーカス・ブラックウッド英語版 現存。
ヌージェント女男爵英語版(I) 1800年 メアリー・ヌージェント=テンプル=グレンヴィル 1850年廃絶。
アバークロンビー女男爵英語版(uk) 1801年 メアリー・アバークロンビー 1924年廃絶。
サンズ女男爵英語版(uk) 1802年 メアリー・ヒル英語版 現存。

(ダウンシャー侯爵)

ニューコメン女子爵英語版(I) 1803年 シャーロット・ニューコメン英語版 1825年廃絶。
  ド・グレイ女伯爵(uk) 1816年 アマベル・ヒューム=キャンベル 1923年廃絶。 名門ケント伯爵グレイ家の遠縁。

ジョージ4世編集

肖像等 爵位名[註釈 12] 叙爵年 対象者 現況 備考 出典
  レイリー女男爵 1821年 シャーロット・ストラット 現存。 初代リンスター公爵ジェイムズ・フィッツジェラルドの娘。
フィッツジェラルド=ヴィージー男爵(I) 1826年 キャサリン・フィッツジェラルド 1860年に廃絶。 政治家ウィリアム・ヴィージー=フィッツジェラルド英語版の母。 [32][33]
カニング女子爵 1828年 ジョアン・カニング 1862年廃絶。 首相ジョージ・カニングの妻

ウィリアム4世編集

肖像等 爵位名[註釈 13] 叙爵年 対象者 現況 備考 出典
マラハイドのタルボット男爵(I) 1831年 マーガレット・タルボット 現存。 マラハイド港域領主職を世襲。 [34][35]
ウェンマン女男爵英語版 1834年 ソフィア・ウィカム 1870年廃絶
  ストラスイーデン女男爵英語版 1836年 メアリー・キャンベル 現存。 初代キャンベル男爵ジョン・キャンベル英語版の妻。

ヴィクトリア編集

肖像等 爵位[註釈 14] 叙爵年 対象者 現況[註釈 15] 備考 出典
  インヴァネス女公爵 1841年 セシリア・アンダーウッド英語版 1873年廃絶 サセックス公爵フレデリック王子の継室。 [36]
  クロマーティ女伯爵

ターバット女子爵

キャスルヘイヴン女男爵

マクラウド女男爵

1861年 アン・ヘイ=マッケンジー英語版 現存。 [37][38]
  バックハースト女男爵英語版 1864年 エリザベス・ウェスト英語版 現存。

(デラウェア伯爵英語版)

  ビーコンズフィールド女子爵 1868年 メアリー・ディズレーリ 1872年廃絶。 首相ベンジャミン・ディズレーリの妻 [39][40]
  バーデット=クーツ女男爵 1871年 アンジェラ・バーデット=クーツ 1906年廃絶 慈善活動を評されて叙爵。
  ボルゾーバー女男爵 1880年 オーガスタ・キャベンディッシュ=ベンティンク 1977年廃絶。 ポートランド公爵家の分家筋。 [41][42]
  アーンズクリフのマクドナルド女男爵英語版 1891年 アグネス・マクドナルド英語版 1920年廃絶。 カナダ連邦首相ジョン・マクドナルドの妻。 [43][44]
  ハンブルデン女子爵英語版 1891年 エミリ・デンヴァーズ・スミス 現存。 庶民院院内総務ウィリアム・ヘンリー・スミスの妻 [45]
ドーチェスター女男爵英語版 1899年 ヘンリエッタ・カールトン 1963年廃絶。

ジョージ5世編集

肖像等 爵位名[註釈 16] 叙爵年 対象者 現況 備考 出典
リッチモンドのケイヴ女伯爵英語版 1928年 アン・ケイヴ 1938年廃絶。 大法官ジョージ・ケイヴ英語版の妻。 [46][47]

ジョージ6世編集

肖像等 爵位名[註釈 17] 叙爵年 対象者 現況 備考 出典
  ダヴェントリー女子爵 1943年 ミュリエル・フィッツロイ英語版 現存。 庶民院議長エドワード・フィッツロイ英語版の妻

脚注編集

[脚注の使い方]

註釈編集

  1. ^ ただし、相続によって爵位を帯びた有爵女性も1963年貴族法施行以前は同様の状況であった。
  2. ^ すべてイングランド貴族爵位。
  3. ^ オファリー男爵位のみアイルランド貴族爵位であり、これ以外はすべてイングランド貴族爵位。
  4. ^ クレイモンド卿位のみスコットランド貴族爵位であり、残りはすべてイングランド貴族爵位。
  5. ^ スタッフォード男爵位は世襲貴族爵位だが、メアリーの夫スタッフォード卿が私権剥奪処分を受けていたため、子孫に爵位を継承することができなかった。
  6. ^ 特に断らない限り、イングランド貴族爵位。
  7. ^ 特記ない限り、イングランド貴族爵位。
  8. ^ 特記ない限り、グレートブリテン貴族爵位。
  9. ^ 特記ない限り、グレートブリテン貴族爵位。
  10. ^ 特記ない限り、連合王国貴族爵位。
  11. ^ より上位の爵位の従属爵位として現存する場合は、括弧書きの中にその高位の爵位名を明記する。
  12. ^ 特記ない限り、連合王国貴族爵位。
  13. ^ 特に断らない限り、すべて連合王国貴族爵位である。
  14. ^ 特に断らない限り、すべて連合王国貴族爵位である。
  15. ^ より上位の爵位の従属爵位として現存する場合は、括弧書きの中にその高位の爵位名を明記する。
  16. ^ 特に断らない限り、すべて連合王国貴族爵位である。
  17. ^ 特に断らない限り、すべて連合王国貴族爵位である。

出典編集

  1. ^ Richardson II 2011, p. 638.
  2. ^ ODNB, which argues that the restoration was a tacit admission of her brother's innocence; however, lands and titles had been restored to the heirs of guilty peers during the previous century.
  3. ^ Ives, pp. 158–59, p. 388 n32, p. 389 n53; Warnicke, p. 116. Contemporary documents call her marquess or lady marquess of Pembroke; this reflects Tudor spelling. Marquesates were relatively new in sixteenth-century England, and the English translations of French marquis/marquise were spelled even less stable than most Tudor orthography and many forms were used for either. A male peer was marquys, marquoys, marquess and so on; his wife would be marquess, marquesse, marquisess and so on, the same ending as duchess; the resulting confusion was sometimes clarified by such phrases as lady marquess; the modern distinction, by which the wife is marchioness, was imported from Latin in her daughter's reign. The OED and The Complete Peerage (Vol X., p. 402) take Boleyn's title as the feminine sense of marquess; some biographers, such as Fraser, p. 184, take it as the male sense.
  4. ^ Extinct English Earldoms”. www.cracroftspeerage.co.uk. 2020年2月24日閲覧。
  5. ^ Humphreys, Jennett (1888). "Digby, Lettice" . In Stephen, Leslie (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 15. London: Smith, Elder & Co. p. 67.
  6. ^ Winchilsea, Earl of (E, 1628)”. www.cracroftspeerage.co.uk. 2020年2月24日閲覧。
  7. ^ John Campbell, 1st Baron Campbell, The lives of the chief justices of England, 3rd edition, 4 volumes, 1874
  8. ^ George Cokayne, The Complete Peerage, 1887–98
  9. ^ Heraldic Media Limited. “Winchilsea, Earl of (E, 1628)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2019年12月1日閲覧。
  10. ^ Cokayne, George Edward, ed. (1896). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (S to T) (英語). 7 (1st ed.). London: George Bell & Sons. pp. 214–216.
  11. ^ Cleveland, Duke of (E, 1670 - 1774)”. www.cracroftspeerage.co.uk. 2020年2月14日閲覧。
  12. ^ Herman. Titles. p. 141. https://books.google.com/books?id=GFiou8-zsPYC&pg=PA140&dq=Louise+de+K%C3%A9roualle+sex+with+kings&hl=en&sa=X&ei=KV9mT7KRJujq0gHD2um2CA&ved=0CDIQ6AEwAA#v=onepage&q=Louise%20de%20K%C3%A9roualle%20sex%20with%20kings&f=false 
  13. ^ Cokayne, George Edward, ed. (1896). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (S to T) (英語). 7 (1st ed.). London: George Bell & Sons. pp. 214–216.
  14. ^ Owen, W, L. Davis and J. Debrett (1790) - The Peerage of England, Scotland, and Ireland (etc.) p. 122. Here it is said that she was created Baroness by Charles II; this was in fact James II.
  15. ^ Clark, J.C.D. (2002). The Memoirs and Speeches of James, 2nd Earl Waldegrave 1742-1763. Cambridge University Press. p. 159. ISBN 0-521-52689-2. https://books.google.com/books?id=X8GrL_g9enMC&pg=PA159&dq=Amalie+von+Wallmoden&lr=&client=firefox-a#PPA159,M1 
  16. ^ a b Cokayne, George Edward, ed. (1892). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (G to K) (英語). 4 (1st ed.). London: George Bell & Sons. pp. 77–78.
  17. ^ Lundy, Darryl. “Hester Temple, Countess Temple” (英語). thepeerage.com. 2015年12月21日閲覧。
  18. ^ Heraldic Media Limited. “Temple, Earl (GB, 1749 - 1889)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年12月21日閲覧。
  19. ^ Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary, eds. (1912). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Bass to Canning) (英語). 2 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 455–456.
  20. ^ Cokayne, George Edward, ed. (1896). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (S to T) (英語). 7 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 243.
  21. ^ Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, H. Arthur, eds. (1913). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Canonteign to Cutts) (英語). 3 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 143–144.
  22. ^ "No. 10092". The London Gazette (英語). 31 March 1761. p. 1.
  23. ^ "No. 10205". The London Gazette (英語). 1 May 1762. p. 6.
  24. ^ Pollard, Albert (1899). "Townshend, Charles (1725-1767)" . In Lee, Sidney (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 57. London: Smith, Elder & Co. p. 120.
  25. ^ Egmont, Earl of (I, 1733 - 2011)”. www.cracroftspeerage.co.uk. 2020年4月1日閲覧。
  26. ^ Debrett's peerage, and titles of courtesy, in which is included full information respecting the collateral branches of Peers, Privy Councillors, Lords of Session, etc. Wellesley College Library. London, Dean. (1921). https://archive.org/details/debrettspeeraget00unse 
  27. ^ No.11665”. The Gazette 11 May 1776. 2020年2月29日閲覧。
  28. ^ Lundy, Darryl. “Christiana Nickson, Baroness of Donoughmore of Knocklofty” (英語). thepeerage.com. 2015年9月9日閲覧。
  29. ^ Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, Herbert Arthur, eds. (1926). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Eardley of Spalding to Goojerat) (英語). 5 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. p. 304.
  30. ^ Falkiner, Cæsar (1900). "Wolfe, Arthur" . In Lee, Sidney (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 62. London: Smith, Elder & Co. p. 294-295.
  31. ^ No.13821”. The Gazette 10 October 1795. 2020年4月1日閲覧。
  32. ^ No.18267”. The Gazette 11 July 1826. 2020年2月26日閲覧。
  33. ^ Stephens, Henry (1889). "Fitzgerald, James (1742-1835)" . In Stephen, Leslie (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 19. London: Smith, Elder & Co. p. 130-131.
  34. ^ Debrett's peerage, and titles of courtesy, in which is included full information respecting the collateral branches of Peers, Privy Councillors, Lords of Session, etc. Wellesley College Library. London, Dean. (1921). p. 872. https://archive.org/details/debrettspeeraget00unse/page/872/mode/2up 
  35. ^ Talbot of Malahide, Baron (I, 1831)”. www.cracroftspeerage.co.uk. Cracroft Peerage. 2020年2月28日閲覧。
  36. ^ No.19842”. The Gazette 31 March 1840. 2020年2月12日閲覧。
  37. ^ Cromartie, Earl of (UK, 1861)”. www.cracroftspeerage.co.uk. 2020年2月12日閲覧。
  38. ^ No.22557”. The Gazette 18 October 1861. 2020年2月12日閲覧。
  39. ^ Beaconsfield, Earl of (UK, 1876 - 1881)”. www.cracroftspeerage.co.uk. 2020年1月13日閲覧。
  40. ^ No.7908”. The Edinburgh Gazette 4 December 1868. 2020年1月13日閲覧。
  41. ^ Portland, Duke of (GB, 1716 - 1990)”. www.cracroftspeerage.co.uk. 2020年2月12日閲覧。
  42. ^ No.24835”. The Gazette 20 April 1880. 2020年2月12日閲覧。
  43. ^ "No. 26192". The London Gazette (英語). 14 August 1891. p. 4378.
  44. ^ Baroness Macdonald's Death, The Globe. A1. 8 September 1920.
  45. ^ No.26221”. The Gazette 10 November 1891. 2020年2月12日閲覧。
  46. ^ Cave of Richmond, Earl (UK, 1928 - 1938)”. www.cracroftspeerage.co.uk. 2020年2月12日閲覧。
  47. ^ No.33383”. The Gazette 11 May 1928. 2020年2月12日閲覧。

参考文献編集

  • Richardson, Douglas (2011). Everingham, Kimball G.. ed. Magna Carta Ancestry: A Study in Colonial and Medieval Families. III (2nd ed.). Salt Lake City. ISBN 144996639X 

関連項目編集