メインメニューを開く

女性のための政治スクール(じょせいのためのせいじすくーる)は、政治家を養成するためのスクールである。

沿革編集

1993年2月に、女性の政治への関心を高め、女性の政治参画を進める目的で、日本新党細川護熙円より子が中心となって設立した。

日本新党解党後も運営が継続され、党派を問わず受講生を受け入れており、特定の党派を支持するものでもない。政治家を養成するためのスクールとしては日本初のもの。これまでに国会議員地方議会議員を多数輩出している。

2003年統一地方選挙では卒業生35人が立候補、31人の当選を果たした。

2007年統一地方選挙では「特別実践講座」を開講し、受講生より17人が立候補。うち11人が当選を果たした。

これまで卒業・在籍した政治家(国会議員および地方議会議員)は100名以上に及ぶ。

概要編集

  • 毎年、1月に開講し、12月に閉講するのが通例。1年制。
  • 毎月、各界の一線で活躍する著名人を講師に迎え、講義形式の授業を行う。
  • 講義は通常、東京都内で行われるが、地方で「出前スクール」が開催されることもある。また、海外視察を行うこともある。
  • 「女性のための」政治スクールとの名称であるが、男性であっても受講できる。女性でなければ受講できないという誤解を避けるために、単に「政治スクール」と称することもある。

組織編集

  • 顧問 細川護熙(第1期~)
  • 名誉校長 加藤シヅエ(第1期~第9期)、細川佳代子(第12期~)
  • 校長 加藤タキ(初代)を経て、細川佳代子(~第11期)、円より子(第12期~)
  • 副校長 江端貴子(第12期~)
  • 事務局長 円より子(第1期~第11期)、藤田みちる(第12期~)

過去の講師編集

主な卒業生編集

これまでの卒業生は数百人に及ぶが、その中で、政治家となった者は以下の通り。

  • 郡和子衆議院議員
  • 田名部匡代衆議院議員
  • 猪爪まさみ(東京都議会議員)
  • 安田優子(鳥取県議会議員)
  • 不破照子(岐阜県議会議員)
  • 野村美穂(岐阜県議会議員)
  • 篠田江里子(札幌市議会議員)

など

外部リンク編集