女性自衛官教育隊(じょせいじえいかんきょういくたい、JGSDF WAC (Woman Army Corps) Training Unit)は、東部方面混成団の直轄部隊であり、女性自衛官(自衛官候補生一般曹候補生陸曹候補生)の前期教育を担任する。所在は朝霞駐屯地

女性自衛官教育隊
創設 1968年(昭和43年)12月20日(婦教隊)
再編成 2003年(平成15年)3月27日(改称・女教隊)
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 諸職種混成
兵種/任務/特性 共通教育
所在地 東京都 練馬区
編成地 朝霞
上級単位 東部方面混成団
担当地域 日本全国
テンプレートを表示

沿革編集

※ 初代学生隊長は婦人自衛官第1期一般幹候の前田米子1等陸尉。

部隊編成編集

  • 隊本部
  • 第1共通教育中隊
  • 第2共通教育中隊

主要幹部編集

職名 階級 氏名 補職発令日 前職
女性自衛官教育隊長 1等陸佐 中川美佐 2018年3月27日 自衛隊体育学校総務課長
歴代の隊長(前身を含む・1等陸佐(三))
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
婦人自衛官教育隊長
1 前田米子
(1等陸尉)
1968.12.20 - 1972.7.16 中央大学 婦人自衛官学生隊長
→1971.1.1 3等陸佐昇任
陸上幕僚監部第1部勤務 1986.1.1 退官
最終階級1等陸佐
2 熊谷義明
(2等陸佐)
1972.7.17 - 1974.7.15 第1師団司令部第1部長
→1974.7.1 1等陸佐昇任
東部方面総監部業務室長
3 山下昭夫
(2等陸佐)
1974.7.16 - 1976.8.1 陸上自衛隊人事統計隊勤務
→1976.4.1 1等陸佐昇任
陸上幕僚監部総務課人事班長
4 今泉武伊知
(2等陸佐)
1976.8.2 - 1979.3.15 陸上自衛隊富士学校 小平駐屯地業務隊長
5 大迫一利
(2等陸佐)
1979.3.16 - 1981.3.15 第27普通科連隊第3中隊長
別海駐屯地司令
陸上自衛隊富士学校勤務
6 上杉長一 1981.3.16 - 1982.8.1 練馬駐とん地業務隊長 東部方面総監部勤務
7 山田隆一 1982.8.2 - 1984.7.31 陸上自衛隊富士学校総合研究開発部
第1主任研究開発官
陸上自衛隊業務学校学校教官
8 石橋勉 1984.8.1 - 1987.7.31 守山駐屯地業務隊長 東部方面総監部勤務
9 田邊龍子 1987.8.1 - 1989.7.31 一般大卒 宇都宮駐屯地業務隊 東部方面総監部勤務
10 兼安正次郎 1989.8.1 - 1990.7.31 防大3期 自衛隊体育学校第1教育課長 退職 2007春叙勲
11 桑原壽之 1990.8.1 - 1992.7.31 防大5期 陸上自衛隊富士学校研究員 東部方面総監部勤務
11 川床剛 1992.8.1 - 1995.7.31 防大7期 陸上自衛隊調査学校総務課長 第8師団司令部付
12 大西徹彦 1995.8.1 - 1998.7.31 防大9期 善通寺駐屯地業務隊長 陸上自衛隊富士学校勤務
13 吉田剛 1998.8.1 - 2001.3.31 防大14期 陸上自衛隊少年工科学校第1教育部長 多賀城駐屯地業務隊長
髙橋秀夫 2001.4.1 - 2003.3.26 防大15期 陸上自衛隊北海道補給処苗穂支処長
苗穂分屯地司令
女性自衛官教育隊長
女性自衛官教育隊長
1 髙橋秀夫 2003.3.27 - 2004.3.22 防大15期 婦人自衛官教育隊長 東部方面総監部勤務
2 熊野敦記 2004.3.23 - 2005.12.4 防大24期 統合幕僚学校学校教官 第4高射特科群
3 前田絹代 2005.12.5 - 2008.3.25 九州大学 情報本部 陸上自衛隊幹部学校主任教官
4 渡邉茂和 2008.3.26 - 2009.11.30 防大27期 陸上幕僚監部副監察官 第9師団司令部監察官
5 渋谷幹
(2等陸佐)
2009.12.1 - 2011.7.31 防大29期 北部方面施設隊勤務
→2010.7.1 1等陸佐昇任
西部方面総監部装備部施設課長
6 寺井優子
(2等陸佐)
2011.8.1 - 2014.7.31 福井大学[3] 陸上自衛隊輸送学校主任教官
→2012.7.1 1等陸佐昇任
陸上自衛隊輸送学校研究部長
7 亀井律子 2014.8.1 - 2016.3.22 部内幹侯・
第92期[4]
陸上自衛隊幹部学校付 東部方面総監部人事部募集課長
8 岩塚寿文 2016.3.23 - 2018.3.26 北部方面総監部総務部総務課長 豊川駐屯地業務隊長
9 中川美佐 2018.3.27 - 自衛隊体育学校総務課長

脚注編集

  1. ^ 平成29年度より女性自衛官教育隊の一部が久里浜駐屯地に分駐(通信教導隊内に編合)し自衛官候補生(女子のみ)教育を実施していることが確認されている(自衛隊ニュース2017年5月1日”. 防衛ホーム新聞社. 2018年4月14日閲覧。
  2. ^ 先行的処置として第301通信運用中隊が平成29年度末をもって朝霞へ移駐
  3. ^ 87幹候、防大31期相当
  4. ^ 自衛隊京都地方協力本部HP本部長の部屋

関連項目編集