メインメニューを開く
金田一耕助 > 女怪

女怪』(じょかい、または、にょかい[1])は、横溝正史の短編推理小説。「金田一耕助シリーズ」の一つ。

1992年1996年にテレビドラマ化され、2作品が放送されている。

概要と解説編集

本作は、『オール讀物1950年9月号に発表された。角川文庫悪魔の降誕祭』 (ISBN 4-04-355503-2) に収録されている。

本作には、金田一耕助が愛した女性の2人のうちの1人である持田虹子が登場する。もう1人の『獄門島』に登場する鬼頭早苗に対する愛情がどちらかというと淡い気持ちであったのに対し、虹子に対する気持ちは深刻に思いつめたもので、悲劇的な結末を迎えたあとで金田一は傷心旅行の先から執筆者である「先生」に「ぼくは決して、自殺などしないから」と手紙を送っている。

なお、本作で用いられた殺害方法は、『人形佐七捕物帳』の「呪いの畳針」(1955年)にも用いられている。

ストーリー編集

昭和2×年の初夏から夏にかけて『夜歩く』と『八つ墓村』の事件を解決して後者の事件で充分な報酬を得た金田一耕助は、9月の初め、「先生」と伊豆の鄙びた温泉場Nの宿屋に逗留する。近所には狸穴(まみあな)の行者・跡部通泰の修行場があり、その修行場は元は持田電機社長・持田恭平の別荘であった。持田恭平は、金田一が恋愛感情を寄せる銀座裏の「虹子の店」のマダムである持田虹子の死んだ夫で、死因は脳溢血であった。

金田一たちはそこで最近、墓場荒らしが何度も発生していると聞き、狸穴の行者の修行場を見物がてら墓場に赴くと、跡部通泰が蜜柑箱くらいの木の箱を隠すように抱えて立ち去るところに遭遇する。墓場を見ると持田恭平の墓が荒らされ、頭蓋骨がなくなっていた。

それからほどなく帰京した2人だが、10月の中頃、「先生」に再会した金田一はひどく憔悴していた。どうやら虹子は狸穴の行者・跡部通泰に恐喝されているようであった。金田一は虹子が夫を殺し、それをネタに跡部に脅されているのではないかと考えていた。一方、虹子には貿易商の賀川春樹が恋人として現われたが、金田一の虹子への思いは変わらず、彼女の幸福を願い、跡部の脅迫のネタと彼の過去の秘密を何としてもつかみたいと思いつめていた。

それからしばらく経ったある日、跡部通泰が脳溢血で急死する。さらにそれからひと月あまりが過ぎたある日、「先生」の元に北海道から金田一の手紙が届けられる。そこには一連の事件の真相と、その顛末が記されていた。

登場人物編集

  • 金田一耕助(きんだいち こうすけ) - 私立探偵。
  • 「先生」[2] - 私。
  • 持田虹子(もちだ にじこ) - 酒場「虹子の店」のマダム。未亡人。
  • 持田恭平(もちだ きょうへい) - 持田電機社長。虹子の亡夫。
  • 跡部通泰(あとべ みちやす) - 「狸穴(まみあな)の行者」と称する祈祷師。
  • 賀川春樹(かがわ はるき) - 虹子の恋人。貿易商。元子爵で元海軍中佐。
  • おすわ - 宿屋「柏木」の女将。

テレビドラマ編集

1992年版編集

名探偵・金田一耕助シリーズ・女怪』は、TBS系列2時間ドラマ月曜ドラマスペシャル」(毎週月曜日21時 - 22時54分)で1992年7月27日に放送された。

キャスト
スタッフ

1996年版編集

横溝正史シリーズ・女怪』は、フジテレビ系列2時間ドラマ金曜エンタテイメント」(毎週金曜日21時 - 22時52分)で1996年4月26日に放送された。

キャスト
スタッフ

脚注編集

  1. ^ 『女怪』にはルビが振られていないため、「じょかい」と「にょかい」のどちらが正しい読みなのかは不明。
  2. ^ 横溝正史をモデルとした「Y先生」「S・Y」「成城の先生」などと呼ばれる探偵小説家。『黒猫亭事件』以来、「先生」が金田一耕助の事件簿の執筆者となることの了解がなされている。

関連項目編集