女流棋聖戦

日本の囲碁の棋戦

ドコモ杯女流棋聖戦(ドコモはい じょりゅうきせいせん)は、囲碁女流棋士による棋戦。1997年に創設。囲碁・将棋チャンネルパーフェクTVのちスカパー!プレミアムサービス)で放映される。

女流棋聖戦
棋戦の分類 女流棋戦
開催概要
初回開催 1997
持ち時間 なし + 30秒 × 10回(考慮時間)
番勝負 三番勝負
優勝賞金 500万円
協賛 NTTドコモ
記録
現女流棋聖 鈴木歩(第23期)
永世資格者 謝依旻(永世女流棋聖)
最多優勝 謝依旻 7回
最長連覇 謝依旻(5連覇)
テンプレートを表示

方式編集

  • 予選は自由参加。本戦は、前年挑戦手合敗者とタイトルホルダーのシードと、予選を勝抜き者の計16名によるトーナメント戦。第1期は決勝三番勝負、第2期以降は前年優勝者とトーナメント優勝者による挑戦手合三番勝負。
  • コミは、1-6期は5目半、7期以降6目半。
  • 持時間は1手30秒、1分単位で10分の考慮時間。
  • 5連覇で名誉女流棋聖の資格を得る。

歴代優勝者と挑戦手合編集

○●は勝者から見た勝敗、失冠*

開催年 優勝 勝敗 準優勝
1 1998年 小林泉美 ○○ 小林千寿
開催年 女流棋聖 勝敗 準優勝
2 1999年 小林泉美 ○●○ 杉内寿子
3 2000年 知念かおり ○○ 小林泉美*
4 2001年 知念かおり ○●○ 加藤啓子
5 2002年 知念かおり ○●○ 小川誠子
6 2003年 知念かおり ●○○ 加藤啓子
7 2004年 万波佳奈 ○●○ 知念かおり*
8 2005年 知念かおり ○○ 万波佳奈*
9 2006年 万波佳奈 ○●○ 知念かおり*
10 2007年 梅沢由香里 ○●○ 万波佳奈*
11 2008年 梅沢由香里 ○○ 向井千瑛
12 2009年 梅沢由香里 ○●○ 加藤啓子
13 2010年 謝依旻 ○○ 梅沢由香里*
14 2011年 謝依旻 ○○ 梅沢由香里
15 2012年 青木喜久代 ●○○ 謝依旻*
16 2013年 謝依旻 ○○ 青木喜久代*
17 2014年 謝依旻 ○○ 青木喜久代
18 2015年 謝依旻 ○○ 小西和子
19 2016年 謝依旻 ○○ 吉原由香里
20 2017年 謝依旻 ○●○ 牛栄子
21 2018年 上野愛咲美 ○○ 謝依旻*
22 2019年 上野愛咲美 ○○ 藤沢里菜
23 2020年 鈴木歩 ○●○ 上野愛咲美*

記録編集

  • 最多優勝 謝依旻 7回
  • 最多連覇 謝依旻 5連覇(名誉女流棋聖)
  • 最年少優勝 上野愛咲美 16歳3ヶ月(第21期女流棋聖戦)
  • 最年少挑戦 上野愛咲美 16歳2ヶ月(第21期女流棋聖戦)
  • 最年少本戦入り 藤沢里菜 14歳11ヶ月(第17期女流棋聖戦)

外部リンク編集

女流棋戦年間
女流棋聖 女流名人 博多・カマチ杯 女流立葵杯 扇興杯 女流本因坊
1-2月 3月(休止) 4月 6-7月 7月 10-11月