メインメニューを開く

女猫』(めねこ)は、1983年12月公開の日本映画。にっかつロマンポルノエロス大作。カラー、ビスタ、86分。

女猫
監督 山城新伍
脚本 内藤誠
桂千穂
出演者 早乙女愛
伊藤幸子
岩城滉一
名和宏
音楽 森本太郎
撮影 前田米造
編集 鈴木晄
配給 日活
公開 日本の旗 1983年12月23日
上映時間 86分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 4.5億円[1]
テンプレートを表示

1980年ミスターどん兵衛』で初メガホンをとった山城新伍の第2回監督作品。医科大学の学長一族の悪事を暴き、復讐に挑む女医の活躍を描く。

それまで清純派女優として売り出していた早乙女愛濡れ場演技で話題となり、4億5000万円の配給収入を記録した。

せんだみつお片桐竜次など、山城人脈の役者が出演しているのも特徴。また山城と早乙女は公開同年の7月から翌年2月に放送のABC系『新ハングマン』で共演している。

封切時の併映は、『ファイナル・スキャンダル 奥様はお固いのがお好き』(小沼勝監督、五月みどり主演)。

スタッフ編集

キャスト編集

製作編集

1983年秋、にっかつが山城新伍に「1984年の正月映画にいま最も魅力のある早乙女愛さんのヌードを、山城監督で」と依頼[2]。当初の企画は藤本義一原作の『をんな指師』で、藤本の得意とするスリの話だったが[2]、全然違うメスと肉体を武器に成り上がる女医の話になった[3]。『女猫』というタイトルは、映画狂の山城が今まで観た映画の中で一番エロチックだと感じたフランソワーズ・アルヌール主演のフランス映画女猫』からの命名[3]

山城監督は「愛ちゃんを攻めるには外堀から攻めるしかない」とソフトな部分の撮影から始め、三度登場の全裸シーンは最終日に一気に撮った[4]。「お客をタてても自分がタってはいかん!」と早乙女のハダカに生唾ゴックンしながら何とか持ちこたえた[4]。「90分間全編が見せ場ですが、あえていえば早乙女愛が見せるバケモノみたいなオッパイかな。最低三回は勃起しまっせ(笑)。なにしろポルノ処女の彼女に騎乗位から濃厚なレズシーンまでやらせたんだから、起たなきゃ男じゃない(笑)。面白くなけりゃ、ゼニ返します!」などと豪語した[5]。撮影を13日(1983年11月後半~12月初め)[6]でやり遂げ、辻褄の合わない話を90分でまとめた手腕ににっかつ上層部が感心し、にっかつの専属監督として契約しないかと誘われた[5]

主演の早乙女愛は、それまで松竹専属のお嬢様女優イメージだったため[7][8][9]、フルヌードの披露と大胆な濡れ場演技で大きな話題を呼んだ[7][8][9][10]。1981年に日本でもアメリカ映画グロリア』が公開されると、日本の女優も『グロリア』のジーナ・ローランズみたいな役を演じてみたいという者が増え[7][11]、早乙女もその一人で『グロリア』を観て大感激し[3][12]、「いつかこんな役をやってみたい」と夢見ていたところ、『新ハングマン』で共演していた山城から「女のハードボイルドをやらないか」と誘われ[6][7]、ポルノのオファーに回りからも猛反対を受け迷ったが、『愛と誠』でデビューして10年が経ち、同作品のイメージが強く以降、深窓の令嬢タイプの役しか来ず[3]、自身は飛んだり跳ねたり車を運転したりするのが好きな性格で、自分の性格とは違うイメージを背負わされ手探り状態が続いたため、年齢的にも心機一転したい時期でもあり「"和製グロリア"を演じられるなら」と承諾した[3]。にっかつの成人映画で、監督もスケベで鳴らす山城新伍のため[5]、早乙女も初ヌードとある程度の濡れ場は覚悟していたが「あそこまでやるとは思わなかった」と話している[7]

早乙女は1980年前後は「松坂慶子とただ2人の松竹専属女優」といわれていたが[13]、『週刊現代』1984年3月3日号に「山城と早乙女は同じ事務所」という記述が見られるため、早乙女は当時は松竹から移籍していたのかもしれない[14]。早乙女の胸が大きいことはそれまで一般には知られておらず[8][9][14]、そのため本作での大胆ヌードは驚きもあり、多くのマスメディアに取り上げられた[14]おすぎは「事務所が一緒だから山城は早乙女のデカパイを世間に見せたかったのではないか」と話している[14]

早乙女は度胸よく脱いだことでこれ以降、各社オファーが殺到したが[7]、それまでのお嬢さん役は全く来なくなった[6]。しかしほどなく結婚し、映画出演は減った。

リメイク編集

女猫 美しき復讐者
監督 北畑泰啓
脚本 村橋明郎
原作 茜胡茄
川崎三枝子
出演者 可愛かずみ
北詰友樹
大出俊
高橋長英
梅津栄
撮影 鈴木耕一
編集 北澤良雄
製作会社 にっかつ
にっかつビデオ
公開   1992年4月24日
上映時間 78分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

女猫 美しき復讐者』(めねこ うつくしきふくしゅうしゃ)は、1992年に製作されたオリジナルビデオ。にっかつ80周年記念作品。可愛かずみ主演。

ストーリー編集

キャスト編集

  • 浅川麻衣:可愛かずみ - 山際病院に勤務する外科医。同じ医者であった亡き父譲りの正義感の持ち主。
  • 久我:北詰友樹 - 麻衣の同僚であり恋人。
  • 内村コウタ:大出俊 - 本牧のクラブのオーナーのほか不動産、画廊など手広く経営する実業家。その裏では麻薬密売ビジネスに手に染めている。
  • 大島:高橋長英 - 厚生省の麻薬取締官。内村を調査している。
  • 朴:梅津栄 - 中華街の骨董品店店主。麻衣の父の友人。「ボクさん」と慕う麻衣を娘のように可愛がっている。
  • ユリ:篁友紀子 - 内村の愛人。クラブホステス。
  • 相沢朱音 - 看護婦。
  • 黒田:奥野匡 - 保守党の副幹事長。クラブの常連客。
  • 西村淳二 - クラブの常連客・山本。
  • 市川勇 - クラブの支配人。
  • 荒木美操 - 内村の別荘地での愛人。

スタッフ編集

  • 監督:北畑泰啓
  • プロデューサー:須藤穣(にっかつ)、山口豪(STAFF AS BIRDS)
  • 原作:茜胡茄、川崎三枝子
  • 脚本:村橋明郎
  • 撮影:鈴木耕一
  • 選曲:山川繁
  • 制作主任:吉岡享
  • 助監督:八木潤一郎
  • 宣伝プロデューサー:酒井雅之(にっかつビデオ)
  • 制作進行:鈴木勇
  • スタント:TEAM SHARKY

脚注編集

  1. ^ 「1984年邦画4社<封切配収ベスト作品>」『キネマ旬報1985年昭和60年)2月下旬号、キネマ旬報社、1985年、 120頁。
  2. ^ a b 石坂昌三「邦画新作情報」『キネマ旬報』1983年11月上旬号、キネマ旬報社、 176頁。
  3. ^ a b c d e 早乙女愛「ハードボイルドを目指して」『キネマ旬報』1983年11月下旬号、キネマ旬報社、 39頁。
  4. ^ a b 「タレント街 山城新伍」『週刊サンケイ』、産業経済新聞社、1984年1月19、26日号、 84頁。
  5. ^ a b c 「連載にんげんファイル'84 山城新伍 『京都の映画館を遊び場にした町医者の伜は年収九千万円、白馬童子から自称・軽薄中年へ。趣味はラグビー観戦、トルコ風呂はもう飽きた』」『週刊現代』1984年1月7/14日号、講談社、 88–92頁。
  6. ^ a b c 「My Turning Point 早乙女愛 『あの日、私は変わった』」『週刊平凡』1984年10月26日号、平凡出版、 80 - 83頁。
  7. ^ a b c d e f 「カタはめたろか 西川のりおの悶絶トーク ゲスト・早乙女愛 『噂のデカパイこの手で確かめたる』『タダじゃイヤよビデオ買って』」『週刊現代』1984年10月13日号、講談社、 60–63頁。
  8. ^ a b c 「女猫」の動画視聴・あらすじ | U-NEXT
  9. ^ a b c 【高須基仁 人たらしの極意】再び菩薩の顔に戻って天に召された早乙女愛
  10. ^ ヒロイン名が芸名になった早乙女愛さん 豊満な肉体披露で評判に
  11. ^ 立花珠樹『岩下志麻という人生 いつまでも輝く、妥協はしない共同通信社、2012年、188-189頁。ISBN 978-4-7641-0644-4
  12. ^ 「早乙女愛 『演技では強い女、でも自分の恋愛に関しては、どこまでも子供っぽのです』」『週刊平凡』1983年12月29、1月5日号、平凡出版、 62 - 63頁。
  13. ^ 「2年間の空白が目覚めさせたもの 女優への準備完了! あの早乙女愛が帰ってきた!」『週刊明星』、集英社、1979年1月1日号、 216-217頁。
  14. ^ a b c d 「名取裕子・白都真理ら 脱ぎ脱ぎヒロインの仰天ボディ内緒話」『週刊現代』1984年3月3日号、講談社、 182–183頁。

外部リンク編集