女相続人』(おんなそうぞくにん、原題:The Heiress)は、1949年アメリカ映画

女相続人
The Heiress
The Heiress (1949) poster.jpg
監督 ウィリアム・ワイラー
脚本 ルース・ゲーツ
オーガスタ・ゲーツ
製作 ウィリアム・ワイラー
音楽 アーロン・コープランド
撮影 レオ・トーヴァー
編集 ウィリアム・ホーンベック
配給 パラマウント映画
ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1949年10月6日
日本の旗 1950年11月21日
上映時間 115分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $2,600,000(見積値)[1]
テンプレートを表示

解説編集

ストーリー編集

キャスト編集

主な受賞歴編集

アカデミー賞編集

受賞
アカデミー主演女優賞オリヴィア・デ・ハヴィランド
アカデミードラマ・コメディ音楽賞アーロン・コープランド
アカデミー美術監督賞 (白黒部門)ジョン・ミーハンハリー・ホーナーエミール・クーリ
アカデミー衣裳デザイン賞 (白黒部門)イーディス・ヘッドジャイル・スティール
ノミネート
アカデミー作品賞
アカデミー監督賞ウィリアム・ワイラー
アカデミー助演男優賞ラルフ・リチャードソン
アカデミー撮影賞 (白黒部門)レオ・トーヴァー

ゴールデングローブ賞編集

受賞
女優賞:オリヴィア・デ・ハヴィランド
ノミネート
監督賞:ウィリアム・ワイラー
助演女優賞ミリアム・ホプキンス

ニューヨーク映画批評家協会賞編集

受賞
主演女優賞:オリヴィア・デ・ハヴィランド

脚注編集

  1. ^ The Heiress (1949) - Box office / business” (英語). IMDb. 2011年6月14日閲覧。

外部リンク編集