メインメニューを開く

女真語(じょしんご、拼音: Nǚzhēn Yǔ)は、満州東部に居住し、金朝を興した女真族の言語。女真は10世紀ごろから記録に現れ、17世紀に「満洲」と改称した。

女真語
話される国 満州南西部 (中国北東部)
民族 女真族
話者数
言語系統
ツングース諸語
  • 南ツングース語群
    • 満州語群
      • 女真語
表記体系 女真文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 juc
テンプレートを表示

目次

系統編集

ツングース諸語に属し、満州語と近縁である。

女真文字によって書かれた金代の標準女真語は、黒水靺鞨阿什河完顔部方言だったとされるが、金朝の滅亡とともにこの言語も消滅した。一方で、中国東北部の故地に残った女真たちによって女真語の他方言は継承された。

明代の方言および満州語との関係編集

明代には、以下の4つの方言があったとされる。

東海女真語:ウスリー川周辺の野人女真の方言。後の満州語東音。

黒龍江女真語:黒龍江一帯の野人女真の方言。後の満州語北音。

海西女真語:海西女真の方言。後に建州女真語と合一。

建州女真語:建州女真の方言。後の満州語南音であり、清代の標準満州語の原型。

文字編集

女真文字は1119年までに完顔希尹英語版によって創作された。多くの本が女真語に訳されたが、現存するものは断片的にしかない。

文献編集

  • Herbert Franke, Denis Twitchett, Alien Regimes and Border States, 907–1368. The Cambridge History of China, vol 6. Cambridge University Press, 1994. ISBN 0-521-24331-9. Partial text on Google Books
  • Wilhelm Grube, Die Sprache und Schrift der Jučen. Leipzig: Otto Harrassowitz, 1896. [1]
  • Daniel Kane, The Sino-Jurchen Vocabulary of the Bureau of Interpreters. (Uralic and Altaic Series, Vol. 153). Indiana University, Research Institute for Inner Asian Studies. Bloomington, Indiana, 1989. ISBN 0-933070-23-3.
  • Gisaburo N. Kiyose(清瀬義三郎則府), A Study of the Jurchen Language and Script: Reconstruction and Decipherment. Kyoto: Horitsubunka-sha, 1977. ISBN 4-589-00794-0.