女経 (1960年の映画)

女経』(じょきょう)は、1960年に公開された吉村公三郎市川崑増村保造監督の日本映画である。

女経
Jokyo
監督 吉村公三郎
市川崑
増村保造
脚本 八住利雄
原作 村松梢風
製作 永田雅一
出演者 若尾文子
山本富士子
京マチ子
音楽 芥川也寸志
撮影 村井博
小林節雄
宮川一夫
編集 中静達治
配給 大映東京撮影所
公開 日本の旗1960年1月14日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

第10回ベルリン国際映画祭コンペティション部門で上映された。[1]

プロット編集

この映画は女性を中心に展開する3つの物語のシリーズである。

最初の話は、東京のナイトクラブで働く若い女性についてである。 彼女は会社に投資しているが、他方では会社のオーナーの息子を結婚で罠にかける。

2番目の話は、若い女性が不動産業者に雇われ、男性の顧客に価値のない不動産に投資するように説得する。

最後の話は、経済的な心配がない未亡人の芸者についてである。 彼女が偽造者と恋に落ち、彼が刑務所に送られた後、彼を待つことを選ぶ。

キャスト編集

第一話 「耳を噛みたがる女」 (増村保造監督)
第二話「物を高く売りつける女」 (市川崑監督)
第三話「恋を忘れていた女」 (吉村公三郎監督)

受賞編集

映像ソフト編集

  • 2008年11月21日、角川映画からDVDが発売されている。

同時上映編集

脚注編集

  1. ^ Jokyô - Awards - IMDb”. imdb.com. 2020年12月7日閲覧。

外部リンク編集