メインメニューを開く

女衒 ZEGEN』(ぜげん、Zegen)は、1987年公開の日本映画である。東映・今村プロダクション製作、東映配給。

女衒 ZEGEN
監督 今村昌平
脚本 今村昌平
岡部耕大
出演者 緒形拳
倍賞美津子
音楽 池辺晋一郎
撮影 栃沢正夫
編集 岡安肇
製作会社 東映
今村プロダクション
配給 東映
公開 日本の旗 1987年9月5日
上映時間 124分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

明治後期から昭和初期に東南アジア女郎屋経営や女衒などをしていたという村岡伊平治の生涯を描く[1]。監督は映画『楢山節考』以来4年ぶりのメガホンを執った今村昌平で、1987年第40回カンヌ国際映画祭に出品した[2]

あらすじ編集

幼なじみの女性、しほが香港で娼婦勤めをしていると知った伊平治は、娼館に乗り込みしほを救い出すが、これをきっかけに娼館を経営することになる。

キャスト編集

ほか

スタッフ編集

製作編集

企画編集

今村昌平は、1981年の『ええじゃないか』の後[3]、当時の岡田茂東映社長に会って「死ぬまでにどうしてもやりたい企画が三本ある」と話し、『楢山節考』『黒い雨』『村岡伊平治(女衒 ZEGEN)』の3本を挙げたら「3本ともうちでやりましょう」と引き受けてくれたと述べている[3][4]。3本とも今村が長年温めていた企画で『村岡伊平治』も20年来の企画であった[5][6]

製作編集

1983年の『楢山節考』が東映には珍しい国際映画賞をもたらしたことから[7]、充分な製作費が今村に与えられた[2][8]。製作費8億円[5][9]。今村は『楢山節考』の次は『黒い雨』を考えていたが、青春時代を共有した浦山桐郎が急死したことで、自分にも時間がない、『黒い雨』よりエネルギーがいる『村岡伊平治伝』を先にやりたいと決意した[10][11]。『楢山節考』から本作の製作まで間が空いたのは、今村の学校、日本映画学校の第1回作品『君は裸足の神を見たか』(ATG)のプロデュース業や学校の移転作業で多忙だったためで[5]、1986年1月に東映と今村プロの提携製作が決まると共同脚本の岡部耕大と製作準備に入り、今村は単独で1986年元旦よりシナハン・ロケハンを始め[12]、正式には1986年3月下旬から、4月上旬にかけて、台湾マレーシアでシナハン・ロケハンを実施し製作がスタートした[5][10]

製作発表編集

1986年8月22日、東京会館で製作発表が開かれた[9][13]。岡田社長は「女衒のテーマは今村さんが探求してきた素材の一つ。シナリオも良く出来ているし、期待している。来年度大作にする」と話した[13]。「東映と今村君でリスクを背負い合ってやる。このテのものは監督の情念の凄さで作品の出来栄え、興行価値が決まる。異色作になる。事と次第で大きく化けるテのものだ」[14]、「東映が不得意なものは全部才能のある人に任せたらいい。全部任せてひと言もいわない方がいい。その代わり、君の方も背水の陣でやってくれと伝えた」などと話した[15]

本作製作中にも五社英雄が東映で女衒ものを連作していたため[16]、岡田は1987年の『キネマ旬報』のインタビューで「女衒ものはもうない」「今村さんがちょうどうまい具合に企画を持ってきた」[16]、五社や今村が東映以外で撮ると上手くいかないとの評価については[16]、「僕が作り方のヒントを最初にやるんだ。そうすると彼らは職人中の職人だから、こなすのも早いんだ」などと話した[16]

脚本編集

池端俊策1979年の『復讐するは我にあり』の後、今村から「俺がやりたい原作は『楢山節考』『黒い雨』『村岡伊平治(女衒 ZEGEN)』だ」と言われ、池端が「『村岡伊平治』をやらして下さい」と言ったら、「分かった、テレビでもやりながらでもいいから考えてろ」と資料を渡されたと話している[17]。しかし脚本クレジットは、今村と劇作家岡部耕大の共同脚本である。岡部の演出する芝居の力強さに感心した今村が1985年12月末、岡部へ脚本を依頼した[12]

タイトル編集

当初は「村岡伊平治伝」などの仮タイトルが付いていたが[16]、岡田社長が「あまりいいタイトルでない、と今村に言ったら、今村が『女衒』というタイトルを考えてきた」と話している[16]。封切り時のタイトルは『女衒』で[18]日本映画製作者連盟文化庁日本映画情報システムのサイトでもタイトルは『女衒』である[19]。1988年発行『日本映画監督全集』の今村の項でも『女衒』と記載されているが[20]、1998年発行の『ぴあシネマクラブ』では『女衒・ZEGEN』と記載されており[21]、1990年代に『女衒 ZEGEN』というタイトルの使用が増えてきたものと見られ、今日では混在している[22]東映ビデオでも『女衒 ZEGEN』となっている[23]

撮影編集

当初、1986年7月にクランクイン予定だったが、脚本に難航し1986年9月2日に香港からクランクイン[13]。マレーシアの古い港町・マラッカにオープンセットを作り、ここを拠点に撮影が行われた[2][5][24]。全俳優に日焼け命令が出され、撮影以外の時間は日焼けに励み[24]、『楢山節考』撮影時の山奥での粗食と違い[25]、毎日中華料理円卓を囲み、毎日酒盛りをするお祭りのような日々だったといわれる[24][26]。1987年2月、最後の北海道ロケが行われクランクアップ[26]

『女衒』の製作工程については垣井道弘の1987年の著書『今村昌平の制作現場』に、ほぼ丸ごと一冊詳しく書かれている。

作品の評価編集

興行は振るわず[27]第40回カンヌ国際映画祭に出品したものの、ほとんど無視された[27]

脚注編集

  1. ^ 川西玲子『映画が語る昭和史 いつもヒロインたちがいた』ランダムハウス講談社、2008年、17–18頁。ISBN 978-4-27-000392-3
  2. ^ a b c 【今だから明かす あの映画のウラ舞台】海外ロケ編(中)「女衒」 緒形拳の番宣ドタキャン カンヌでは酷評、興行大惨敗 (1/2ページ)
  3. ^ a b 映画は狂気 2010, p. 140.
  4. ^ 垣井 1987, pp. 40-41.
  5. ^ a b c d e 「新作情報 日本映画ニュース・スコープ」『キネマ旬報』1986年5月下旬号、キネマ旬報社、 102頁。
  6. ^ ぴあ映画チラシ
  7. ^ 『東映の軌跡』東映株式会社総務部社史編纂、東映株式会社、2016年3月、316-317頁。
  8. ^ 「大島渚、今村昌平ら大物監督たちも次回作に向かって発進!」『映画情報』、国際情報社、1984年3月号、 57頁。
  9. ^ a b 垣井 1987, pp. 61–63.
  10. ^ a b 垣井 1987, p. 46.
  11. ^ 撮る 2001, pp. 76-77.
  12. ^ a b 垣井 1987, pp. 47–49.
  13. ^ a b c シナリオ』1986年11月号、日本シナリオ作家協会、 94頁。
  14. ^ 活動屋人生 2012, pp. 207–208.
  15. ^ 活動屋人生 2012, p. 192.
  16. ^ a b c d e f 脇田巧彦・川端晴男・斎藤明・黒井和男「映画・トピック・ジャーナルワイド版 特別ゲスト岡田茂 映連会長、東映社長、そしてプロデューサーとして」『キネマ旬報』1987年3月上旬号、キネマ旬報社、 94–95。
  17. ^ 荒井晴彦. “今村昌平を語る リアルと寓意の間に インタビュー・池端俊策”. 映画芸術」2006年秋 第417号 発行:編集プロダクション映芸 76–80頁。 
  18. ^ 『村岡伊平治自伝』(今村 昌平):講談社文庫|講談社BOOK倶楽部
  19. ^ 女衒”. 日本映画製作者連盟. 2018年2月28日閲覧。女衒 文化庁日本映画情報システム.2018年2月28日閲覧。
  20. ^ 『日本映画監督全集』キネマ旬報社、1988年、49–51頁。
  21. ^ 『ぴあシネマクラブ 邦画編 1998-1999』ぴあ、1998年、397頁。ISBN 4-89215-904-2
  22. ^ 在ギリシャ日本国大使館 広報文化 - Embassy of Japan in Greece
  23. ^ 女衒 ZEGEN | 東映ビデオ株式会社
  24. ^ a b c 日本映画学校 OB牧場 - 株式会社シネマネストJAPAN
  25. ^ 日下部五朗『シネマの極道 映画プロデューサー一代』新潮社、2012年、130-134頁。ISBN 978-410333231-2
  26. ^ a b 垣井道弘「『女衒』特集Ⅲ監督インタビュー」『キネマ旬報』1987年9月上旬号、キネマ旬報社、 102頁。
  27. ^ a b 香取 2004, pp. 400.

参考文献編集

外部リンク編集