好きというのはロックだぜ!

乃木坂46の30枚目シングル

好きというのはロックだぜ!」(すきというのはロックだぜ)は、日本の女性アイドルグループ乃木坂46の楽曲。2022年8月31日に乃木坂46の30作目のシングルとしてN46Div.から発売された[6]秋元康が作詞、野村陽一郎が作曲した。楽曲のセンターポジションは賀喜遥香が務めた[7]

好きというのはロックだぜ!
乃木坂46シングル
B面 Under's Love
僕が手を叩く方へ
ジャンピングジョーカーフラッシュ
バンドエイド剥がすような別れ方
パッションフルーツの食べ方
夢を見る筋肉
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル N46Div.
作詞・作曲 秋元康(作詞)
野村陽一郎(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[2]
  • 週間1位(オリコン合算)[3]
  • 週間1位(Billboard Japan Top Singles Sales[4]
  • 週間2位(Billboard Japan Hot 100[5]
  • 乃木坂46 シングル 年表
    Actually...
    (2022年)
    好きというのはロックだぜ!
    (2022年)
    ここにはないもの
    (2022年)
    ミュージックビデオ
    好きというのはロックだぜ!
    EANコード
    EAN 4547366571950(TYPE-A)
    EAN 4547366571967(TYPE-B)
    EAN 4547366571974(TYPE-C)
    EAN 4547366571998(TYPE-D)
    EAN 4547366571981(通常盤)
    テンプレートを表示

    背景とリリース編集

    Blu-ray付属のType-A・B・C・D、CDのみの通常盤の5形態での発売[6]。通常盤以外の全形態には「全国イベント参加券orスペシャルプレゼント応募券」および生写真1枚が封入されている[6]。CDシングルの発売は前作「Actually...」以来、約5か月ぶりのリリースとなる。

    2022年7月19日に大阪城ホールで開催された『真夏の全国ツアー2022』大阪公演 DAY1にて表題曲のタイトルが発表され、併せて初披露が行われた[8]

    2022年7月28日放送の『SCHOOL OF LOCK!』内の「乃木坂LOCKS!」で表題曲が初オンエアされた[9]

    2022年8月1日から30日までの30日間、本作に関する情報を毎日正午12時に解禁するキャンペーン「30日連続 30解禁祭りだぜ!」がスタートし、それに合わせ本作の特設サイトがオープンした[10]

    2022年8月4日に表題曲のミュージック・ビデオが、乃木坂46の公式YouTubeチャンネル「乃木坂46 OFFICIAL YouTube CHANNEL」で公開された[11]

    なお、本作収録曲の各ミュージック・ビデオは、前作までと異なり特典映像としての収録はされていないため、上記のYouTubeチャンネルでしか試聴できない[12]

    アートワーク編集

    ジャケット写真のメンバー[13]
    TYPE-A 表 賀喜遥香
    TYPE-B 表 齋藤飛鳥、山下美月、与田祐希
    TYPE-C 表 秋元真夏、梅澤美波、遠藤さくら、久保史緒里
    TYPE-D 表 岩本蓮加、鈴木絢音、田村真佑、筒井あやめ、樋口日奈
    通常盤 表 掛橋沙耶香、金川紗耶、佐藤楓、柴田柚菜、清宮レイ、弓木奈於

    フォトグラファーは磯部昭子が担当した[14]

    ミュージック・ビデオ編集

    好きというのはロックだぜ!
    監督:神谷雄貴[11]
    スタジオと東京都大田区にある羽田空港に新設された第2ターミナル国際線出発ロビーで2022年7月上旬に撮影された[11]。「この夏休みに何をするのか?」という脳内プレゼンをコンセプトに撮影され、「あれもしたい!これもしたい!」となかなか決められないセンターの賀喜遥香の姿が描かれている[11]。賀喜が着用した衣装は10パターンで、これまでのMV撮影でもっとも着替えの多い作品となった[11]
    Under's love
    監督:小林慎一朗[15]、クリエイティブディレクター:東市篤憲
    撮影は2022年8月上旬に東京都内のスタジオと埼玉県内の元カート場で行われた[15]。グループから卒業することを発表した、センターの和田まあやをはじめとしたメンバーのダンスシーンをメインに構成されている[15]
    僕が手を叩く方へ
    監督:伊藤衆人
    撮影は6月下旬に都内某結婚式場にて行われ、センターを務める久保史緒里は出演者兼演出家の役割を果たしている。楽曲をライブで披露した際、同じような光景を見たいという思いでクラップのシーンをあえて制作、クラップが曲とMVで1つの重要なテーマとなっている[16]
    ジャンピングジョーカーフラッシュ
    監督:大久保拓朗
    撮影は7月上旬に千葉県にて行われ、とある学校に存在する“何でもかんでも綺麗にする・洗う部”に間違って入部してしまう新入生の筒井あやめと部活動メンバーの様子が描かれている[17]
    バンドエイド剥がすような別れ方
    監督:林希
    7月上旬に10thシングル表題曲「何度目の青空か?」のMVと同じ栃木県足利市の廃校にて撮影。勉強に厳しい進学校に通う高校生が、クラスメイト同士、徐々に仲良くなっていく姿を描いている[18]

    チャート成績編集

    オリコン編集

    発売初日(店着日)に43.5万枚を売り上げ、2022年8月30日付の「オリコンデイリーシングルランキング」で初登場1位を獲得した[19]

    発売初週に57.7万枚を売り上げ、2022年9月12日付の「オリコン週間シングルランキング」で初登場1位を獲得した。初週売上57.7万枚は前作『Actually...』から10万枚以上アップし、女性アーティストでは2022年度初の初週売上50万枚超えとなった。また、1位獲得は29作連続・通算29作目となった[20][21]

    Billboard JAPAN編集

    フラゲ日に54万2558枚を売り上げ、フラゲ日でのハーフミリオン突破を『君に叱られた』以来2作ぶりに達成した[22]

    発売初週に72万302枚を売り上げ、2022年9月12日付の「Billboard Japan Top Singles Sales」で1位を獲得し、前作の初週売上56万1071枚を大きく上回った[23]

    シングル収録トラック編集

    TYPE-A編集

    CD[24]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「好きというのはロックだぜ!」秋元康野村陽一郎野村陽一郎
    2.「Under’s Love」秋元康amazutiamazuti
    3.「僕が手を叩く方へ」秋元康藤谷一郎藤谷一郎
    4.「好きというのはロックだぜ! ~off vocal ver.~」 野村陽一郎野村陽一郎
    5.「Under’s Love ~off vocal ver.~」 amazutiamazuti
    6.「僕が手を叩く方へ ~off vocal ver.~」 藤谷一郎藤谷一郎
    合計時間:
    Blu-ray[24]
    #タイトル作詞作曲・編曲監督
    1.「太陽ノック@大阪城ホール(2021.7.14)」   
    2.「ロマンティックいか焼き@セキスイハイムスーパーアリーナ(2021.7.17)」   
    3.「ガールズルール@日本ガイシホール(2021.8.14)」   
    4.「裸足でSummer@マリンメッセ福岡(2021.8.22)」   
    5.「五百城茉央」  今原電気
    6.「池田瑛紗」  カ〜ル、ルイス
    7.「一ノ瀬美空」  平岡咲

    TYPE-B編集

    CD[25]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「好きというのはロックだぜ!」秋元康野村陽一郎野村陽一郎
    2.「Under’s Love」秋元康amazutiamazuti
    3.「ジャンピングジョーカーフラッシュ」秋元康KubotyKuboty
    4.「好きというのはロックだぜ! ~off vocal ver.~」 野村陽一郎野村陽一郎
    5.「Under’s Love ~off vocal ver.~」 amazutiamazuti
    6.「ジャンピングジョーカーフラッシュ ~off vocal ver.~」 KubotyKuboty
    合計時間:
    Blu-ray[25]
    #タイトル作詞作曲・編曲監督
    1.「ファンタスティック3色パン@マリンメッセ福岡(2021.8.22)」   
    2.「ざぶんざざぶん@マリンメッセ福岡(2021.8.21)」   
    3.「Threefold choice@大阪城ホール(2021.7.14)」   
    4.「友情ピアス@マリンメッセ福岡(2021.8.22)」   
    5.「言霊砲@日本ガイシホール(2021.8.15)」   
    6.「井上和」  林希
    7.「岡本姫奈」  高野寛地

    TYPE-C編集

    CD[26]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「好きというのはロックだぜ!」秋元康野村陽一郎野村陽一郎
    2.「Under’s Love」秋元康amazutiamazuti
    3.「バンドエイド剥がすような別れ方」秋元康A-NOTE、S-TONEA-NOTE、S-TONE
    4.「好きというのはロックだぜ! ~off vocal ver.~」 野村陽一郎野村陽一郎
    5.「Under’s Love ~off vocal ver.~」 amazutiamazuti
    6.「バンドエイド剥がすような別れ方 ~off vocal ver.~」 A-NOTE、S-TONEA-NOTE、S-TONE
    合計時間:
    Blu-ray[26]
    #タイトル作詞作曲・編曲監督
    1.「~Do my best~じゃ意味はない@セキスイハイムスーパーアリーナ(2021.7.17)」   
    2.「My rule@日本ガイシホール(2021.8.14)」   
    3.「錆びたコンパス@日本ガイシホール(2021.8.15)」   
    4.「日常@マリンメッセ福岡(2021.8.21)」   
    5.「小川彩」  岡田あかり
    6.「奥田いろは」  藤野大作
    7.「川﨑桜」  松尾優貴子

    TYPE-D編集

    CD[27]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「好きというのはロックだぜ!」秋元康野村陽一郎野村陽一郎
    2.「Under’s Love」秋元康amazutiamazuti
    3.「パッションフルーツの食べ方」秋元康杉山勝彦岡嶋かなた杉山勝彦
    4.「好きというのはロックだぜ! ~off vocal ver.~」 野村陽一郎野村陽一郎
    5.「Under’s Love ~off vocal ver.~」 amazutiamazuti
    6.「パッションフルーツの食べ方 ~off vocal ver.~」 杉山勝彦、岡嶋かなた杉山勝彦
    合計時間:
    Blu-ray[27]
    #タイトル作詞作曲・編曲監督
    1.「全部 夢のまま@マリンメッセ福岡(2021.8.21)」   
    2.「ありがちな恋愛@日本ガイシホール(2021.8.15)」   
    3.「ジコチューで行こう!@大阪城ホール(2021.7.14)」   
    4.「ごめんねFingers crossed@日本ガイシホール(2021.8.14)」   
    5.「菅原咲月」  月田茂
    6.「冨里奈央」  濵田未乘
    7.「中西アルノ」  佐藤竜憲

    通常盤編集

    CD[28]
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「好きというのはロックだぜ!」秋元康野村陽一郎野村陽一郎
    2.「Under’s Love」秋元康amazutiamazuti
    3.「夢を見る筋肉」秋元康月光テツヤあらケン
    4.「好きというのはロックだぜ! ~off vocal ver.~」 野村陽一郎野村陽一郎
    5.「Under’s Love ~off vocal ver.~」 amazutiamazuti
    6.「夢を見る筋肉 ~off vocal ver.~」 月光テツヤあらケン
    合計時間:

    Special Edition編集

    配信限定
    全作詞: 秋元康。
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「好きというのはロックだぜ!」秋元康野村陽一郎野村陽一郎
    2.「Under’s Love」秋元康amazutiamazuti
    3.「僕が手を叩く方へ」秋元康藤谷一郎藤谷一郎
    4.「ジャンピングジョーカーフラッシュ」秋元康KubotyKuboty
    5.「バンドエイド剥がすような別れ方」秋元康A-NOTE、S-TONEA-NOTE、S-TONE
    6.「パッションフルーツの食べ方」秋元康杉山勝彦、岡嶋かなた杉山勝彦
    7.「夢を見る筋肉」秋元康月光テツヤあらケン
    合計時間:

    選抜メンバー編集

    好きというのはロックだぜ!編集

    (センター:賀喜遥香[29]

    賀喜遥香が28thシングル「君に叱られた」以来、2作ぶり2度目のセンターを務める。選抜メンバーは前作より1人多い19人で、福神は前作より1人多い11人(十一福神)であり、25thシングル「しあわせの保護色」以来である[30]。前作の選抜メンバーからは、活動休止中の早川聖来[31]と前作のセンターを務めた5期生の中西アルノを除く全メンバーが今作でも選抜入りしている[30]。4期生の金川紗耶と弓木奈於が初の選抜入りとなったほか、佐藤楓は23rdシングル「Sing Out!」以来7作ぶりの選抜復帰となった。弓木は坂道研修生を経て2020年2月に加入した新4期生から初の選抜入りとなった[32]。田村真佑は初福神、岩本蓮加は21stシングル「ジコチューで行こう!」以来9作ぶりの福神復帰となった[30]。今作をもってグループを卒業する樋口日奈[33]は最後のCDシングルの選抜となった[29]

    Under's Love編集

    (センター:和田まあや[8]

    アンダーメンバーによる楽曲[8]。今作の活動をもってグループを卒業する和田まあやがセンターを務める[8]

    バンドエイド剥がすような別れ方編集

    (センター:菅原咲月)[8]

    • 五百城茉央、池田瑛紗、一ノ瀬美空、井上和、岡本姫奈、小川彩、奥田いろは、川﨑桜、菅原咲月、冨里奈央、中西アルノ

    5期生による楽曲[8]

    僕が手を叩く方へ編集

    (センター:久保史緒里)[34]

    • 伊藤理々杏、岩本蓮加、梅澤美波、久保史緒里、阪口珠美、佐藤楓、中村麗乃、向井葉月、山下美月、吉田綾乃クリスティー、与田祐希

    3期生による楽曲[35]

    ジャンピングジョーカーフラッシュ編集

    (センター:筒井あやめ)[36]

    • 遠藤さくら、賀喜遥香、掛橋沙耶香、金川紗耶、北川悠理、黒見明香、佐藤璃果、柴田柚菜、清宮レイ、田村真佑、筒井あやめ、林瑠奈、松尾美佑、矢久保美緒、弓木奈於

    活動休止中の早川聖来[31]を除く4期生による楽曲[35]

    パッションフルーツの食べ方編集

    • 梅澤美波、遠藤さくら、久保史緒里、与田祐希[37]

    夢を見る筋肉編集

    (ユニット名:乃木坂軽音部)[38]

    • 伊藤理々杏(ボーカル)、林瑠奈(ボーカル)、松尾美佑(ドラムス)、向井葉月(ギター)、矢久保美緒(ベース)、和田まあや(サポートメンバー(from 乃木團)、キーボード)[39]

    脚注編集

    [脚注の使い方]

    注釈編集

    出典編集

    1. ^ “9月度GD認定~Snow Manのアルバム「Snow Labo. S2」が今年初のミリオン認定に!” (プレスリリース), 日本レコード協会, (2022年10月7日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000462.000010908.html 2022年10月13日閲覧。 
    2. ^ オリコン週間シングルランキング 2022年09月12日付”. oricon ME. 2022年9月7日閲覧。
    3. ^ オリコン週間合算シングルランキング 2022年09月12日付”. oricon ME. 2022年9月9日閲覧。
    4. ^ Billboard Japan Top Singles Sales 2022/09/07 公開”. Billboard JAPAN. 2022年9月7日閲覧。
    5. ^ Billboard Japan Hot 100 2022/09/07 公開”. Billboard JAPAN. 2022年9月7日閲覧。
    6. ^ a b c 乃木坂46 30thシングル「好きというのはロックだぜ!」 発売決定!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46合同会社 (2022年7月11日). 2022年7月19日閲覧。
    7. ^ “乃木坂46賀喜遥香、30枚目シングルセンターへ決意「大好きなメンバーのためならどこまでも頑張れる」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年7月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2242671/full/ 2022年7月19日閲覧。 
    8. ^ a b c d e f 乃木坂46、ツアー初日に新曲「好きというのはロックだぜ!」初披露 アンダー、5期生新曲も”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年7月19日). 2022年7月20日閲覧。
    9. ^ “乃木坂46 30thシングル「好きというのはロックだぜ!」フルオンエア解禁!センターをつとめる賀喜遥香が生出演!『乃木坂LOCKS!』” (プレスリリース), エフエム東京, (2022年7月27日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002793.000004829.html 2022年8月4日閲覧。 
    10. ^ "30thシングル「好きというのはロックだぜ!」発売記念「30日連続 30解禁祭りだぜ!」スタート!". 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC. 1 August 2022. 2022年9月7日閲覧
    11. ^ a b c d e “この夏休みに何をする?乃木坂46「好きというのはロックだぜ!」MVコンセプトは“脳内プレゼン””. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2022年8月4日). https://natalie.mu/music/news/488168 2022年8月4日閲覧。 
    12. ^ "【解禁祭りだぜ!7/30】30thシングル「好きというのはロックだぜ!」特典映像第1弾 発表!". 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC. 7 August 2022. 2022年9月7日閲覧
    13. ^ 乃木坂46 2022a乃木坂46 2022b乃木坂46 2022c乃木坂46 2022d乃木坂46 2022e
    14. ^ 【遂に完成!】30thシングル「好きというのはロックだぜ!」ジャケット!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2022年7月27日). 2022年7月27日閲覧。
    15. ^ a b c “乃木坂46アンダーメンバー「Under's love」MV公開、和田まあや以外のメンバーがバンパイアに”. 音楽ナタリー (ナターシャ). https://natalie.mu/music/news/488545 2022年8月6日閲覧。 
    16. ^ “乃木坂46、3期生楽曲「僕が手を叩く方へ」MV公開 センター久保史緒里が演出家役に”. Real Sound (株式会社blueprint). (2022年8月19日). https://realsound.jp/2022/08/post-1107094.html 2022年9月2日閲覧。 
    17. ^ “乃木坂46、筒井あやめが初センター務める「ジャンピングジョーカーフラッシュ」MV公開 4期生が泡まみれに”. Real Sound (株式会社blueprint). (2022年8月16日). https://realsound.jp/2022/08/post-1103716.html 2022年9月2日閲覧。 
    18. ^ “乃木坂46、5期生曲「バンドエイド剥がすような別れ方」MV公開 進学校を舞台にクラスメイト同士の交流描く”. Real Sound (株式会社blueprint). (2022年8月12日). https://realsound.jp/2022/08/post-1101225.html 2022年9月2日閲覧。 
    19. ^ "乃木坂46「好きというのはロックだぜ!」、初日売上43.5万枚で「デイリーシングル」1位【オリコンランキング】". ORICON NEWS. 31 August 2022. 2022年9月8日閲覧
    20. ^ "乃木坂46「好きというのはロックだぜ!」が「シングル」初登場1位、女性アーティストの初週50万枚超えは今年度初【オリコンランキング】". ORICON NEWS. 6 September 2022. 2022年9月8日閲覧
    21. ^ "乃木坂46新曲「好きというのはロックだぜ!」が初週57.5万枚 前作から10万枚以上アップ". nikkansports.com. 31 August 2022. 2022年9月8日閲覧
    22. ^ "【先ヨミ速報】乃木坂46『好きというのはロックだぜ!』ハーフミリオン突破 フラゲ日での達成は2作ぶり". Billboard JAPAN. 31 August 2022. 2022年9月8日閲覧
    23. ^ "【ビルボード】乃木坂46『好きというのはロックだぜ!』初週72万枚でシングル・セールス首位、TXTハーフミリオン突破". Billboard JAPAN. 5 September 2022. 2022年9月8日閲覧
    24. ^ a b 乃木坂46 2022a
    25. ^ a b 乃木坂46 2022b
    26. ^ a b 乃木坂46 2022c
    27. ^ a b 乃木坂46 2022d
    28. ^ 乃木坂46 2022e
    29. ^ a b 乃木坂新曲センターは賀喜遥香 1年ぶり2作目、複数回センターはグループ史上6人目”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS (2022年7月18日). 2022年7月18日閲覧。
    30. ^ a b c 乃木坂46#楽曲の選抜・福神を参照。
    31. ^ a b 乃木坂46早川聖来、体調不良で芸能活動休止「療養に専念」 全国ツアー全公演休演”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年7月10日). 2022年7月11日閲覧。
    32. ^ 乃木坂46弓木奈於が初の選抜入り「人よりできない分いっぱい頑張って」新4期生から初”. nikkansports.com. Nikkan Sports News (2022年7月18日). 2022年7月21日閲覧。
    33. ^ 乃木坂46樋口日奈&和田まあや、卒業を発表 残る1期生は2人に”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年7月18日). 2022年7月20日閲覧。
    34. ^ 乃木坂46「僕が手を叩く方へ」MVは久保史緒里が演出、クラップシーンに注目”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2022年8月19日). 2022年8月31日閲覧。
    35. ^ a b 賀喜遥香がセンター・乃木坂46 30thシングル『好きというのはロックだぜ!』の詳細が発表”. マイナビニュース. 2022年8月4日閲覧。
    36. ^ 乃木坂46・4期生が泡まみれに、筒井あやめ初センター曲MV”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2022年8月16日). 2022年8月31日閲覧。
    37. ^ ユニット楽曲「パッションフルーツの食べ方」発表&本日「SCHOOL OF LOCK!」にて初OA決定!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46合同会社 (2022年8月18日). 2022年9月1日閲覧。
    38. ^ 【解禁祭りだぜ!20/30】バンド楽曲「夢を見る筋肉」発表&“乃木坂軽音部”トレーラー動画 公開!” (日本語). 乃木坂46公式サイト. 2022年9月19日閲覧。
    39. ^ バンド楽曲「夢を見る筋肉」発表&“乃木坂軽音部”トレーラー動画 公開!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46合同会社 (2022年8月20日). 2022年9月1日閲覧。

    参考文献編集

    • 乃木坂46 『好きというのはロックだぜ!』 Type-A、Sony Music Records、2022年8月31日。SRCL-12210/1。 
    • 乃木坂46 『好きというのはロックだぜ!』 Type-B、Sony Music Records、2022年8月31日。SRCL-12212/3。 
    • 乃木坂46 『好きというのはロックだぜ!』 Type-C、Sony Music Records、2022年8月31日。SRCL-12214/5。 
    • 乃木坂46 『好きというのはロックだぜ!』 Type-D、Sony Music Records、2022年8月31日。SRCL-12216/7。 
    • 乃木坂46 『好きというのはロックだぜ!』 通常盤、Sony Music Records、2022年8月31日。SRCL-12218。 

    外部リンク編集