メインメニューを開く

好きにならずにいられない」(Can't Help Falling In Love )は、エルヴィス・プレスリー1961年に制作・発表したシングル。全米1位は獲得できなかったが、プレスリーの代表的なバラードの一つとして知られ、後年、コリー・ハートUB40等のアーティストによるカヴァーでもヒットしたスタンダード・ナンバー

好きにならずにいられない
エルヴィス・プレスリーシングル
初出アルバム『ブルー・ハワイ』
A面 好きにならずにいられない
B面 ロカ・フラ・ベイビー
リリース
規格 シングル
録音 1961年3月23日
ジャンル ポップブルー・アイド・ソウル
時間
レーベル RCAレコード
作詞・作曲 ジョージ・デヴィッド・ワイス、ヒューゴ・ペレッティ、ルイージ・クレイトアー
チャート最高順位
  • 2位(US)
  • 1位(UK)
エルヴィス・プレスリー シングル 年表
マリーは恋人
(1961年)
好きにならずにいられない
(1961年)
グッド・ラック・チャーム
(1962年)
ミュージックビデオ
「Can't Help Falling In Love」 - YouTube
テンプレートを表示

目次

概要編集

18世紀フランスで生み出された楽曲「愛の喜び (Plaisir d'Amour)」のメロディを元に作曲された[1]。ソングライター・チームの一人ジョージ・デヴィッド・ワイスは、後にルイ・アームストロングの「この素晴らしき世界」をジョージ・ダグラスと共作したことでも知られる。

ビルボード」誌のTOP100では2位止まりだったが、同誌のイージーリスニング・チャートでは1位を獲得。イギリスでは4週に渡って1位となった。2004年に『ローリング・ストーン(Rolling Stone)』誌が選んだ「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500」では394位となった。

プレスリーの主演映画『ブルー・ハワイ』(監督:ノーマン・タウログ)で使用され、同作のサウンドトラック・アルバムにも収録。1970年代のプレスリーのステージで、クロージング・ナンバーとして歌われることが多かった[1]

また、Jリーグではアルビレックス新潟のサポーターが選手入場の際にこの曲を合唱するのが伝統となっている[2]

カヴァー編集

シングル・ヒットしたカヴァー編集

その他編集

脚注編集

  1. ^ a b 『ELVIS 30 #1 Hits』ライナーノーツ(Peter Guralnick、日本語訳:丸山京子)
  2. ^ アルビレックス新潟を応援の仕方を知ろう!観戦を楽しむ5つのポイントとは? SPAIA [スパイア] 2016年10月4日
  3. ^ コンピレーション・アルバム『ナンバーワン90s ORICON ヒッツ』の裏ジャケットナンバーワン 70s 80s 90s オリコン・ヒッツも参照。
  4. ^ IMDb
  5. ^ ホンダ公式サイトCM情報