メインメニューを開く

妖怪百姫たん!』(ようかいひゃっきたん)は、マイネットグループのマイネットゲームスより配信されているソーシャルゲーム。ジャンルは妖怪憑依RPG2014年11月11日iOS版、同年12月10日Android版がサービス開始された。基本プレイ無料(アイテム課金制)。配信当初はKADOKAWAの運営であったが、2016年9月26日にマイネットゲームスへと運営が移行された。

妖怪百姫たん!
ジャンル RPG
対応機種 iOS
Android
開発元 エンターブレイン
運営元 マイネットゲームス
人数 1人(オンライン専用)
運営開始日 2014年11月11日(iOS版)
2014年12月10日(Android版)
テンプレートを表示

概要編集

ストーリー編集

あらゆるものに妖怪が宿る世界。だが、「利器土(リキッド)」なる機械軍団が妖怪を滅ぼすべく侵略を始めた。 あるとき、少年は猫又と出会い、「あるじ」として妖怪たちを救う旅に出た。

ゲームシステム編集

戦闘編集

本作のユニットにあたる妖怪たちは、それぞれ攻撃ゲージと憑依ゲージ、妖術ゲージが設定されている。

攻撃ゲージ
満タンになると、妖怪が敵に猛攻することができる。
憑依ゲージ
瀕死状態になると満タンになり、他の妖怪を憑依させて合体させることができる。
妖術ゲージ
妖術を使うためのゲージで、満タンになると妖術を発動させることができ、妖術を発動させると短時間の間に連続攻撃を行うことができる。

育成編集

本作は、妖怪に他の妖怪を合魂(吸収)させて育成するという方式をとっており、成長するごとにレアリティも上がる。 戦闘で手に入れた素材は鱗・羽・人形・毛・甲の5種類あり、これらを配合することで新たに妖怪を召喚することができるほか、プレイヤーの本拠地であるお屋敷内の施設の強化にも役立つ。 また、これらの素材とは別に霊玉というアイテムも存在し、妖怪の召喚や戦闘のコンティニュー、屋敷の強化にも利用できる。

期間限定イベント編集

「妖怪百姫たん!」×「のんのんびより りぴーと」
2015年9月に開催。『のんのんびより りぴーと』の登場人物たちが本作の世界に迷い込むというストーリーになっている[1]
2016年3月に復刻開催[2]
2017年11月に開催。最初と復刻のコラボとは異なる新規ストーリー[3]。続編といっていいが知らなくても問題ない。
「妖怪百姫たん!」×「ハッカドール
2015年11月に開催[4]
2016年3月に復刻開催[2]
2017年7月に復刻開催[5]
「妖怪百姫たん!」×「おしえて! ギャル子ちゃん
2016年7月に開催[6]
「妖怪百姫たん!」×「怪フォーラム2016inとっとり」
2016年9月に開催[7]
「妖怪百姫たん!」×「三国インフィニティ」
2016年9月に開催[8]
「妖怪百姫たん!」×「神姫覚醒メルティメイデン」
2016年10月に開催[9]
「妖怪百姫たん!」×「ドラゴンジェネシス -聖戦の絆-」
2016年10月に開催[10]
「妖怪百姫たん!」×「三国志乱舞」
2016年11月に開催[11]
「妖怪百姫たん!」×「妖怪道中記
2017年1月に開催[12]
「妖怪百姫たん!」×「感染×少女」
2017年5月に開催[13]
「妖怪百姫たん!」×「源平討魔伝
2017年6月に開催[14]
「妖怪百姫たん!」×「ディスガイア D2
2017年8月に開催[15]

開発編集

本作のプロデューサーは小菅量平が務めた。

マイネットゲームスへの運営移行編集

2016年9月26日、本作の運営元がKADOKAWAからマイネットゲームスへと移行された[16]。 引継ぎにあたり、移行期間中はKADOKAWAエンターブレインとマイネットが共同で作業した[16]

運営移行後、マイネットゲームスはユーザーがより遊びすくするための改善を施したほか、既存の妖怪を主役に据えた「妖怪百姫譚」という期間限定イベントを実施した[17]。 マイネットゲームスは既存の妖怪のキャラクター性の掘り下げを重視し、新しい妖怪はストーリーの展開を考慮したうえで事前にシナリオライターと相談してから登場させる方針をとった[17]。 キャラクターデザインはKADOKAWA運営時から参加しているデザイナーが継続して担当した[17]

メディアミックス編集

漫画編集

妖怪百姫たん! 〜ゆけむり異聞録〜
ファミ通コミッククリアより2015年1月29日より連載。作画は海産物とよだたつき

CD編集

妖怪百姫たん! 百姫音盤〜イメージソング&サウンドトラック〜
ティームエンタテインメントより2015年2月25日に発売。音楽はPolyphonicBranchが担当。

小説編集

妖怪百姫たん! 〜帝都騒乱編〜
ファミ通文庫より2015年3月30日に発売。著者は櫂末高彰、挿絵はom

反響編集

本作のキャラクターデザインは好意的に受け入れられ、特にナビゲーションキャラクターである「猫又」に人気が集まった[17]

脚注編集

  1. ^ 「妖怪百姫たん!」,「のんのんびより りぴーと」とのコラボを9月に実施”. 4Gamer.net. KADOKAWA (2015年8月27日). 2016年1月8日閲覧。
  2. ^ a b 「妖怪百姫たん!」,「のんのんびより りぴーと」&「ハッカドール」コラボを再び開催”. 4Gamer.net. KADOKAWA (2015年11月12日). 2017年5月26日閲覧。
  3. ^ 「妖怪百姫たん!」,TVアニメ「のんのんびより りぴーと」とのコラボイベントを開催”. 4Gamer.net. マイネット (2016年11月17日). 2017年12月16日閲覧。
  4. ^ 「妖怪百姫たん!」と「ハッカドール」のコラボイベントが11月13日に開催”. 4Gamer.net. KADOKAWA (2016年10月11日). 2017年5月26日閲覧。
  5. ^ 「妖怪百姫たん!」,“ハッカドール”コラボが復刻開催”. 4Gamer.net. マイネット (2016年7月19日). 2017年12月16日閲覧。
  6. ^ 「妖怪百姫たん!」,TVアニメ「おしえて!ギャル子ちゃん」とのコラボイベントを実施”. 4Gamer.net. KADOKAWA (2016年7月14日). 2017年5月26日閲覧。
  7. ^ 「妖怪百姫たん!」,「怪フォーラム2016inとっとり」とのコラボキャンペーンを実施”. 4Gamer.net. KADOKAWA (2016年9月5日). 2017年5月26日閲覧。
  8. ^ 「妖怪百姫たん!」,「三国インフィニティ」とのコラボイベントを開催”. 4Gamer.net. KADOKAWA (2016年9月19日). 2017年5月26日閲覧。
  9. ^ 「妖怪百姫たん!」,神姫覚醒メルティメイデンとのコラボイベントを開催”. 4Gamer.net. KADOKAWA (2016年10月11日). 2017年5月26日閲覧。
  10. ^ 「妖怪百姫たん」が「ドラゴンジェネシス」とコラボ。「九尾の狐」が手に入る期間限定奇譚を開催”. 4Gamer.net. マイネット (2016年10月31日). 2017年5月26日閲覧。
  11. ^ 「妖怪百姫たん!」,人気アプリ「三国志乱舞」とのコラボイベントを開催”. 4Gamer.net. マイネット (2016年11月8日). 2017年5月26日閲覧。
  12. ^ 「妖怪百姫たん!」×「妖怪道中記」コラボで“ドット絵・猫又”が配布中”. 4Gamer.net. マイネット (2017年1月3日). 2017年5月26日閲覧。
  13. ^ 「妖怪百姫たん!」で「感染×少女」とのコラボが開催”. 4Gamer.net. マイネット (2017年5月18日). 2017年5月26日閲覧。
  14. ^ 「妖怪百姫たん!」で「源平討魔伝」コラボを開催”. 4Gamer.net. マイネット (2017年6月23日). 2017年12月16日閲覧。
  15. ^ 「妖怪百姫たん!」が「ディスガイアD2」とのコラボを8月22日より実施”. 4Gamer.net. マイネット (2017年8月18日). 2017年12月16日閲覧。
  16. ^ a b KADOKAWA社からの移管。「マイネットグループ流、運営移管」とは?「妖怪百姫たん!」インタビュー♯1”. アプリゲット (2017年8月1日). 2018年3月3日閲覧。
  17. ^ a b c d 既存のキャラクターをもっと光らせる事がまず第一。現ユーザーを喜ばせてこそ、新たな盛り上がりが見えてくる。「妖怪百姫たん!」インタビュー♯2”. アプリゲット (2017年8月2日). 2018年3月3日閲覧。

外部リンク編集