妙義神社(みょうぎじんじゃ)は、群馬県富岡市にある神社である。旧社格は県社。

妙義神社
拝殿・幣殿・本殿
本殿・幣殿・拝殿
所在地 群馬県富岡市妙義町妙義6番地
位置 北緯36度18分1.79秒
東経138度45分44.62秒
主祭神 日本武尊
豊受大神
菅原道真公
権大納言長親卿
社格 県社
創建 宣化天皇2年(537年
本殿の様式 権現造
テンプレートを表示

概要編集

上毛三山の一つである妙義山の東麓に鎮座し、妙義山信仰の中心となっている神社である。江戸時代は関東平野の北西に位置し、江戸の乾(戌亥)天門の鎮めとして、家運永久子孫繁昌を願って歴代の徳川将軍家に深く信仰された。

近年は、たびたび大河ドラマロケ地として使用されている。総門をくぐると銅鳥居で、その先に165段の石段があるが、ここは、2005年の「義経」で、牛若丸が修行する鞍馬寺という設定でロケ地になった。また、2009年の「天地人」においても、雲洞庵のシーン撮影は、当社で行われた。

2007年の台風による土砂崩れで一部被害が出たために修復が必要となったため、本殿に繋がる階段以降は立ち入り禁止となった際は、波己曽社殿を仮殿と定めていた。復旧工事は2013年12月に完了し、本殿も5年ぶりに一般公開された。

歴史編集

創建は、宣化天皇2年(537年)と伝わる。

神仏集合時代、妙義神社には別当(神社を管理する寺)として上野寛永寺の末寺である白雲山高顕院石塔寺があった。現在の妙義神社の総門は、明治の初めに廃寺となった石塔寺の仁王門である。白雲山石塔寺の仁王門だったため、妙義神社の総門となった現在も左右に仁王像が祀られている[1]

現在の社殿は、宝暦年間(1751年 - 1764年)の大改修によるものである。古くは波己曽(はこそ)神社といい、『日本三代実録』に記載がある。

文化財編集

重要文化財

  • 本殿・幣殿・拝殿(合わせて1棟、権現造
    • 附:神饌所、透塀、棟札、銘札、旧屋根銅瓦
  • 唐門
  • 総門(旧白雲山石塔寺の仁王門)
  • 紙本著色地蔵菩薩霊験記(東京国立博物館に寄託)

群馬県指定重要文化財

  • 随神門・袖廻廊・銅鳥居・石垣
  • 波己曽社殿(旧本殿及び旧神楽殿)

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 妙義神社総門(旧白雲山石塔寺仁王門)”. ニッポン旅マガジン. 2020年8月2日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集