妙高高原町

日本の新潟県中頸城郡にあった町

妙高高原町(みょうこうこうげんまち)は、かつて新潟県中頸城郡におかれていた。町域の南側は長野県に接し、温泉、スキーを中心とした観光で知られていた。2005年4月1日妙高村とともに新井市へ編入合併・改称し、妙高市となった。

みょうこうこうげんまち
妙高高原町
Flag of Myokokogen Niigata.png Myokokogen Niigata chapter.gif
町旗 町章
廃止日 2005年4月1日
廃止理由 編入合併
妙高高原町妙高村新井市
現在の自治体 妙高市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
北信越地方上信越地方
広域関東圏
都道府県 新潟県
中頸城郡
団体コード 15545-4
面積 128.57km2
総人口 6,685
(2000年10月1日)
隣接自治体 糸魚川市妙高村
長野市信濃町小谷村
町の木 シラカバ[1]
町の花 レンゲツツジ[1]
町の鳥 カッコウ[1]
妙高高原町役場
所在地 949-2192
新潟県中頸城郡妙高高原町大字関川6番地1[1]
妙高高原町の位置
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

地理編集

隣接していた自治体編集

歴史編集

沿革編集

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い中頸城郡妙高村・関川村・境村・杉野沢村が成立。
  • 1901年(明治34年)8月28日 - 妙高村(2005年に消滅した妙高村とは別)・関川村(岩船郡に現在もある関川村とは別)・境村の一部が合併して名香山村となる。境村の残部は他村と合併して関山村(のちの妙高村)を新設。
  • 1955年(昭和30年)4月10日 - 名香山村が改称して妙高々原村となる。
  • 1956年(昭和31年)9月30日、中頸城郡妙高々原村及び杉野沢村が合併して妙高々原町として誕生する。
  • 1969年(昭和44年)10月1日 - 妙高高原町に改称。
  • 2005年(平成17年)4月1日 - 妙高村とともに新井市へ編入され消滅,即時改称して妙高市となる。

行政編集

  • 町長:岡山紘一郎(1996年4月29日 - 2005年3月31日)

産業編集

観光業が有名であり、農業も盛ん。中央電気工業の本社や住友電工ウインテックの工場(旧第一電工)があるなど、工業の町としての側面ももつ。

姉妹都市・提携都市編集

交通編集

鉄道路線編集

道路編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

行政
観光