姉小路基綱
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 嘉吉元年(1441年
死没 永正元年4月23日1504年6月5日
別名 古川基綱
戒名 常心
官位 飛騨国司従二位権中納言
氏族 姉小路家飛騨古川氏
父母 父:姉小路昌家
兄弟 基綱宗如蓮如第4夫人)
済継済子、娘(小島時秀室)
テンプレートを表示

姉小路 基綱(あねがこうじ もとつな)は、室町時代後期から戦国時代にかけての公卿大名歌人参議姉小路昌家の子。飛騨国司姉小路家飛騨古川氏)当主。

生涯編集

嘉吉元年(1441年)、参議・姉小路昌家の子として誕生。

侍従左近衛少/中将等を経て、文明9年(1477年)に従三位に叙せられて公卿に列す。その後、文明12年(1480年)参議、文明16年(1484年正三位明応3年(1494年従二位に叙任されている。

当時、飛騨の姉小路家は三家に分裂し、古川家の基綱の他に、小島家の小島勝言と向小島家の向之綱という事実上3人の当主がいた。応永18年(1411年)の飛騨の乱の後、小島家が宗家当主として、古川家と向家に対して優位な立場にあった。だが、小島家の勝言の死後、古川家の基綱が小島家を圧倒し、宗家の地位を奪い、飛騨国司を名乗った。また、基綱は勝言の子・時秀が成長すると娘を嫁がせ、姉小路家を統制した。

明応8年(1499年)12月、基綱は飛騨の知行が不安定であることを見て、後柏原天皇に奏上したうえで、古川城へと帰還した。 そして、大名として当時木曽谷に勢力を張っていた木曽義元と度々争った。

文亀4年(1504年)、家臣の三木重頼を使い木曽谷へ侵攻、長きに渡る抗争の果てに王滝城にて木曽義元を討ち、同年閏3月には小一条流としては平安時代中期の藤原通任以来約470年ぶりとなる権中納言に昇進しているが、4月23日に古川城で薨去享年64。最終官位は権中納言従二位。法名は常心。

歌人として編集

和歌で才能を発揮し、度々宮中の歌会に参加。公家歌人として、将軍・足利義政に重用された。寛正6年(1465年)に勅撰集が企画された際には、二十代の若さで和歌所寄人に召されたが、応仁の乱のため撰集は実現に至らなかった。文明15年(1483年)の足利義尚の和歌打聞には公家方手伝衆を勤めるなどしたため、京では歌人としての名は高かったと推測される。三条西実隆にも先輩歌人として親交が深かった。後土御門天皇の歌壇の中心的存在でもあった。また、明応4年(1495年)には新撰菟玖波集を清書するなど、書家としても知られた。家集『卑懐集』『卑懐集之外』『飛州黄門百首集』などがある。

官歴編集

注記のないものは『公卿補任』による。

系譜編集

系図纂要』による。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『諸家伝』
  2. ^ 松薗斉『中世禁裏女房の研究』(思文閣出版、2018年) P265-266・278-279.