メインメニューを開く

姉小路 忠方(あねがこうじ ただかた)は、鎌倉時代中期の公卿権大納言姉小路顕朝の長男。官位正三位権中納言

 
姉小路忠方
時代 鎌倉時代中期
生誕 仁治2年(1241年
死没 弘安5年12月19日1283年1月19日
官位 正三位権中納言
主君 後嵯峨上皇
氏族 姉小路家(勧修寺流)
父母 父:姉小路顕朝、母:二条定高
兄弟 忠方長雅顕兼、朝俊、
久我通基正室、源資平室、中院通頼室 、藤原長顕室、堀川高定室、四条隆行
憲忠、藤原隆顕室、葉室頼親
養子:忠顕
テンプレートを表示

経歴編集

父・顕朝が後嵯峨上皇の腹心であった事から、正嘉2(1258年)18歳で右少弁となり、父の死後である文永5年(1268年)には参議に昇って後嵯峨上皇の伝奏を務める。文永7年(1270年)正三位・権中納言に昇進するが、翌文永8年(1271年)同じ正三位・権中納言ながら宮中の序列が下位の中御門経任従二位に叙せられた事で忠方は昇進面で先を越されてしまう。忠方は経任とは不仲であった上に、後嵯峨上皇が父・顕朝亡き後の一番の腹心に顕朝の遺児である自分ではなく経任を指名したと考えて、忠方は憤慨して知行国甲斐国)を返上して権中納言の官職を辞してしまう。これによって暗に後嵯峨上皇の翻意を促そうしたものであると考えられているが、逆にその逆鱗に触れて宮中を追われてしまう形となった。

忠方は失意のうちに姉小路家伝来の文書を焼き捨てて(公家社会では事実上の家名の断絶を意味する)出家し、42歳の若さで病死した。これによって姉小路家(勧修寺流)は断絶した。

系譜編集