姚 光(よう こう、? - 121年)は、後漢玄菟太守[1]

人物編集

後漢の光武帝建武8年(32年)、高句麗大武神王は、使者を派遣して後漢に朝貢し、その時、はじめて王と称した。殤帝安帝の時代(105年から125年)になると、高句麗の太祖大王は、たびたび遼東に侵攻したため、後漢はあらためて高句麗を玄菟郡に属させた[1]遼東太守の蔡風と玄菟太守の姚光は、太祖大王が遼東と玄菟の二郡に対して害をなすため、軍隊を派遣して討伐しようとした。しかし太祖大王は偽って降伏し、和議を要請したため、二郡は進軍しなかった[1]。それに対して太祖大王は、軍を派遣して玄菟を攻撃させ、候城を焼き、遼隧(現在の遼寧省鞍山市海城市)に侵入し、役人や民を殺し、遼東を侵犯した[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d 田中俊明 『『魏志』東夷伝訳註初稿(1)』国立歴史民俗博物館〈国立歴史民俗博物館研究報告 151〉、2009年3月31日、385頁。