姫くり(ひめくり)は、かつて活動していた日本お笑いコンビ。所属していた事務所はソニー・ミュージックアーティスツ(SMA NEET Project)。それ以前は『株式会社 花』所属だった。

姫くり
HIMEKURI
Himekuri (combi) 2017-04-29.jpg
左から、ゆず、なみえ(2017年4月)
メンバー なみえ(杉本奈未絵)
ゆず(小峰優子)
結成年 2007年4月
2015年2月
解散年 2013年2月
2017年7月
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA NEET Project)
活動時期 2007年4月 - 2013年2月
2015年2月 - 2017年7月26日
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

メンバー編集

  • 2人共、女優としての活動も多かった。

来歴編集

なみえは高校3年生在学中の1997年にオフィス★怪人社に所属、同社公演の舞台に多く出演、主役も多く務めていたこともあった。この他、椿組・方南ぐみ・X-QUEST等の公演にも出演したことがある。

ゆずも、後に『怪人社』のワークショップに研究生として入り、当時『ちむりん』だったなみえとは先輩・後輩同士となり、お互いに知り合いとなる。その後2007年4月にコンビ結成。

姫くりが主催・MCを務めるライブ『ダイキチ☆ライブ』を、2011年4月(第1回:2011年4月18日)から行っていた。

2013年2月28日を以って、ゆずが姫くりを脱退し、同時に株式会社花を退社したことを発表[16][17]。今後はなみえは「姫くりなみえ」、ゆずもピン芸人でそれぞれ活動していくとしている。そして、ゆずは2013年3月17日ニコニコ動画生放送『女優とホストとオタクが何か楽しい事をする放送(仮)』の中で、新しい自分の芸名を「ゆず姉」(ゆずねぇ)に決めたと発表した。この名前については“近所のお姉ちゃん感覚”で決めたとしている[18]。そしてゆず姉は、2013年7月にソニー・ミュージックアーティスツに所属が決まった[19]

解散から約2年後の2015年2月1日より姫くりを再結成して活動していくことを発表[20]。それに伴い、なみえもそれまで所属していた「株式会社 花」から、ゆず姉の所属しているソニー・ミュージックアーティスツに移籍し、合流する形となった[21]

2017年7月26日、上記の通り、ゆずの芸人活動休止により、再びコンビとしての活動休止となる。なみえは芸名を「姫くりなみえ」としてお笑いの活動を続ける[14]。その後、なみえは元メカドッグの沢原宣之が創業した「合同会社SR企画」に所属。

芸風編集

女性心理を歌とリズムに乗せて演じるネタがあり、この時は「つつつ都合いい♪おおお女です♪」「はい、めげないめげない、泣かない泣かない」などのフレーズに乗せてこれらを行う。『エンタの神様』では、このネタを行っていた[22]。初期の頃には、同じようなリズムネタで「野菜ジュース」がテーマのものがあった。

2010年当時は漫才を中心に行っていたことがあり、この時は主になみえがツッコミ、ゆずがボケというポジションとなっている。その後コントも多く行っている。ゆずがアンパンマン好きであることから、アンパンマンのパロディの紙芝居でコントを行うこともある。

「姫くりです!」のあいさつの時は、カレンダーをめくるようなイメージで、頭の前で手の平を返すというポーズをとっていた(コンビ名は「日捲り」を捩った物の為)。

出演編集

姫くりとしての出演編集

単独出演編集

なみえ編集

ゆず姉編集

姫くり結成以前の出演編集

なみえ(ちむりん)編集

テレビ

ゆず編集

テレビ

映画

舞台

  • サンモール企画『急がば回れ』
  • ミュージカル『I LOVE MONEY』
  • 帰ってきたゑびす公演『うれしひ』
  • アセチレンラブ『かなしい氷』、『dear my tears』
  • 盗難アジア公演『303』(2006年3月、レポーター「坂上ミキ」役)
  • 自主映画『真冬のメロディーラブ』(2006年6月)
  • 帰ってきたゑびす公演『ああ、まつむら』(2006年10月4日~9日)

連載編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c オフィス怪人社時代のプロフィール(なみえ)より。
  2. ^ a b c d e f #外部リンク節掲載の「姫くりなみえ profile」より。
  3. ^ 全国空手道選手権大会!”. 姫くりなみえの日めくり女道 (2012年7月2日). 2020年4月13日閲覧。
  4. ^ ご報告”. 姫くりなみえの日めくり女道 (2017年10月17日). 2020年4月13日閲覧。
  5. ^ a b c ゆず姉 小峰優子 Facebook 基本データ
  6. ^ a b c d [file:///C:/Users/maki2/AppData/Local/Microsoft/Windows/INetCache/IE/OZ3UXM51/203komineyuzu%20(1).pdf オフィス怪人社時代のプロフィール(ゆず)]より。
  7. ^ a b c ゆず姉公式プロフィールより。
  8. ^ @himekuriyuzu(2012年7月10日 twitter)などより。
  9. ^ ゆず姉twitter 自己紹介(2020年4月13日閲覧)より。
  10. ^ 芸人名鑑 ゆず姉より。
  11. ^ ゆずブログ『日々ゆず(仮)』のプロフィールページより。
  12. ^ a b ゆず姉twitterでの自己紹介より。
  13. ^ ゆずBARvol.22~おせち大作戦無事成功しました!”. 日々ゆず (2014年1月27日). 2015年2月14日閲覧。 など。
  14. ^ a b ご報告”. 姫くりゆず姉オフィシャルブログ「日々ゆず」 (2017年7月26日). 2017年7月27日閲覧。
  15. ^ ご報告”. 日々ゆず (2019年5月6日). 2020年4月13日閲覧。
  16. ^ 姫くりなみえオフィシャルブログ「日めくり女道~おんなみち~」2013年3月1日【姫くりからご報告】
  17. ^ 日々ゆず(仮)2013年2月28日「姫くりからご報告です。」
  18. ^ 日々ゆず(仮)2013年3月18日「新芸名は『ゆず姉』です!!」
  19. ^ 日々ゆず(仮)2013年7月17日「所属事務所が決まりました!」
  20. ^ ご報告”. 日々ゆず (2015年2月1日). 2015年2月14日閲覧。
  21. ^ ご報告”. 姫くりなみえの日めくり女道 (2015年2月1日). 2015年2月14日閲覧。
  22. ^ 『エンタの神様』番組公式サイト「姫くり」より。
  23. ^ 内容は「バンクーバー五輪で銀メダルを獲った妹・浅田真央とスタジオで対面し、自分の事のように喜ぶ姉・浅田舞」というものだった。
  24. ^ 2011年10月6日放送 21:00 - 23:24 フジテレビ とんねるずのみなさんのおかげでした(2/5)”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2011年10月6日). 2020年4月13日閲覧。
  25. ^ 2011年10月6日放送 21:00 - 23:24 フジテレビ とんねるずのみなさんのおかげでした(3/5)”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2011年10月6日). 2020年4月13日閲覧。

外部リンク編集