メインメニューを開く

姫山菊花賞(ひめやまきっかしょう)は、兵庫県競馬組合で施行される地方競馬重賞競走である。JBC指定競走(JBCクラシックJBCスプリント)となっている。

姫山菊花賞
開催国 日本の旗 日本
主催者 兵庫県競馬組合
競馬場 園田競馬場
創設 1961年
2018年の情報
距離 ダート1700m
格付け 重賞I
賞金 1着賞金450万円
出走条件 サラブレッド系3歳以上
南関東・東海・北陸・近畿所属
負担重量 定量
出典 [1]
テンプレートを表示

目次

概要編集

1961年に創設された当初は姫路競馬場(1700m)で、兵庫県所属のアラブ系3歳(旧4歳)馬によって行われた。兵庫県では三冠競走を「菊水賞」「楠賞全日本アラブ優駿」と「六甲盃」の3レースに指定し、この競走は三冠の残念賞的な色合いが強かったが、毎年姫路競馬の秋季開催を彩る競走として親しまれてきた。

その後、アラブ競走馬の生産の減少に伴う規模の縮小とサラブレッドの導入に伴う、兵庫県競馬の競走体系見直し(菊水賞と六甲杯がサラブレッド系競走に移行)から、2000年よりフクパーク記念とともにアラブ三冠に指定されるようになったが、更なるアラブ競走馬の減少からわずか2年でアラブ三冠が廃止された。

2002年より出走資格をサラブレッドに変更。出走条件も3歳以上に拡大し、東海地区(笠松、愛知県競馬組合=名古屋)、金沢、兵庫県競馬組合=園田、姫路の中日本地区ブロック交流戦として開催されるようになり、その年だけは姫路1500mで行われたが、2003年より園田競馬場1700mでの開催。また2005年度からジャパンブリーディングファームズカップ(JBC)の出走馬選定レースに指定され、併せて南関東地区(大井船橋浦和川崎)にも交流枠を拡大することとなった。

条件・賞金(2018年)編集

出走条件
サラブレッド系3歳以上、南関東・東海・北陸・近畿所属。他地区所属馬の出走枠は、南関東所属2頭以下、北陸・東海所属3頭以下と定められている[1]
負担重量
定量。3歳55kg(牝53kg)、4歳以上56kg(牝54kg)[1]
賞金額
1着450万円、2着126万円、3着63万円、4着45万円、5着36万円[2]

歴代優勝馬編集

施行日 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主 1着賞金
2002年10月23日 ロードバクシン 牡4 園田 R1:36.0 小牧太 曾和直榮 中村和夫 700万円
2003年10月23日 ホクザンフィールド 牡4 園田 1:50.1 小牧太 橋本忠男 木本弘孝 750万円
2004年10月07日 カネトシパッション セン4 園田 1:49.1 小牧太 山口浩幸 兼松忠男 650万円
2005年10月06日 ヨシノイチバンボシ 牡4 名古屋 1:49.2 安部幸夫 錦見勇夫 野田雅昭 700万円
2006年10月11日 ジョイーレ 牡3 園田 1:47.6 川原正一 曾和直榮 藤田孟司 500万円
2007年10月04日 ウイニングウインド 牡6 名古屋 1:49.0 吉田稔 原口次夫 奥村幸男 500万円
2008年10月02日 モエレトレジャー 牡7 園田 1:49.2 永島太郎 曾和直榮 中村和夫 500万円
2009年10月08日 マルヨフェニックス 牡5 笠松 1:46.9 尾島徹 柴田高志 野村春行 400万円
2010年10月13日 マルヨフェニックス 牡6 笠松 1:50.1 尾島徹 柴田高志 野村春行 350万円
2011年10月06日 タガノサイクロン 牡8 園田 1:50.3 木村健 森澤友貴 八木良司 300万円
2012年10月10日 ホクセツサンデー 牡4 園田 1:49.7 木村健 田中範雄 上山照夫 300万円
2013年10月09日 ダイナミックグロウ 牡9 西脇 1:48.4 永島太郎 小牧毅 小川勲 300万円
2014年10月10日 タガノジンガロ 牡7 園田 1:50.6 木村健 新子雅司 八木秀之 300万円
2015年10月16日 エーシンクリアー 牡5 西脇 1:52.0 木村健 橋本忠明 平井克彦 300万円
2016年10月14日 サウスウインド セン5 西脇 1:50.8 赤岡修次 山口浩幸 山上和良 350万円
2017年10月13日 エイシンニシパ 牡4 西脇 1:50.7 田中学 橋本忠明 平井宏承 400万円
2018年09月28日 タガノゴールド 牡7 園田 1:48.3 下原理 新子雅司 八木秀之 450万円

各回競走結果の出典編集

出典編集

  1. ^ a b c 【更新】第58回姫山菊花賞出走予定馬”. 園田・姫路競馬場 (2018年9月19日). 2018年9月26日閲覧。
  2. ^ 11R 姫山菊花賞 重賞1|2018年9月28日(金)13回園田6日”. JBISサーチ. 2018年9月26日閲覧。