姫路文学館

姫路文学館(ひめじぶんがくかん)は、兵庫県姫路市にある姫路市立の文学館

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 姫路文学館
Himeji City Museum of Literature04s3872.jpg
北館エントランス、親水エリアを挟んで奥に南館
施設情報
正式名称 姫路文学館[1]
事業主体 姫路市
管理運営 姫路市教育委員会
所在地 670-0021
兵庫県姫路市山野井町84
公式サイト http://www.city.himeji.lg.jp/bungaku/
プロジェクト:GLAM

目次

概要編集

1991年播磨地方縁の文学者達の資料の収集を目的に姫路市によって北館が開館、1996年に南館が開館した。安藤忠雄設計の施設は現代建築の秀作として知られており、姫路城にも近接していることから、海外の観光ツアーのコースにしばしば組み込まれる。初代館長は中西進、その後は上田正昭を経て、現館長は藤原正彦平成3年、国土交通省から「手づくり郷土賞」を受賞した[2]。平成27年6月8日から改装工事のため約1年間休館している[3]

施設編集

 
左に南館、奥に北館
 
望景亭の日本庭園
北館
南館
  • 司馬遼太郎記念室
  • 映像展示室 - 150インチスクリーン
  • 図書室
望景亭

市内の実業家濱本八治郎の別邸として大正時代に竣工した和風建築で、日本庭園と茶室を備える。賀陽宮憲王が一時期居住していたことから皇族がしばしば訪れる施設であり、庭園には三笠宮崇仁親王が植えたしだれ桜がある。建物の名称は、裏千家十五世千宗室が命名したもの。 和室[4]、茶室[5] 、廊下[6] 、棟門[7] 、石垣[8] は国の登録有形文化財に登録されている。

建築概要編集

北館
  • 設計 - 安藤忠雄
  • 竣工 - 1991年
  • 構造 - 鉄骨鉄筋コンクリート造(地上3階、地下1階)
  • 延床面積 - 3,815m2
南館
  • 設計 - 安藤忠雄
  • 竣工 - 1996年
  • 構造 - 鉄筋コンクリート造(地上2階、地下1階)
  • 延床面積 - 2,533m2
望景亭

棟門、玄関(唐破風)、大広間(40畳)、応接間、茶室「雄徳庵」、月見の池

  • 竣工 - 大正時代初期

交通アクセス編集

周囲情報編集

脚注編集

外部リンク編集

座標: 北緯34度50分30.36秒 東経134度41分15.59秒 / 北緯34.8417667度 東経134.6876639度 / 34.8417667; 134.6876639