姫路西バイパス(ひめじにしバイパス)は、一般国道29号バイパス道路であり、高速道路(一般国道自動車専用道路)である。兵庫県姫路市上太田ランプから山陽自動車道山陽姫路西ICを経て終点の相野ランプに至る。相野ランプから先は姫路北バイパスに入る。

一般国道自動車専用道路

姫路西 バイパス

HIMEJI-NISHI BY-PASS

国道29号標識
姫路西バイパス
陸上区間 2.9 km
海上区間 指定なし
開通年 1996年
起点 兵庫県姫路市上太田ランプ
終点 兵庫県姫路市相野ランプ
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0002.svg国道2号太子竜野バイパス
E2 山陽自動車道
Japanese National Route Sign 0029.svg国道29号姫路北バイパス
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
姫路西バイパス
兵庫県姫路市太市中

自動車専用道路で、1996年(平成8年)12月の開通当初より無料で通行できる。なお、このバイパスは地域高規格道路の候補路線などには、選択(指定)されていない。バイパス開通により、平行していた国道29号の夢前橋西詰から山陽姫路西IC東の区間は後に国道の指定から外れ、兵庫県道724号姫路新宮線一般県道)となった。

概要編集

  • 総延長:2.9 km (太子竜野バイパス支線0.5 km(太子上太田ジャンクション - 上太田ランプ間)を含まず)[1]
  • 事業費:億円
  • 制限速度:70 km/h
  • 車線数:全線4車線
  • 道路規格:第1種3級(自動車専用道路)

沿革編集

インターチェンジなど編集

  • 上側が起点側、下側が終点側。左側が上り側、右側が下り側。
  • 太子上太田ジャンクション - 上太田ランプ間は太子竜野バイパスの支線[1]である(現在は無料で通行できるが、2000年の太子竜野バイパス無料開放まではこの区間は有料であった)。
  • 路線名の特記がないものは市町村道
施設名 接続路線名 起点から
(km)
備考 所在地
太子上太田JCT 太子竜野バイパス本線 0.5 太子町
上太田ランプ - 県道420号石倉太子線 0.0
姫路市
太市ランプ 0.9 姫路・岡山方面出入口
相野出屋敷ランプ 県道5号姫路上郡線 1.8 宍粟・鳥取方面出入口
山陽姫路西IC E2 山陽自動車道 2.5
相野ランプ 県道545号石倉玉田線
県道724号姫路新宮線
- 2.9 姫路・岡山方面出入口
姫路北バイパス 宍粟鳥取方面

備考編集

所管警察編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 国道29号姫路北バイパス 事業パンフレット (pdf)”. 国土交通省 近畿地方整備局 姫路河川国道事務所 (2011年2月). 2016年2月11日閲覧。
  2. ^ 兵庫県高速道路交通警察隊管轄路線図