姫路都市圏

姫路都市圏(ひめじとしけん)は、兵庫県姫路市を中心とする都市圏である。域内総生産は約2兆9482億円[1]

姫路都市圏
—  都市雇用圏  —
姫路都市圏の位置(日本内)
姫路都市圏
姫路都市圏
座標: 北緯34度49分 東経134度41分 / 北緯34.817度 東経134.683度 / 34.817; 134.683
都道府県 兵庫県の旗兵庫県
中心都市 Flag of Himeji, Hyogo.svg姫路市
面積(2011)[1]
 - 計 1,998.12km2 (771.5mi2)
人口 (2010)[2]
 - 計 724,209人
域内総生産 (2010)[1]
 - 名目 2兆9482億円

目次

定義編集

一般的な都市圏の定義については都市圏を参照のこと。

「10% 都市圏(通勤圏)」編集

 
姫路都市圏(都市雇用圏)の範囲

2010年国勢調査の基準では姫路市を中心市とする3市5町で都市雇用圏が構成され、2015年の人口は715,674人である[3]

都市雇用圏(10% 通勤圏)の変遷
  • 都市雇用圏を構成しない自治体は、各統計年の欄で灰色かつ「-」で示す。
自治体
('80)
1980年 1990年 1995年 2000年 2005年 2010年 自治体
(現在)
家島町 - - - - - 姫路 都市圏
724209人
姫路市
夢前町 姫路 都市圏
709219人
姫路 都市圏
726429人
姫路 都市圏
741089人
姫路 都市圏
741759人
姫路 都市圏
740598人
香寺町
姫路市
安富町
神崎町 神河町
大河内町
市川町 市川町
福崎町 福崎町
太子町 太子町
新宮町 たつの市
龍野市
揖保川町
御津町
相生市 相生市
上郡町 上郡町
三日月町 - - - 佐用町
南光町 - -
佐用町 - - - -
上月町 - - - -
赤穂市 赤穂 都市圏
51036人
赤穂 都市圏
51131人
赤穂 都市圏
51426人
赤穂 都市圏
52069人
赤穂 都市圏
51794人
赤穂 都市圏
50523人
赤穂市

播磨圏域連携中枢都市圏編集

2015年4月5日に姫路市、相生市、加古川市高砂市加西市宍粟市、たつの市、稲美町播磨町、市川町、福崎町、神河町、太子町、上郡町、佐用町の7市8町は連盟協約を結び、姫路市を中心とする播磨圏域連携中枢都市圏が形成された。同年12月1日には手続き上の遅れで発足時に参加していなかった赤穂市も都市圏に加わり、8市8町となっている[4]

図書館の広域貸し出し編集

播磨圏域連携中枢都市圏に参加する8市8町では、2015年11月1日(赤穂市のみ2016年4月1日)から都市圏内の公立図書館・図書室を包摂する広域貸し出し制度を実施している[5]

兵庫県では阪神間の7市1町で阪神地区公共図書館協議会1991年に市町間の広域貸し出しを開始したのを嚆矢として、1995年には東播磨地区図書館等連絡協議会が東播磨県民局北播磨県民局管内の8市3町による広域貸し出しを実施している。播磨圏域連携中枢都市圏の広域貸し出しはこれらの先行事例に次ぐものであるが、公立図書館の地域協議会でなく都市圏参加自治体の協働として実施された点に特徴がある。

広域貸し出しの対象となる図書館・図書室は以下の通り。貸し出しを受ける場合は各館ごとに利用券の発行が必要だが参加市町のうち姫路市・福崎町・神河町の公立図書館・図書室ではマイナンバーカードの共通利用を実施しており[6]、将来的には全市町への拡大構想もあるとしている。

市・町 本館 分館・分室等 備考
  相生市 相生市立図書館
  赤穂市 赤穂市立図書館 2016年4月から参加
  加古川市 加古川市立中央図書館 加古川市立加古川図書館、他1館1室 東播磨の広域貸し出しにも参加
  加西市 加西市立図書館
  宍粟市 宍粟市立図書館 宍粟市立ちくさ図書館、分室2
  高砂市 高砂市立図書館 東播磨の広域貸し出しにも参加
  たつの市 たつの市立龍野図書館 3分館
  姫路市 姫路市立城内図書館 14分館 マイナンバーカード共通利用を実施[6]
赤穂郡   上郡町 上郡町立図書館
揖保郡   太子町 太子町立図書館
加古郡   稲美町 稲美町立図書館 東播磨の広域貸し出しにも参加
  播磨町 播磨町立図書館
神崎郡   市川町 いちかわ図書館
  神河町 神河町中央公民館図書室 神崎公民館図書室・きらきら館 マイナンバーカード共通利用を実施[6]
  福崎町 福崎町立図書館
佐用郡   佐用町 佐用町立図書館 分室3

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集