メインメニューを開く

姫路GoToWORLD(ひめじ ゴー トゥ ワールド)は兵庫県姫路市を本拠地としていたプロ野球球団。 2014年よりBASEBALL FIRST LEAGUE(ベースボール・ファースト・リーグ、現・関西独立リーグ (2代目))に加盟していた[1][2]が、2016年のシーズンをもって活動を休止した。

姫路GoToWORLD
創設年度 2014年
所属リーグ

BASEBALL FIRST LEAGUE

歴代チーム名

姫路GoToWORLD(2014年 - 2016年)

本拠地
姫路市立姫路球場
収容人員 14,000人
兵庫県姫路市
フランチャイズの遍歴

兵庫県(2014年 - 2016年)

永久欠番

なし

獲得タイトル
成績(タイトル以外)
球団組織
監督 射手園眞一(休止時点)

目次

概要編集

姫路市初のプロ野球球団として2014年3月17日に創設。同じく2014年に発足した独立リーグのベースボール・ファースト・リーグに兵庫ブルーサンダーズ06BULLSと共に加盟。発足当時の運営母体は特定非営利活動法人(NPO)のベストベースボールアソシエーションで、球団代表は斉藤誠だった。

姫路市立姫路球場を本拠地球場としたが、高校野球社会人野球とのスケジュールの兼ね合いで常時使用することはできないため、姫路市立豊富球場や兵庫県立三木総合防災公園野球場(三木市)、南光スポーツ公園野球場(佐用郡佐用町)でも主催試合を開催した。2015年当時の報道では、有料試合を実施していたのは姫路球場だけであった[3]

歴史編集

2014年3月17日、リーグ3番目の球団として発足し、同年4月にスタートしたリーグ戦に参加。初代監督は元阪神タイガース伊藤文隆だった。

初年度は他の2チームから大きく引き離される形の3位(首位から14ゲーム差)だった。

2015年のシーズン開始前に、監督が伊藤文隆からコーチの射手園眞一に交代した。

2015年8月1日、運営がNPO法人ベストベースボールアソシエーションから一般社団法人ベースボール・ファースト・リーグ(ベースボール・ファースト・リーグ運営母体)へ移管されたことが発表された[4]。兵庫ブルーサンダースの高下沢代表は「姫路球団斉藤代表より申し出があり、姫路球団運営法人が撤退することとなった」「リーグ預かり球団として残りのシーズンを戦う」としている[5]

2015年のシーズンも、前後期とも他の2球団から大きく離され、通算の勝利数が10勝にも届かずに連続3位(最下位)に終わった。

2015年10月31日、来年度も引き続きリーグ預かりの形で運営されることが発表された[6]

2015年11月24日、北村正富が新球団代表就任。これを機に、今後、新たな運営会社の設立を目指すことも発表された[7]

2016年シーズンも過去2年同様、他の2チームから大きく離され、3年連続してシーズンの勝利数が10勝に満たなかった。シーズン終了後の12月2日、リーグより「運営会社の見通しが立たない」ことを理由に、今シーズンで活動を休止することが発表された[8]。所属選手はリーグ内他球団への移籍等の手続きが取られる予定と報じられた[9]

成績編集

リーグ戦
年度 監督 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差
2014 伊藤文隆 3 36 7 24 5 .226 14.0
2015 射手園眞一 3 23 6 16 1 .273 11.0
3 23 3 19 1 .136 13.5
2016 射手園眞一 3 36 7 29 0 .194 18.5
トーナメントステージ
年度 第1回 第2回 第3回 総合
2016 3位 3位 3位 2位

スタッフ・選手編集

脚注編集

外部リンク編集