娑蘇夫人

閼英井の傍に現れた龍、または新羅の始祖である赫居世居西干とその妃である閼英夫人の生母

娑蘇夫人(しゃそふじん、さそふじん、사소부인)は、新羅の始祖である赫居世居西干とその妃である閼英夫人生母である[1]。娑蘇夫人は、中国の王室の娘であり[2][3][4]、中国から辰韓に移住して暮らしていた[5][6]。『三国遺事』巻一「新羅始祖赫居世王」条と『三国遺事』巻五「感通第七」条と『三国史記』「新羅本紀敬順王条」に具体的な記述がある[7]娑蘇神母仙桃聖母仙桃山聖母西述山聖母とも呼ばれる。

娑蘇夫人
各種表記
ハングル 사소부인
漢字 娑蘇夫人
テンプレートを表示

概略編集

三国遺事』巻五「感通第七」条には以下の記述がある[8]

神母本中國帝室之女。名娑蘇。早得神仙之術。歸止海東。久而不還。父皇寄書繫足云。隨鳶所止為家。蘇得書放鳶。飛到此山而止。遂來宅為地仙。故名西鳶山。神母久據茲山。鎮祐邦國。靈異甚多。 〈神母の名は娑蘇とよばれ、彼女は中国の帝室の娘である。神仙の術を得て、海東(朝鮮)に来て住みついて長く帰らなかった。父の皇帝が鳶の足に手紙をむすびつけて「鳶が止まるところに家を作って住みなさい」と伝えた。娑蘇が手紙を読んでから鳶を放ったところ、仙桃山(慶州の西岳)に飛んでいってそこに止まったので、娑蘇はそこに住み地仙となった。その山は西鳶山と名づけられ、娑蘇神母は久しくこの山を根拠地として国を鎮護し、霊異が非常に多かった。〉


三国遺事』巻五「感通第七」条には以下の記述がある[9]

其始到辰韓也。生聖子為東國始君。蓋赫居閼英二聖之所自也。故稱雞龍雞林白馬等。雞屬西故也。嘗使諸天仙織羅。緋染作朝衣。贈其夫。國人因此始知神驗。 〈(娑蘇は)はじめ辰韓にきて、聖子を生み、東国の最初の王となった。たぶん、赫居世と閼英の二聖を生んだことであろう。それで鶏竜・鶏林・白馬(など)の称があるが、(これは)鶏が西がわ(西方)に属するからである。あるとき(娑蘇が)諸天の仙女たちに、羅うすものを織らせ、緋色に染めて朝服を作り、彼女の夫に贈った。国の人がこのことによってはじめてその神験を知った。〉

家系編集

系図編集

N/A사소부인
娑蘇夫人
혁거세 거서간
赫居世居西干
알영부인
閼英夫人
남해 차차웅
南解次次雄

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

関連項目編集