『百美新詠図伝』娥皇女英

娥皇(がこう)は、古代中国の伝説上の女性。の娘で、妹の女英とともにの妻となった。また娥肓、娥娙、倪皇、后肓とも書かれた。は伊祁氏。

堯は舜の人格を見極めるために、娘の娥皇と女英の2人を舜に降嫁させた。舜の父母や弟はたびたび舜を死地に置いたが、舜は娥皇と女英の機転に助けられて危地を脱した。舜が即位して天子となると、娥皇は后となり、女英は妃となった。聡明貞仁で天下に知られた。舜が蒼梧で死去すると、娥皇と女英は江湘の間で自殺し、俗に湘君(湘江の川の神)となったと伝える。