婦人画報

日本の雑誌

婦人画報』(ふじんがほう)とは、ハースト婦人画報社が発売する婦人向け生活情報誌である。毎月1日発売。

婦人画報
Fujin-gahou 1920.jpg
1920年(大正9年)11月号
読者対象 女性
刊行頻度 月刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 ハースト婦人画報社
編集長 西原史(2021年7月 - )[1]
刊行期間 1905年 - 現在
ウェブサイト https://www.fujingaho.jp/
テンプレートを表示

2022年現在、現存する日本最古の女性誌である。

概要編集

 
創刊号(明治38年7月号)の表紙
 
創刊者の国木田独歩

1905年にハースト婦人画報社の原型である近事画報社(のちに婦人画報社)の創業とともに創刊。同社最初の刊行物であり、社名のそもそもの由来でもある。初代編集長は詩人・小説家の国木田独歩で、創刊時の編集人には吉江喬松窪田空穂小杉放庵満谷国四郎などの作家・画家が名を連ねた[2]

旅行、グルメ、ファッション、ビューティなど、掲載内容は幅広く、同日に世界文化社が発売している『家庭画報』などと並ぶハイカルチャー婦人誌の代表的存在である。

この雑誌の増刊号や派生媒体として、着物専門誌『美しいキモノ』やゴージャス系雑誌『25ans』、男性ファッション誌『MEN'S CLUB』が誕生した。編集長は、西原史(2021年7月〜)。

2019年にウェブサイトがリニューアルされ、「婦人画報デジタル」として本格始動した。

備考編集

同出版社が日本版を発売している米国の雑誌『HARPER'S BAZAAR』は、世界最古の女性ファッション誌である。

掲載作品編集

小説・エッセイ編集

脚注編集

  1. ^ 新編集長就任のお知らせ - ハースト婦人画報社 (PDF)
  2. ^ ハースト婦人画報社の歴史 |ハースト婦人画報社” (日本語). ハースト婦人画報社の歴史 |ハースト婦人画報社. 2022年3月26日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集