嫁入婚(よめいりこん)は、婚姻形態の1つ。夫方(婿方)で婚姻成立の儀礼をし、妻が夫宅に居住することで、夫方で夫婦生活を成す形態を言う[1]婿入婚の対。娶嫁婚、夫処婚などとも呼ばれる。今日では最も一般的な婚姻形態である[2]平安時代の後期以降にこうした形態が多く見られるようになり、室町時代武家社会により、私有財産の父系相続を重視するこの形態が確立したとされる[3]。嫁が男性側の家の一員となる嫁入りによって結婚が成立し、夫婦の生活も婿方でされることが多い。

脚注編集

  1. ^ 日本国語大辞典,世界大百科事典内言及, 百科事典マイペディア,世界大百科事典 第2版,精選版. “嫁入婚とは” (日本語). コトバンク. 2021年2月10日閲覧。
  2. ^ 小項目事典,デジタル大辞泉,日本大百科全書(ニッポニカ), ブリタニカ国際大百科事典. “嫁入り婚とは” (日本語). コトバンク. 2021年2月10日閲覧。
  3. ^ 嫁入婚(よめいりこん)|日本史 -よ-|ヒストリスト[Historist]−歴史と教科書の山川出版社の情報メディア−” (日本語). Facebook OGP用 サイト名. 2021年2月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集