メインメニューを開く
嬉野市不動山にあるうれしの茶発祥の地の碑

嬉野茶(うれしのちゃ)は、佐賀県南西部の嬉野市から、長崎県東彼杵町にかける地域で生産される日本茶室町時代頃から生産が始まったとされる。釜炒りにより加熱し、発酵を停止させる釜炒り茶でも知られるが、他の日本茶と同様に蒸すことで加熱するものが主流である。中国緑茶に似ている。茶葉は丸く、その形状から玉緑茶(グリ茶)とも呼ばれ、香りも強い。特徴的な茶ともいえる。

由来・歴史編集

永享12年(1440年)、平戸に渡って来たの陶工が、栽培の適地を探し求めて不動山皿屋谷に移住。自家用の茶樹の栽培を伝えたと言われている。その後、茶葉の育成に適した環境と、その後に明人の紅令民が持ち込んだ南京釜を使用した釜炒り技術により産地は拡大した。江戸時代には長崎から輸出され、欧米に評判が広がった。安政6年(1859年)の長崎、横浜箱館開港に先立つ嘉永6年(1853年)、大浦慶によってオランダ人商人・テキストルに三階級9斤の嬉野茶のサンプルが供された。約3年後の安政3年(1856年)8月にイギリスの商人、W・J・オールトから巨額の注文を受けた。わが国の幕末期の本格的な茶の輸出の始まりである。

現在編集

日本茶業中央会は2004年、全国統一の「緑茶の表示基準」を策定した。「うれしの茶」は、「佐賀、長崎県で生産された原料茶を100%使用して仕上げた統一銘柄」と規定。50%以上100%未満は「うれしの茶ブレンド」と定められた。特許庁地域団体商標に「うれしの茶」として2008年6月13日に登録された。 域内各所の茶葉をブレンドし、安定した品質、価格を維持している。

しかし、生産性は高いが釜炒りに向いていないやぶきたの栽培量が増えるに連れ、かつて嬉野茶の代表格だった釜炒り玉緑茶は生産量が減っている。現状、釜炒り製玉緑茶は総生産量の5%程度、残りは蒸し製玉緑茶と言われており[1]保存会があるほど希少な存在となってしまっている。

2018年には、嬉野茶についての展示見学や茶摘み、茶染め体験などができる「うれしの茶交流館 チャオシル」が開設された[2]

脚注編集

  1. ^ 波多野公介『おいしいお茶がのみたい』PHP研究所、1996年、pp.184-191.
  2. ^ うれしの茶交流館「チャオシル」(2018年8月15日閲覧)

関連項目編集

外部サイト編集