子亹

鄭の第7代君主

子亹(しび、紀元前?年 - 紀元前694年)は、の第7代君主。荘公の次子で昭公の弟。

子亹
7公
王朝
在位期間 紀元前694年
都城 新鄭
姓・諱 姫亹
諡号 なし
生年 不詳
没年 紀元前694年
荘公
鄧曼

生涯編集

荘公と鄧曼の次子として生まれる。

昭公2年(前695年)10月、昭公が大夫高渠弥によって殺されると、その弟である公子亹が立てられ、鄭君(以降は子亹と表記)となった。

子亹元年(前694年)7月、襄公が諸侯を招集し、の首止において会合を開いたため、子亹もこれに出席した。この時、高渠弥が子亹に随行したが、祭仲は病と称して随行しなかった。なぜなら以前、斉の襄公が公子だった頃、子亹は斉の襄公と喧嘩したことがあり、いまだに敵視していたため、子亹ばかりでなく自分も殺されると思ったからである。子亹は首止に着くと、斉の襄公に詫びなかったため、斉の襄公によって殺された。高渠弥は鄭に逃げ帰り、祭仲と相談したうえ、子亹の弟である公子嬰をから迎えて鄭君(鄭子)に立てた。

参考資料編集

  • 史記』(鄭世家第十二)
先代:
昭公
君主
第7代:前694年
次代:
鄭子