メインメニューを開く
子連れ狼 > 子連れ狼 (若山富三郎版) > 子連れ狼 死に風に向う乳母車

子連れ狼 死に風に向う乳母車』(こづれおおかみ しにかぜにむかううばぐるま)は、1972年9月に公開された日本映画勝プロダクション製作、若山富三郎主演の映画版『子連れ狼』の第3作。

子連れ狼 死に風に向う乳母車
監督 三隅研次
脚本 小池一雄
製作 勝新太郎
松原久晴
出演者 若山富三郎
加藤剛
浜木綿子
音楽 桜井英顕 
撮影 牧浦地志
編集 谷口登司夫
製作会社 勝プロダクション
配給 東宝
公開 日本の旗 1972年9月2日
上映時間 89分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 子連れ狼 三途の川の乳母車
次作 子連れ狼 親の心子の心
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

刺客・子連れ狼と呼ばれる元公儀介錯人・拝一刀とその一子・大五郎。一刀は渡り徒士・孫村官兵衛に立会いを求められるが、官兵衛を真の武士と見た一刀は刀を交える前に「分け」とした。

一刀親子は女衒の文句松を殺してしまった少女をかくまった。その少女は木颪の酉蔵一家に女郎として売られていたのが、少女の持つ位牌を見た一刀は引渡しを求める酉蔵の申し出を拒む。一刀は代償として少女の代わりに女郎の責めである「水責め」と「ぶりぶり」にかけられることを承知する。

少女を解放した一刀は酉蔵とその父・三浦帯刀から刺客依頼を受ける。相手は天領代官・猿渡玄蕃。用心棒二人を一刀に斬られ、自身が狙われていることを知った猿渡は近隣の藩から応援を頼み地蔵ヶ原で一刀を迎え撃つ。そこには一刀に真の武士道とは如何なるものかを尋ねたい、官兵衛の姿があった。

出演者編集

スタッフ編集

外部リンク編集