メインメニューを開く

子鍬倉神社(こくわくらじんじゃ)は、福島県いわき市平揚土にある神社式内小社で、旧社格は県社。

子鍬倉神社
Kokuwakura Jinja Haiden.jpg
拝殿
所在地 福島県いわき市平揚土30
位置 北緯37度3分25秒
東経140度53分9秒
座標: 北緯37度3分25秒 東経140度53分9秒
主祭神 稲倉魂命
社格 式内社(小)
県社
創建 大同元年(806年
本殿の様式 流造
別名 子鍬倉稲荷神社
例祭 4月18日
地図
子鍬倉神社の位置(福島県内)
子鍬倉神社
子鍬倉神社
テンプレートを表示
境内入口

歴史編集

社伝によれば、大同元年(806年)の草創と伝えられる。「延喜式内社」であり、式内社磐城七社の一つである。古くは磐城四郡(菊多郡磐城郡磐前郡楢葉郡)の総鎮守と言われた。

平城守りの神「平城三社」の一つとして歴代の平城主より崇敬を受けた。

慶長6年(1602年)に磐城平城が築城により社地が狭められ、荒廃するが、文政9年(1826年)に桜町にあった稲荷小社を第4代平藩主・内藤義概が現在地に復興した。

明治6年(1873年)3月に「県社」に列格した。昭和21年近代社格制度廃止の後も「けんしゃ」の愛称で呼ばれている。

明治7年南正面の断崖を切り開いて「男坂」を造り、大正10年「女坂」が完成した。

社名編集

」は「」を意味し「衣」を、農具の「」は「食」を、「」は「住」を意味し、「衣食住」の御祭神の神徳を言い表しているとされる。

社殿編集

天保2年4月の火災により社殿消失。古文書神宝のほとんどが消滅した。

嘉永6年5月に現在の本殿が滝根町大工横田杢左エ門により造営された。

文部省嘱託の塚本慶尚氏の設計監督により、現在の幣殿拝殿昭和4年に完成した。

摂社編集

兼務神社編集

  • 八坂神社

交通アクセス編集

関連項目編集

外部リンク編集