メインメニューを開く

(こ)は、古代から現在に至るまで、日本人個人名によく使われてきた接尾辞である。上古を除き、女性名に使われる[1]。時代や場合によっては、名の一部ではなく女性への敬称ともされた。中国でも若干の記録がある。

なお、「子」で終わる個人名を「子型」と呼ぶこととする[2]

目次

日本編集

古代初期編集

日本書紀』の時代には、小野妹子蘇我馬子中臣鎌子(鎌足)阿部鳥子など、主に男性に子型の名が付いた。

文献に残る最古の女性の子型は、『日本書紀』景行4年の「兄遠子」である[3]。当時の「子(コ)」は、「ヒメ」「イラツメ」「トベ」「キミ」と同様に、上・中流女性の実名または(あざな)の後につける尊称だった[4]

古くは、接尾辞「コ」を「子」ではなく「古」と書くこともあった。

平安時代から鎌倉時代編集

子型の広まり編集

平安時代初期、嵯峨天皇が、皇女への命名法を改めた。従来は乳母にちなんで名づけていたのを改め、佳字1字に「子」を付けた「○子」という子型の名を内親王に与えた。なおこれに対し、臣籍降下した皇女には姫型の名(○姫)を与えた。内親王へ子型の名を与える慣例は、現代にいたるまで続いている。

これをきっかけに平安時代以降、子型の女性名が貴族社会に広まり、平安後期には記録に残る全ての貴族の女性名が子型となるほどだった[5]

ただし、ここで言う子型の名とは、(実名)である。これは男性の元服に相当する裳着の時につけられる名で、幼少の頃は童名で呼ばれた。裳著の後も、当時は女性への実名敬避が強かったため、公文書を別にすれば、実際に子型の諱で呼ばれることはまずなく、さまざまな子型以外の名で呼ばれた。

子型の名は貴族だけだったとする記述もあるが、誤りである[6]。実際には、貴族にやや遅れたものの、平民の間にも子型の名は広まった。ただし貴族と異なり、子型はいくつかある女性名の類型の1つにすぎなかった。

類型編集

貴族社会での子型の名の語幹(「○子」の「○」)は、ほとんどが漢字1文字で仮名2訓読みだった。初期には若干の万葉仮名風の2文字2音の名もあった。

語幹の漢字にはいくつかの類型があった:

  • 父の偏諱(かたいみな)。つまり、父の諱に使われた漢字2文字を、長女と次女に与える。三女以降は、祖父などの偏諱を与えるか、他の方法で選んだ[7]
  • 学者陰陽師儒家など)に選ばせた字。難字が多い。
  • 公家読み。漢字としては平易だが、漢字本来の訓とは無関係な難読をする。

室町時代から江戸時代編集

室町時代になり貴族社会が混乱すると、女性の裳着は行われなくなり、裳着と共に実名を与えることもなくなった。実名は、叙位任官されるような時に付けられる特別な名となった。

これにより、女性の実名を子型とする風習は続いたものの、実名自体が希となり、ほとんどの女性は子型の名を持たなくなった。

その一方で、室町時代には従来の「漢字1文字の訓読み+子」という制約から離れた、「徳子(とくこ)」「茶子(ちゃこ)」のような「音読み+子」という名も現れた[8]。なおこの時代「阿子(あこ)」という女性名も現れたが、これは「我が子」を意味する童名が通称となった名で、語源的には「音読み+子」ではない。

子型の実名に変わって使われるようになった女性名は、公家大名では「姫」で終わる名、庶民では2音(仮名で2文字、拗音を含むときは3文字)の名となった。

明治編集

1872年(明治5年)に壬申戸籍が作られると、再び女性に実名が与えられるようになった。華族(かつての公家や大名)は従来の女性名接尾辞「姫」を「子」に変えて実名とし戸籍に登録した。明治に編纂された史料の中には、戸籍以前に没した女性にまでさかのぼって「姫」を「子」に直したものもある。

明治半ばからは、庶民の間にも、従来の2音の名に「子」を付けた、3音の子型の名が広まった。当初は、本名に「子」がなくても通称として「子」を付けることもあった(ただしすでに本名に「子」があったら二重には付けない)。

当初は、この「子」は女性の名につける敬称とみなされていたようである。

1900年小泉八雲は『影 (Shadowings)』の一節「Japanese Female Names」で、上流階級で敬称として従来の「○○」の代わりに「○○子」が使われるようになったが、自称としては使わないとしている。またこの文章では、「東京のある新聞紙」が1889年に、芸者が「子」を使うことを禁止せよと主張したとしている(逆に言えば、芸者が「子」を使っていた証左となる)が、実際の紙名など詳細は不明である[9]

その一方で、子を敬称に限らず使おうとする意見もあった。

1899年大口鯛二が『女学講義』に寄せた「婦人の名に付くる〈子〉の字の説」で、「子」が貴人の名に使われることから「子」は尊称と思われるかもしれないが、そのようなことはなく、上下貴賎・自称他称を問わず使っていいとしている[10]

1905年には下中弥三郎が『婦女新聞』に寄せた「婦人の名に就いて」で、女性の名前には、本名に関わらず、また自称・他称に関わらず、「子」を付けることと、加えて、これから生まれる女性には必ず子型の名を付けることを提案している[11]

大正から昭和編集

調査によって時期に若干の差はあるが、子型の女性名の比率は明治末期から昭和初期にかけ大きく伸び、第二次世界大戦を挟んだ1930年代[12]から1940年代[13]に80%超のピークとなったのち、減少に転じた。

明治安田生命により毎年調査されている名前ランキングでは、女性名では1913年から1964年まで連続して子型が1位だったが、1965年からは他の名が混ざり、1982年が子型の1位の最後となっている。1986年 - 1991年は上位10位から子型の名前が消えている[14]

昭和末期から平成編集

昭和末期から平成に入っても子型の女性名の衰退は続き、「桃子」が1992年(平成4年)と1996年に8位に、1994年と1995年に9位に、「菜々子」が1999年に6位に、「莉子」が2002年に6位に、2008年に8位に、2010年に2位に、2011年に5位にランクインした程度であった。しかし現在は数年前と比べ、子型の女性名が増えている。これはキラキラネームなど、簡単には読めない名前の子供が多い中、敢えて古風で由緒正しいイメージがあり、誰でも読めるようにと、子型の名前をつける親が増えているからである。直近では「莉子」が2016年に5位に、2017年に4位にランクインされている[14]

2015年女子サッカーワールドカップ日本代表(なでしこ)のメンバーには、子型の選手は全く存在しない[15]

中国編集

古代中国では、男性への敬称として使われた。老子孔子孫子墨子孟子荘子荀子韓非子などがある。

代の荘綽による書『鶏肋編』には、燕山(北京)では

凡娼皆用子爲名、若香子・花子之類
娼妓は皆、香子・花子のように名前に子をつける)

との記述がある。

参考文献編集

出典編集

  1. ^ ただし、近代・現代においても渡辺豊日子鹿子木健日子進藤金日子秦建日子など稀に男性にも用いられる。
  2. ^ 角田文衛『日本の女性名――歴史的展望』
  3. ^ 角田文衛『日本の女性名――歴史的展望』国書刊行会版 p.49
  4. ^ 角田文衛『日本の女性名――歴史的展望』国書刊行会版 p.48
  5. ^ 角田文衛『日本の女性名――歴史的展望』国書刊行会版 p.131
  6. ^ 角田文衛『日本の女性名――歴史的展望』国書刊行会版 p.28
  7. ^ 角田文衛『日本の女性名――歴史的展望』国書刊行会版 p.133
  8. ^ 角田文衛『日本の女性名――歴史的展望』国書刊行会版 p.206–207
  9. ^ 橋本&井藤『「子」のつく名前の誕生』pp.53–54
  10. ^ 橋本&井藤『「子」のつく名前の誕生』pp.72–73
  11. ^ 橋本&井藤『「子」のつく名前の誕生』pp.73–74
  12. ^ 満田新一郎「多い苗字、多い名前」『言語生活』118号、1961
  13. ^ 馬瀬良雄「長女の名前を決めるまで」『言語生活』138号、1963
  14. ^ a b 名前ランキング2017 - 生まれ年別名前ベスト10 - 女の子明治安田生命
  15. ^ 招集メンバー│FIFA女子ワールドカップ カナダ2015日本サッカー協会