本来の表記は「孔伷」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

孔 伷(こう ちゅう、? - 190年?)は、中国後漢末期の人物。また、孔 冑[1]ともつくる。は公緒。兗州陳留郡の出身。

孔伷
後漢
豫州刺史
出生 生年不詳
兗州陳留郡
死去 初平元年(190年)?
豫州
拼音 Kǒng Zhòu
公緒
別名 孔冑
テンプレートを表示

人物編集

生涯編集

符融により郡の上計吏として推薦された[2]

何進十常侍の争いの間隙を縫って、政権を掌握した董卓の名士優遇政策の一環として登用された。豫州刺史に任じられたものの、董卓に忠実であったわけではなく、後に董卓と折り合いが悪くなり逃亡した許靖を保護している。劉岱橋瑁ら諸侯と共に董卓討伐のため挙兵した。この時、臧洪に豫州から連れてきた兵を預けていたとされる。袁紹袁術曹操らがこれに同調し大勢力となった。

関東の諸侯が挙兵した際、議郎の鄭泰が董卓の求めに応じ伝えた評によると、孔伷は清談が得意で「孔伷が語りかければ枯れた木も花を咲かす」とまでいわれたものの、軍事が不得手であったという。ただし、鄭泰は後に董卓の暗殺を企んだ人物であり、董卓を油断させるため、敵対者の一人である孔伷を意図的に過小評価をした可能性もある。

孔伷に関するその後の記録は途切れる一方で、豫州刺史の人事を巡って袁紹と袁術が対立を始め、許靖も江南に去っていることから、これ以前に孔伷は死去したと推測されている。豫州刺史は袁紹側の周昂(zh:周昂)または周喁(zh:周喁)と、袁術側の孫堅がそれぞれ任命され争い、孫堅が勝利した。この争いにおいて公孫瓚の従弟公孫越が戦死し、袁紹と公孫瓚の対立の一因となった。

物語中の孔伷編集

小説『三国志演義』では、董卓討伐軍の第三軍として洛陽を攻めている。『演義』でも孔伷の最後は描かれていない。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 後漢書』董卓伝に引く『九州春秋』より
  2. ^ 『後漢書』符融伝とそれに引く謝承後漢書より

参考文献編集

  • 三国志』蜀書9許靖伝 魏書1武帝紀 魏書8公孫瓚伝 呉書1孫破虜伝
  • 三国演義