孔広森(こうこうしん、孔廣森、拼音:Kǒng Guǎng-sēn、1751年 - 1786年)は、字を眾仲、または、撝約と言い、顨軒と号した、山東省曲阜の人であり、孔子70世の子孫である。

清代学者像伝》の孔廣森

孔伝鐸の孫であり、孔継汾の次男である。幼少の時から戴震に学び、その兄は、戴震の娘婿である。乾隆36年(1771年)、19歳で、辛卯科進士に合格し、姚鼐が同考官であり、翰林院庶吉士となった。その後、検討を授かった。

清代八大駢文家の一人である。

乾隆51年(1786年)に亡くなった。

著書に、『春秋公羊伝通義』、『大戴礼記補注』、『礼学巵言』、『経学巵言』、『詩声類』などがある。また、駢文集の『顨軒駢儷文』がある。

参考文献編集