メインメニューを開く

孔 貞運(こう ていうん、1574年 - 1644年)は、末の官員。は開仲、号は玉横。孔子の63代の孫。

生涯編集

万暦47年(1619年)、科挙榜眼として及第し、翰林院編修になった。泰昌元年(1620年)、『六朝奏章』の編纂にあたった。天啓帝が立つと、『明光宗実録』の編輯に任ぜられた。

崇禎元年(1628年)、国子監祭酒に任ぜられた。崇禎9年(1636年)、礼部尚書文淵閣大学士に上った。崇禎11年、首輔を加えられた。 2か月後、官員の選抜検定に関して御史郭景昌と意見が対立し、弾劾を受けて罷免され、帰郷した。

崇禎17年(1642年)、崇禎帝が自殺し、老齢の孔貞運は北京へ野送りに行ったが、疲労と悲哀で病没した。文忠の南明弘光帝から贈られた。

参考資料編集

  • 『崇禎長編』
  • 明史』列伝第一百四十一