孕石 元成(はらみいし もとしげ、永禄6年(1563年) - 寛永9年8月3日1632年9月16日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。小右衛門とも称す。

生涯編集

孕石元泰の嫡子として誕生。

はじめ父・元泰と共に今川氏に仕え、今川氏の滅亡後は甲斐武田氏に仕えた。武田氏滅亡ののちは浪人となった。天正18年(1590年)、豊臣秀吉による小田原征伐において、同じく武田家旧臣であり浪人であった乾正信らとともに豊臣氏方として奮戦し、同年にその功により山内一豊に200石で召抱えられ、御使母衣(従六位相当)の格式となった。

関ヶ原の戦い後、一豊が土佐国に転封する際に450石を与えられ、更に元和5年(1619年)には藩主・山内忠義より忠豊傅役を命ぜられ、200石を加増された[1]

寛永9年(1632年)死去。家督は養子である内蔵助正元(木部籐兵衛の次男。土佐藩家老孕石元政の父)が継いだ。

系譜編集

孕石氏藤原南家工藤氏原氏の支流で、先祖原忠高遠江国原田荘孕石村に住して孕石氏を称した。

脚注編集

  1. ^ 元成の土佐の所領は「安喜村、庵谷村、黒岩村、杉田村、山田村、廿枝村、坂折村、八幡村、改田村、波介村」の諸村にあった。

参考文献編集

  • 『孕石家家記』孕石元政著
  • 『御侍中先祖書系圖牒』高知県立図書館寄託文書、1826年。