メインメニューを開く

孝宗(ヒョジョン、こうそう、万暦47年5月22日1619年7月3日) - 順治16年5月4日1659年6月23日))は、李氏朝鮮の第17代国王(在位:1649年 - 1659年)。は淏(ホ、)。即位前は鳳林大君(ポンリムデグン、ほうりんだいくん)だった。号は竹梧(チュゴ、ちくご、죽오)。

孝宗
李朝
第17代朝鮮国王
王朝 李朝
在位期間 1649年-1659年
都城 景福宮
姓・諱 李淏(イ・ホ、이호
静淵(チョンヨン、정연
諡号 忠宣[1]文章武神聖顕仁明義正徳大王
廟号 孝宗
生年 1619年7月3日
没年 1659年6月23日
仁祖
仁烈王后
后妃 仁宣王后張氏

父・仁祖の皇帝ホンタイジに跪いて臣下の礼を取らされた恥辱を雪ぐべく、即位後は清を討伐(北伐 (李氏朝鮮)朝鮮語版)するために軍備拡充に努めた。その軍事力(特に銃砲等の火力)を清に買われ、黒竜江を超えて南下していたロシア勢力の討伐を行う清軍に1654年と1658年の2回軍勢を参加(羅禅征伐朝鮮語版)させられている。

家系編集

関連項目編集

出典編集

  1. ^ 清の諡号を隠した朝鮮後期の国王たち 朝鮮日報 2007/09/16
  2. ^ 「上下敎政院, 錦林君女子之喪, 令該曹優給喪需. 孝宗朝, 淸國九王, 欲與我國結婚, 遣使要得公主, 孝宗重違其意, 選宗室錦林君愷胤女, 稱以義順公主, 送與九王.」朝鮮王朝実録 顕宗実録5巻、顕宗3年8月18日 戊午2回目