孝恭仁皇后(こうきょうじんこうごう、満州語:hiyoošungga gungnecuke gosin hūwangheo、1660年 - 1723年)は、康熙帝の側室で、雍正帝の母。満洲正黄旗包衣佐領の出身[1]。姓はウヤ(烏雅)氏(Uya hala)。

生涯編集

 
孝恭仁皇后ウヤ氏

内務府包衣・膳房総領の額森(エセン)の孫娘。父の魏武(ウェイウ)は護軍参領となった。康熙12年(1673年)、ウヤ氏は後宮に入って常在(身分の低い妃嬪)となった。胤禛(後の雍正帝)など多くの子供を産み、徳貴人、徳嬪に進み、徳妃にいたった。

雍正帝が即位すると、皇太后に立てられたが、雍正元年(1723年)に死去した。

逸話編集

九王奪嫡中国語版」と呼ばれる政争で、ウヤ氏の2人の息子はしばしば諍いを起こした。ウヤ氏は年少の息子の胤禵を最も愛していたので、年長の胤禛が即位すると意外に感じ、大いに不満を覚えた。ウヤ氏は自殺をほのめかし、皇太后の称号を一度拒否したという。

子女編集

  • 胤禛(雍正帝
  • 胤祚(1680年3月5日 - 1685年6月15日)
  • 皇七女(1682年生没)
  • 固倫温憲公主
  • 皇十二女(1686年 - 1697年)
  • 胤禵(恂郡王)

登場作品編集

脚注編集

  1. ^ 雍正帝により正黄旗に抬旗された。

伝記資料編集