メインメニューを開く

孝昭帝(こうしょうてい)は、北朝北斉の第3代皇帝。

孝昭帝 高演
北斉
第3代皇帝
王朝 北斉
在位期間 560年 - 561年
姓・諱 高演
延安
諡号 孝昭皇帝
廟号 粛宗
生年 天平2年(535年
没年 皇建2年11月2日
561年11月24日
高歓
婁昭君
后妃 元皇后
陵墓 文靖陵
年号 皇建 : 560年 - 561年

目次

生涯編集

東魏の実力者高歓の六男に生まれる。母は正妻の婁昭君北魏孝武帝皇后高氏高澄・東魏孝静帝皇后高氏(太原長公主)・高洋(文宣帝)・高湛(武成帝)・高済(博陵王)の同母兄弟にあたる。博識で温和な性格であり、風采が良い男だった。

元象元年(538年)、常山郡公に封ぜられた。中書侍郎の李同軌を師として学んだ。天保元年(550年)に兄の高洋が北斉を建てると常山王に封ぜられた。天保5年(554年)、并省尚書令に任ぜられた。天保8年(557年)、司空録尚書事となった。天保9年(558年)、大司馬となった。文宣帝が遊宴に溺れるのを諌めた。天保10年(559年)10月に文宣帝が崩御すると高殷が即位し、楊愔・燕子献・宋欽道らが補佐した。11月に太傅となり、乾明元年(560年)2月には太師に転じた。詔と偽って楊愔や燕子献らを斬り、大丞相となって権力を握った。8月、太皇太后婁昭君の令を借りて高殷を廃位し、自ら晋陽の宣徳殿で皇帝に即位した。

孝昭帝の治世は人材を広く求め、前代までの弛緩した朝政の建て直しに尽力した。民衆に対しては税賦の軽減を図り、軍事面では庫莫奚への親征を行うなどの功績を残した。

皇建2年(561年)9月、廃帝高殷を扼殺した。

同年11月、落馬の怪我が原因で晋陽宮に崩御した。享年27。

実子の高百年を皇太子に立てていたが、高殷のように殺害されることを恐れ、死の間際に帝位を九弟の高湛(武成帝)に譲った。

逸話編集

孝昭帝が落馬した時、母の婁昭君が見舞った。だが、そこで孫の廃帝高殷が孝昭帝によって殺害されたことを知ると、息子が孫を殺害したことを非難して立ち去り、二度と見舞いに来ることがなかった。

孝昭帝は崩御する間際に武成帝に帝位を譲った際、太子の高百年を殺さないよう遺言した。しかし、その崩御後に武成帝は百年を殺している。文宣帝は崩御する間際、のちの孝昭帝を呼んで「自分の跡を継ぐ太子(高殷)はまだ子供だ。お前が廃立を行うのなら仕方がないが、決して殺してくれるな」と遺言していた。にもかかわらず、孝昭帝は高殷を廃した上で自らが即位し、のちに高殷を殺している

宗室編集

后妃編集

男子編集

  • 楽陵王 高百年
  • 襄城王 高亮
  • 汝南王 高彦理
  • 始平王 高彦徳 - 始平王に封じられて以降の消息は記録に無い。
  • 城陽王 高彦基 - 城陽王に封じられて以降の消息は記録に無い。
  • 定陽王 高彦康 - 定陽王に封じられて以降の消息は記録に無い。
  • 汝陽王 高彦忠 - 汝陽王に封じられて以降の消息は記録に無い。

女子編集

  • 高善徳(建昌長公主、560年 - 606年。享年47)[1] - 結婚したが、子女は確認できない。

子孫編集

上記の様に7男1女がいるが、孫は高白沢(高白澤とも。次男・高亮の子)、高氏(三男・高彦理の娘)の2人のみである。

高白沢は子を残さないまま殺された高百年の跡を継ぎ、楽陵王の爵位を継承した。北斉滅亡後、高白沢はに流刑に処され、そこで死去した。子女は確認できない。

高彦理の娘は北周の第4代皇帝宇文贇(宣帝)の側室の1人となっているが、子女はいない。なお、娘が宣帝の後宮に入ったことにより、高彦理は北斉滅亡後の粛清を免れ、開皇年間に死去している。

よって、孝昭帝直系の子孫はいないことになる。

伝記史料編集

  • 北斉書』巻六 補帝紀第六
  • 北史』巻七 斉本紀中第七

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『建昌長公主高善徳墓志』
先代:
廃帝
北斉の第3代皇帝
560年 - 561年
次代:
武成帝