孝潔皇后(こうけつこうごう)は、嘉靖帝の最初の皇后。姓は陳氏

陳皇后
の皇后
孝洁肃皇后陈氏.jpg
孝潔粛皇后陳氏
在位 嘉靖元年9月28日 - 嘉靖7年10月2日
1522年10月17日 - 1528年10月14日

別称 孝潔恭懿慈睿安荘相天翊聖粛皇后
出生 正徳3年8月14日
1508年9月8日
死去 嘉靖7年10月2日
1528年10月14日
埋葬 永陵
配偶者 嘉靖帝
父親 陳万言
母親 冀氏
テンプレートを表示

経歴編集

大名府元城県の人。生員の陳万言と冀氏のあいだの長女として生まれる。嘉靖元年(1522年)、張七姐(後に順妃、皇后となった)と文氏(後に恭妃となった)と共に、選抜されて後宮に入り、皇后に立てられた。父の陳万言は泰和伯に封じられた。

嘉靖7年(1528年)春、妊娠した。その後のある時、順妃と恭妃が皇后に茶を出した際に、嘉靖帝が彼女らの手をのぞいてきた。陳皇后は嫉妬し、茶碗を皇帝の前に投げて立ち去った。嘉靖帝も激怒して怒鳴った。陳皇后は驚愕し、その後流産した[1]

嘉靖帝は流産した子を惜しみ、さらに激怒して陳氏の廃位を準備した[2]。陳氏は流産の後に体をこわしていたが、治療を拒否して、嘉靖7年10月2日(1528年10月14日)に亡くなった。

嘉靖帝は全て陳氏の過失と考え、陳皇后は天寿山(皇貴妃と皇太子の陵区)に葬られ、悼霊とされた。嘉靖15年(1536年)9月、皇長女の常安公主と皇次子の荘敬太子朱載壡(長子の哀沖太子朱載基が夭折した後に立太子)が父嘉靖帝の恨みをしずめた。諡が孝潔と改められ、陳氏の親族を賞賜した。しかし3人目の皇后方氏(孝烈皇后)を葬る際、方氏に恩を感じていた嘉靖帝は方氏を最初の皇后の扱い(格上)とし、陳氏は後妻扱いとした。

隆慶帝が即位すると、孝潔恭懿慈睿安荘相天翊聖粛皇后の号を追贈され、永陵に改葬された。

脚注編集

  1. ^ 妊娠中の情緒不安定で、ヒステリーになったと思われる。
  2. ^ 楊一清『密諭録』

伝記資料編集

  • 『明世宗実録』
  • 『宛署雑記』