王皇后(おうこうごう)は、成化帝の2人目の皇后。孝貞純皇后(こうていじゅんこうごう)とされた。

王皇后
の皇后
孝贞纯皇后王氏(明宪宗).jpg
孝貞純皇后王氏
在位 天順8年10月11日 - 成化23年10月9日
1464年11月10日 - 1487年10月25日

別称 慈聖康寿太皇太后
孝貞荘懿恭靖仁慈欽天輔聖純皇后
出生 不詳
死去 正徳13年2月10日
1518年3月20日
埋葬 茂陵
配偶者 成化帝
父親 王鎮
テンプレートを表示

経歴編集

応天府上元県の人。庶民の王鎮の娘として生まれる。天順8年(1464年)、英宗に選抜されて、太子朱見深(後の成化帝)の準側室となった。

成化帝が即位した翌月、最初の皇后呉氏は、側室万氏(後に皇貴妃となった)を嫉妬して杖で打った。成化帝は激怒して理屈をつけて呉氏を廃位し、生母の周太后が強く主張したので代わって王氏を皇后に立てた。父の王鎮は正一品錦衣衛都督に進封された。

成化帝は万皇貴妃を寵愛し、王皇后を全くかえりみなかった。王皇后は低調な生活を送ったが、皇貴妃を丁重に扱い、怨みごとはなかったという。

成化23年(1487年)、弘治帝が立つと、皇太后となった。弘治帝の崩御に際してはその孝養をたたえる諭旨を出している。弘治18(1505年)、正徳帝が立つと、さらに慈聖康寿太皇太后の尊号を受けた。正徳13年(1518年)、崩じた。孝貞荘懿恭靖仁慈欽天輔聖純皇后とされ、成化帝と合葬された。

伝記資料編集

  • 『明憲宗実録』