メインメニューを開く

孝霊天皇

日本の第7代天皇
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

孝霊天皇(こうれいてんのう、正字体:孝靈天皇、孝安天皇51年 - 孝霊天皇76年2月8日)は、日本の第7代天皇(在位:孝霊天皇元年1月12日 - 孝霊天皇76年2月8日)。記紀における系図上の人物。

孝霊天皇

在位期間
孝霊天皇元年1月12日 - 孝霊天皇76年2月8日
先代 孝安天皇
次代 孝元天皇

誕生 孝安天皇51年
崩御 孝霊天皇76年2月8日 128歳
陵所 片丘馬坂陵
別称 大日本根子彦太瓊天皇(紀)
大倭根子日子賦斗邇命(記)
父親 孝安天皇
母親 押媛
皇后 細媛命
夫人 春日千乳早山香媛
倭国香媛
絙某弟
子女 大日本根子彦国牽尊(孝元天皇
千千速比売命
倭迹迹日百襲姫命
日子刺肩別命
彦五十狭芹彦命
倭迹迹稚屋姫命
彦狭島命
稚武彦命
皇居 黒田廬戸宮

欠史八代の1人。
テンプレートを表示

目次

略歴編集

孝安天皇の皇子。母は皇后天足彦国押人命の娘の押媛(忍鹿比売)。兄弟として『古事記』では同母兄に大吉備諸進命の名が見える。26才で皇太子となる。

父帝が崩御した年の12月、黒田廬戸宮(くろだのいおどのみや)に都を移す。それまでの山裾にあった宮と異なり大和盆地の中央に位置する。翌年の1月に即位。即位2年、磯城県主(または十市県主)大目の娘の細媛命を皇后とし、彦国牽尊(後の孝元天皇)を得た。また春日千乳早山香媛倭国香媛らを妃にしている。倭国香媛との間には崇神天皇の時代に四道将軍となった彦五十狭芹彦命、疫病や反乱を収めるのに重要な役割を果たした倭迹迹日百襲姫命を得た。即位76年、崩御。

編集

  • 大日本根子彦太瓊天皇(おおやまとねこひこふとにのすめらみこと) - 『日本書紀
  • 大倭根子日子賦斗邇命(おおやまとねこひこふとにのみこと) - 『古事記

漢風諡号である「孝霊」は、8世紀後半に淡海三船によって撰進された名称とされる[1]

事績編集

『日本書紀』・『古事記』ともほぼ系譜の記載のみに限られ、欠史八代の1人に数えられる。『古事記』には大吉備津日子命と若建吉備津日子命による吉備平定が簡潔に書かれている。

系譜編集

系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
火闌降命
 
隼人
 
 
 
 
天照大神
 
天忍穂耳尊
 
瓊瓊杵尊
 
 
火折尊
 
鸕鶿草葺不合尊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天穂日命
 
出雲氏族]
 
 
火明命
 
尾張氏族]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
神八井耳命
 
多氏族]
 
 
 
 
 
1 神武天皇
 
 
2 綏靖天皇
 
3 安寧天皇
 
4 懿徳天皇
 
5 孝昭天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天足彦国押人命
 
和珥氏族]
 
 
 
 
 
 
大彦命
 
阿倍氏族]
 
 
 
 
 
 
 
6 孝安天皇
 
7 孝霊天皇
 
8 孝元天皇
 
 
9 開化天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
倭迹迹日百襲姫命
 
 
 
 
 
 
武内宿禰
 
葛城氏族]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
吉備津彦命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
稚武彦命
 
吉備氏族]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


后妃・皇子女編集

(名称は『日本書紀』を第一とし、括弧内に『古事記』ほかを記載)

  • 皇后細媛命(くわしひめのみこと/ほそひめのみこと、細比売命)
    『日本書紀』本文・『古事記』による。磯城県主(または十市県主)大目の娘。
    ただし、書紀第1の一書では春日千乳早山香媛、第2の一書では十市県主祖の真舌媛とする。
    • 皇子:大日本根子彦国牽尊(おおやまとねこひこくにくるのみこと、大倭根子日子国玖琉命) - 第8代孝元天皇
  • 妃:春日千乳早山香媛(かすがのちちはややまかひめ、春日之千千速真若比売)
    • 皇女:千千速比売命(ちちはやひめのみこと:古事記) - 日本書紀なし。
  • 妃:倭国香媛(やまとのくにかひめ、絙某姉/蠅伊呂泥/意富夜麻登玖邇阿礼比売命) - 和知都美命の女。
    • 皇女:倭迹迹日百襲姫命(やまとととびももそひめのみこと、夜麻登登母母曾毘売命)
    • 皇子:日子刺肩別命(ひこさしかたわけのみこと:古事記) - 日本書紀なし。高志之利波臣・豊国之国前臣・五百原君・角鹿海直の祖(記)。
    • 皇子:彦五十狭芹彦命(ひこいさせりひこのみこと、比古伊佐勢理毘古命/吉備津彦命/大吉備津日子命) - 吉備上道臣の祖(記)。
    • 皇女:倭迹迹稚屋姫命(やまとととわかやひめのみこと、倭飛羽矢若屋比売)
  • 妃:絙某弟(はえいろど、蠅伊呂杼) - 絙某姉の妹。
    • 皇子:彦狭島命(ひこさしまのみこと、日子寤間命) - 針間牛鹿臣の祖(記)。
    • 皇子:稚武彦命(わかたけひこのみこと、若日子建吉備津日子命) - 吉備臣の祖(紀)。吉備下道臣・笠臣の祖(記)。

年譜編集

『日本書紀』の伝えるところによれば、以下のとおりである[2]。機械的に西暦に置き換えた年代については「上古天皇の在位年と西暦対照表の一覧」を参照。

  • 孝安天皇76年
    • 1月、立太子
  • 孝安天皇102年
  • 孝霊天皇元年
    • 1月、即位
  • 孝霊天皇2年
  • 孝霊天皇36年
  • 孝霊天皇76年
    • 2月、崩御。『日本書紀』では128歳、『古事記』では106歳という[3]
  • 孝元天皇6年
    • 9月6日、片丘馬坂陵に葬られた

編集

宮(皇居)の名称は、『日本書紀』『古事記』とも黒田廬戸宮(くろだのいおどのみや)[4]

宮の伝説地は『和名類聚抄』の大和国城下郡黒田郷と見られ、現在の奈良県磯城郡田原本町黒田周辺と伝承される[4][3]。同地では、法楽寺境内に「黒田廬戸宮阯」碑が建てられている(位置[5](詳しくは「庵戸宮」を参照)。

陵・霊廟編集

 
孝霊天皇 片丘馬坂陵
奈良県北葛城郡王寺町

(みささぎ)は、宮内庁により奈良県北葛城郡王寺町本町3丁目にある片丘馬坂陵(かたおかのうまさかのみささぎ、位置)に治定されている[6][7][8]。宮内庁上の形式は山形。

陵について『日本書紀』では前述のように「片丘馬坂陵」、『古事記』では「片岡馬坂上」の所在とあるほか、『延喜式』諸陵寮では「片丘馬坂陵」として兆域は東西5町・南北5町、守戸5烟で遠陵としている[8]。しかし後世に所伝は失われ、元禄の探陵で現陵に治定された[8]

また皇居では、宮中三殿の1つの皇霊殿において他の歴代天皇・皇族とともに孝霊天皇の霊が祀られている。

伝承編集

鬼住山の鬼編集

鳥取県伯耆町溝口には孝霊天皇にまつわる日本最古の鬼退治の伝説がある。楽楽福神社(ささふくじんじゃ)の由緒縁起によると昔、近くの鬼住山(きずみやま)を根城にして暴れ回っていた鬼の集団があった。この地を訪れた孝霊天皇は南の笹苞山(さすとやま)に陣を張った。まず笹巻きの団子を三つ置いて鬼の兄弟の弟・乙牛蟹をおびき出し矢で射殺した。次に笹の葉を刈り取って山積みして風で飛ばし、兄の大牛蟹たちの体にまとわりつかせたうえで火を放った。大牛蟹は蟹のように這いつくばって命乞いをした。大いに喜んだ里人たちは笹の葉で屋根を葺いた神社を作り、これが楽楽福神社の始まりと言うことである。天皇はこの地に崩御するまで留まったともいう。

徐福来日編集

1471年李氏朝鮮で書かれた海東諸国記によると孝霊天皇即位72年壬午、始皇帝に遣わされた徐福が仙福(不老不死の薬)を求めて紀伊まで至り、死後に土地の人から神と崇められ祀られたとある。孝霊天皇即位72年は史記で徐福の記事がある始皇帝28年の翌年を機械的に当てはめただけのもので、孝霊天皇と徐福に直接の関係はない。富士吉田市の『宮下家文書』にも同様の記述があるが『宮下家文書』はいわゆる「古史古伝」に含まれる部類の書物であり、文体・発音からも江戸後期から近代の作で俗文学の一種と評されており、記述内容についても正統な歴史学者からは認められていない。

考証編集

実在性編集

孝霊天皇を含む綏靖天皇(第2代)から開化天皇(第9代)までの8代の天皇は、『日本書紀』『古事記』に事績の記載が極めて少ないため「欠史八代」と称される。これらの天皇は、治世の長さが不自然であること、7世紀以後に一般的になるはずの父子間の直系相続であること、宮・陵の所在地が前期古墳の分布と一致しないこと等から、極めて創作性が強いとされる。一方で宮号に関する原典の存在、年数の嵩上げに天皇代数の尊重が見られること、磯城県主や十市県主との関わりが系譜に見られること等から、全てを虚構とすることには否定する見解もある[9](詳細は「欠史八代」を参照)。

名称編集

和風諡号である「おおやまとねこひこ-ふとに」のうち、「おおやまとねこひこ」は後世に付加された美称(持統文武元明元正の諡号に類例[9])、末尾の「に」は神名の末尾に付く「に」と同義と見て、孝霊天皇の原像は「ふとに(太瓊/賦斗邇)」という名の古い神であって、これが天皇に作り変えられたと推測する説がある[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 上田正昭 「諡」『日本古代史大辞典』 大和書房、2006年。
  2. ^ 『日本書紀(一)』岩波書店 ISBN 9784003000410
  3. ^ a b c 孝霊天皇(古代氏族) & 2010年.
  4. ^ a b 黒田廬戸宮(国史).
  5. ^ 黒田廬戸宮(陵墓探訪記<個人サイト>)。
  6. ^ 天皇陵(宮内庁)。
  7. ^ 宮内省諸陵寮編『陵墓要覧』(1934年、国立国会図書館デジタルコレクション)8コマ。
  8. ^ a b c 片丘馬坂陵(国史).
  9. ^ a b 上田正昭 「欠史八代」『日本古代史大辞典』 大和書房、2006年。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集