メインメニューを開く

孟 知祥(もう ちしょう)は、十国後蜀の初代皇帝。

高祖 孟知祥
後蜀
初代皇帝
王朝 後蜀
在位期間 934年3月16日 - 9月7日
姓・諱 孟知祥
保胤
諡号 文武聖徳英烈明孝皇帝
廟号 高祖
生年 咸通15年4月21日
874年5月10日
没年 明徳元年7月26日
934年9月7日
孟道
后妃 李皇后(李克用の姪)
陵墓 和陵
年号 明徳 : 934年

生涯編集

邢州龍岡孟道の子として生まれる。父や叔父と共に後唐荘宗の下で武将として転戦した。後唐が前蜀を滅ぼすと、荘宗より西川節度使に封じられ、成都の地で勢力を蓄えた。

その強勢を警戒した明宗は孟知祥に対する抑制を強めてゆく。これに反発した孟知祥は長興元年(930年)に後唐に対して挙兵するに及び、長興2年(932年)には蜀の地より後唐勢力を駆逐、翌年には懐柔策に転向した明宗より蜀王に封じられた。

応順元年(934年)には後唐の継承争いに乗じて自立、国号を大蜀として自らも皇帝を称し、明徳と改元している。しかし即位後わずか7か月で崩御した。享年61。

出自編集

加藤徹は孟知祥が後周郭威柴栄とおなじ邢州出身ということで、漢化した突厥沙陀部出身と推測している。また、岡田英弘も孟知祥が生粋の漢民族なのか懐疑を示している。

家族編集

兄弟編集

妻妾編集

  • 皇后李氏(後唐の福慶公主。太祖李克用の姪)
  • 貴妃李氏(元は後唐の荘宗の側女)

子女編集

先代:
後蜀の初代皇帝
934年
次代:
後主