季刊コミックアゲイン

季刊コミックアゲイン』(きかんコミックアゲイン)は、日本出版社がかつて発行していた漫画雑誌

目次

概要編集

『月刊コミックアゲイン』(みのり書房)の実質的な後継誌で、ニューウェーブ系の読み切り作品を多く掲載(一部再録作品もあり)。1984年8月夏号、1984年11月秋号、1985年2月冬号、1985年5月春号の4号で休刊した。編集人は第一期コミックアゲイン二人目の編集人中原研一(別名・大山金太)、編集者に高取英が名を連ね、高取が担当したふくやまけいこが『葎座』のあとがきで、高取の当時の似顔絵を描いている。

また、さくまあきらを選者に迎えて新人漫画家発掘企画「アゲイン漫画スクール」を開設。ニノチカ・ひろゆき(第1回・第2回入選・全ページ掲載)、ひのもとはじめ(第1回選外・1ページのみ掲載)、イラストレイターのウッディ・荒井(第1回選外・1ページのみ掲載、第2回入選・全ページ掲載)らを発掘した。

掲載作品編集

連載編集

アゲイン漫画スクール受賞作編集

第1回 (1985年2月冬号)
  • 時計屋の娘 SEKUNDEN ZEIGER GENT TICK TICK TICK (ニノチカ・ひろゆき
  • ミス・オンリー・ロンリー (森陽子)
第2回 (1985年5月春号)

読み切り編集

1984年8月夏号
1984年11月秋号
1985年2月冬号
1985年5月春号

関連項目編集